あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 15時17分、パリ行き

<<   作成日時 : 2018/02/19 10:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 6

15時17分、パリ行き@神楽座
画像
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC - - U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA (C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.
英題:THE 15:17 TO PARIS
製作年:2018年
製作国:アメリカ
日本公開:2018年3月1日 (丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか)
上映時間:1時間34分
配給:ワーナー・ブラザース映画

監督: クリント・イーストウッド

キャスト
アンソニー・サドラー
アレク・スカラトス
スペンサー・ストーン


【あらすじ】
2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、二人の友人の大学生アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう。

【感想】
映画の感想は海外での低評価もしかたないかなという感じ。
クリントの作品としてはかなり低位だと思う。

19時開映で肝腎の事件が始まるのは20時15分くらい。
いつになったら本題が始まるのかと思いながら観るわけだが、ちらっちらっとテロシーンのチラ見せは間にあるけどなかなか始まらない。
ヨーロッパ観光シーン長くてあきる。
せっかくアムステルダムやベネチア行くのにアバンチュールも喰い足りない。

テロシーンは始まったと思ったらすぐに終わってしまう。
以前の退屈なシーンに飽きて寝てしまったら、なんにも無しで観終わってしまう(^_-)-☆

主演の3人が本人なのは後で知りました。
中心人物のひとりスペンサーが軍入りを決意する、スムージー屋での兵士とのやりとりのシーンがあるが、なんかぎこちなくて変な感じだった。
皆さんの言うとおり下手なんだと思います。
それでもまあそこそこ観られるレベルに仕上げたのはさすがクリントと言ったところでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『15時17分、パリ行き』 2018年2月13日 ワーナーブラザース試写室
『15時17分、パリ行き』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2018/02/19 11:04
15時17分、パリ行き
2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。 フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。 乗務員は乗務員室に逃げ込み、554名の乗客全員が恐怖に怯える中、乗り合わせていた3人の若者が立ち上がった…。 実話から生まれたサスペンス・スリラー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/02/21 08:05
劇場鑑賞「15時17分、パリ行き」
「15時17分、パリ行き」を鑑賞してきました「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、2015年にフランスの高速鉄道で発生した銃乱射テロ... ...続きを見る
日々“是”精進!
2018/03/02 14:48
15時17分、パリ行き
クリント・イーストウッド監督が2015年にフランスの高速鉄道で実際に起きたテロ事件をモデルに、その事件に遭遇した本人たちをキャストにして作った映画だ。事件の犯人に立ち向かった若者3名をはじめ、その他の同じ列車に遭遇した人たちを参加させて作ったドキュメンタリーの ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2018/03/02 23:12
15時17分、パリ行き
「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、事件に至るまでの彼らの半生を、プロの俳優ではなく本人たちを主演に起用して描いたドラマ。あらすじ:2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別殺傷を試みる。しかし、その列車にたまたま乗り合わせていた米空軍兵のスペンサ... ...続きを見る
映画に夢中
2018/03/08 16:19
映画「15時17分、パリ行き」
映画「15時17分、パリ行き」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2018/03/10 19:21
「15時17分、パリ行き」
2018年・アメリカ/マルパソ・プロダクション配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:The 15:17 to Paris 監督:クリント・イーストウッド原作:アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、 ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2018/03/15 22:53
『15時17分、パリ行き』('18初鑑賞24・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 3月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 16:50の回を鑑賞。 2D:字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/03/17 14:35
「15時17分、パリ行き」
クリント・イーストウッドが放つ実話に基づいた社会派作品。こうくれば、どうしても真面目に捉えた作品だろうし、襟を正して観るべきだと思う。実際に本作の作りは大変真面目だ。「15時17分、パリ行き」の国際列車に乗り合わせたテロリストを身を呈して捕まえた3人の若者の、その生い立ちから友情の成立からを描いている。その列車に乗るまでの彼らの日常まで描いている。単なるパニックものではないぞ、と。真面目だ。真面目過ぎて眠たくなってしまったのはここだけの話。フィクションのパニックものに慣れてしまったせいなのか、早... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/03/27 12:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
スムージー屋はぎこちなかったですけど
初対面の人ですし憧れの軍人と話すから
緊張があってぎこちないのかなと思いました。
yutarou
URL
2018/02/19 11:11
yutarouさん
好意的な解釈ですね
不自然だな、ぎこちないなと思って観終わり、後で本人だと知って納得しました。
まっつぁんこ
2018/02/19 14:04
アメリカでコケ気味だったのでちょっと心配でしたが、
私はかなり面白かったです。
人間の根底部分を描いているような作品でした。
BROOK
URL
2018/03/02 14:50
BROOKさん
乗客は撃たれたマークを含めて本人が出演しているようでびっくり。さすがはクリント一筋縄ではいきませんね(^^)/
まっつぁんこ
2018/03/06 17:19
観る前に本人たちが演じてるのを知ってたからか、ぎこちない所は気付きませんでした 笑
素人さんにしても上手だったと思います。
ほかに乗客も本人たち...というのもいままでにない作品ですね。
yukarin
URL
2018/03/12 16:11
yukarinさん
今までにない試みを評価しないといけないのでしょう。
が、映画自体はやっぱり面白みに欠けました。
まっつぁんこ
2018/03/21 11:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15時17分、パリ行き あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる