あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

<<   作成日時 : 2018/02/27 14:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア@ユーロライブ
画像
(C) 2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited
英題:THE KILLING OF SACRED DEER
製作年:2017年
製作国:イギリス/アイルランド
日本公開:2018年3月3日 (新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:2時間1分
配給:ファインフィルムズ

監督・脚本・製作: ヨルゴス・ランティモス

キャスト
スティーブン☆コリン・ファレル
アナ☆ニコール・キッドマン
マーティン☆バリー・コーガン
キム☆ラフィー・キャシディ
ボブ☆サニー・スリッチ
マーティンの母☆アリシア・シルヴァーストーン
マシュー☆ビル・キャンプ


【あらすじ】
心臓外科医のスティーブン(コリン・ファレル)は、美しい妻(ニコール・キッドマン)と二人の子供と一緒に郊外の豪邸に住んでいた。しかしある少年(バリー・コーガン)を家に招いたことをきっかけに、子供たちが突然歩けなくなり目から赤い血を流すなど、異変が起こり始める。スティーブンは、究極の選択を強いられることになり……。

【感想】
映画の冒頭は衝撃的なシーンで始まる。
術野に拍動する心臓・・・鹿の心臓?(^^)/
心臓が長く映される重要なシーンとなっている。

スティーブンは心臓外科医。
なぜかマーティンという青年とコンタクトをとっている。
ある日スティーブンはマーティンを招待して家族に会わせる。
おかえしにマーティンは母親と二人で住む家にスティーブンを招待。
マーティン母の秋波をふりきって帰宅する。

そのあたりからマーティンの行動が不気味さを増していく。

何が起きるのかと思ってみていると、ボブが突然歩けなくなる。
病院に運び込んであらゆる検査を行うが原因不明。
食べ物を摂ることもできなくなる。
続いてキムも同様の状態に陥っていく。

いったい何が起きているのか?
なみのホラーよりこっちの方が怖い。
その元を作っているのはマーティンを演じたバリー・コーガン。
ダンケルクに負傷兵役で出演していたようだ。

バリー・コーガンが迫真の演技で鹿殺しを演出する。
聖書が元ネタなんだろうなあ、と思ったけどリサーチせず(笑)

どちらも等価な選択肢の中でどれを選ぶか?
その選び方を教えてくれる映画 だった。
ハリウッド流予定調和の世界を逸脱していたのは確か(^^)/

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』 2018年2月22日 ユーロライブ
『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2018/02/27 14:33
ショートレビュー「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア・・・・・評価額1650円」
聖なる鹿は誰か? ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2018/03/07 22:44
聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
 イギリス&アイルランド  ミステリー&サスペンス&ドラマ  監督:ヨルゴス・ラ ...続きを見る
風情?の不安多事な冒険 Part.5
2018/03/11 14:15
「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」
「ロブスター」のヨルゴス・ランティモス監督作品。ヨルゴス・ランティモスワールド炸裂である。「ヨルゴス・ランティモスワールド」って何?と聞かれても上手く説明できないのだけれど、それが正に「ヨルゴス・ランティモスワールド」!有能な心臓外科医のスティーブン(コリン・ファレル)は、眼科医の美しい妻のアナ(ニコール・キッドマン)と思春期の娘とまだあどけなさの残る息子と4人家族で暮していた。恵まれた環境の恵まれた生活。スティーブンは時々とある青年と会っている。この青年は当初は謎設定なのであるが、段々と彼の素... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/04/20 12:46
聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
「ロブスター」「籠の中の乙女」のギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、幸せな家庭が1人の少年を迎え入れたことで崩壊していく様子を描き、第70回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したサスペンススリラー。主人公スティーブンを「ロブスター」でもランティモス監督と組んだコリン・ファレル、スティーブンの妻を「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、謎の少年マーティンを「ダンケルク」のバリー・コーガンがそれぞれ演じる。あらすじ:郊外の豪邸で暮らす心臓外科医スティーブンは、美しい妻や可愛い子どもたちに囲... ...続きを見る
映画に夢中
2018/04/21 18:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これは怖い映画でした。
じわじわと心理的に追い詰められる。
彼は「鹿」だったのか?と考えると、ラストも決して平穏とは言えないかもしれない。
ヨルゴス・ランティモスの新境地と言ってもいいかもしれないですね。
いろいろと彼的には新しいことをやってる。
ノラネコ
2018/03/07 22:58
ノラネコさん
いつもの奴が出てくるのかと思ったらそうではありませんでした。怖かったです。
まっつぁんこ
2018/03/21 11:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる