あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS フェリーニに恋して

<<   作成日時 : 2018/03/13 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

フェリーニに恋して@ココマルシアター

10年ぶりに吉祥寺に出かけ初めて何かと話題のココマルシアターに行った。
画像正面から入り右側にすすむと2階に上がる階段がある。
シアターはせまく、椅子はてんでんばらばらだ。
私が行った時は、中央に通路があり、前から6,6,7,9,7,5の40席だった。
スクリーンは小さいので前方が良いだろう。
センターにすわると前に大きい人が座ると見え難そうだ。
私は前から3番目の右端にすわった。
椅子の背が高くて前方はまったく気にならない良い席だった。
画像

(C) 2016 In Search of Fellini, LLC. All Rights Reserved.
英題:IN SEARCH OF FELLINI
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2018年3月17日 (YEBISU GARDEN CINEMAほか)
上映時間:1時間43分
配給:ココロヲ・動かす・映画社○

監督・プロデューサー: タロン・レクストン

キャスト
ルーシー☆クセニア・ソロ
クレア☆マリア・ベロ
ケリー☆メアリー・リン・ライスカブ
ロバート☆ロレンツォ・バルドゥッチ


【あらすじ】
母親のクレアに大切に育てられた20歳のルーシー(クセニア・ソロ)は、働いたことがなく親友もおらず、異性とキスしたこともなかった。一方クレアは、病気で余命わずかにもかかわらず娘には何も伝えようとしない。不穏な空気を察したルーシーは、早く自立しなければと考えるが……。

【感想】
フェデリコ・フェリーニの作品は「8 1/2」しか観たことがない。
「道」「甘い生活」くらいは最低でも観ておいた方が興趣が増しそう。
私はグイドが出てきたところと、かろうじてジェルソミーナがわかったくらいで残念だった。
画像

オハイオの小さな町に住む、映画好きで世間のことはわからない20歳のルーシーが大都会で就職活動。
すぐに失敗してフェデリコ・フェリーニの映画の世界に入れ込む。
一念発起してフェデリコ・フェリーニに会うことをためイタリアに旅立っていくロードムービーだ。
映画の舞台は1993年。
行きつく先は想定できるであろう。

イタリアでは、時々現れるザンパノに導かれて各地を放浪。
今までキスもしたことがなかったルーシーが色々な経験を積んでいく。

フェリーニはローマにいるのだが、ナポリやヴェネチア各地を旅してなかなかたどり着かない。
さながらイタリア観光ガイドの趣である。

一方で、ルーシーの母親のクレアはたぶん末期ガン。
妹のケリーには口止めしてルーシーを旅に出している。

そんなこんなで終着駅は何処か?
これは泣いて笑ってきれいな景色もいっぱい観られるガールムービーだ。
おっさんでも一応楽しめた。
やっぱりフェデリコ・フェリーニの映画は観ないとダメだ。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェリーニに恋して
アメリカの20歳の女性ルーシーは、シングルマザーの母クレアに大切に育てられ、世の中の悪いことを何も知らずに大きくなった。 しかし、クレアは不治の病で余命わずか。 何かを感じ初めての職探しを始めたルーシーだったが、フェリーニの映画『道』を観て心を奪われ、監督に会うためイタリアへ行くことを決意する…。 ファンタジック・ドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2018/03/16 23:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フェリーニに恋して あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる