あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS NHK杯戦八代弥六段VS安用寺孝功六段

<<   作成日時 : 2018/04/15 13:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今週のNHK杯戦は珍しく詰むや詰まざるやという局面が出現した。

画像


本譜は、8七銀打 8九玉 7七桂 同金 8八金 同飛 同銀成 同玉 7七銀成 同玉 8七金 同銀 同歩成 同玉 7五桂 7六玉 5四馬 6五銀 8七銀 8六玉 7六飛 と進行して安用寺六段が長手順の詰みに討ち取った。

解説の片上大輔六段が指摘していたように、7七桂のところは7八銀成 同飛 8八金とする方が短く簡単に詰んでいた。
8八金 を同飛は7七桂 7八玉 6九馬まで3手詰め。
同玉は8七金と打ち込み以下7九玉 7八金 同玉 8七歩成で簡単だ。
なるべく上に出さない方が紛れが少ない。

最初の8七銀打を同銀と取るのは、同歩成 同金 同銀成 同玉 7五桂 でどこに逃げても詰みを逃れるすべはない。

よって、5一金では先手玉は詰みで先手負け。
7五金と受けて粘る方が綾があっただろう。
しかし6四桂と紐を付けられてこれが詰めろ。
以下8二香成とすると8七銀打 同銀 同歩成 同金 同銀成 同玉 8六歩 同玉 7四桂でつかまってしまう。

どうやら最終盤は後手の勝ちのようだ。

勝負どころは以下の局面であろう。

画像


この局面は、すんなり3三角成と桂が取れて若干先手良しだと思う。
6九角は8七銀を見せた勝負手。
本譜は6五銀 同飛 同桂 3六角成 と進行して逆転。
ここは5八銀としたかった。
同角成 同飛 4七銀 で悪そうだが5九飛と逃げ3六銀成に1一馬と取れば駒得。
先手に分のある将棋だったと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
▲5八銀は取って取って△6九銀打がうるさそうな。引いて催促は8七打ち込みからバラして飛車が突破してきそうですし、6八でも金むしって5六突かれてゆっくりとした展開にはならなそうで怖いかなって
sagiko
2018/04/15 21:57
sagikoさんコメントありがとうございます。
4七銀は筋が悪かったですね
6九銀に6八飛は以下7八銀成 同玉 5六歩 でダメ。
2八飛と横に逃げ8七銀 同銀 同歩成 同玉 6七飛成 で後手良し。いきなり6九銀 同玉 6七飛成 でも悪そう。
3三桂をただ取りしても8六歩の拠点が大きく後手良しだったんですね。
わたしが勝負どころと挙げた局面より前に問題があったようです。粗検おわびします。
まっつぁんこ
2018/04/16 08:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK杯戦八代弥六段VS安用寺孝功六段 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる