あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS ホース・ソルジャー

<<   作成日時 : 2018/04/20 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

ホース・ソルジャー@よみうりホール
画像
(C) 2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:12 STRONG
製作年:2018年
製作国:アメリカ
日本公開:2018年5月4日 (TOHOシネマズ日比谷ほか)
上映時間:2時間10分
配給・提供:ギャガ

監督: ニコライ・フールシー

キャスト

ミッチ・ネルソン大尉☆クリス・ヘムズワース
ハル・スペンサー中尉☆マイケル・シャノン
サム・ディラー☆マイケル・ペーニャ
ドスタム将軍☆ナヴィド・ネガーバン
ベン・マイロ☆トレヴァンテ・ローズ
ショーン・コファーズ☆ジェフ・スタルツ
バーン・マイケルズ☆サッド・ラッキンビル


バワース中佐☆ロブ・リグル
マルホランド大佐☆ウィリアム・フィクナー
ジーン・ネルソン☆エルサ・パタキ
アフガンマン☆アリ・オロミ
女性教師☆ヤスミン・アカー
泣き叫ぶ少女1☆ソフィア・チコレリ・セルナ
泣き叫ぶ少女2☆マッサ・ダウド



【あらすじ】
アメリカ同時多発テロ翌日の2001年9月12日。対テロ戦争の最前線部隊に志願したミッチ・ネルソン大尉(クリス・ヘムズワース)は、12名から成る特殊作戦実行部隊の隊長に任命され、アフガニスタンへと乗り込む。反タリバン勢力を率いるドスタム将軍と協力し、テロ集団の拠点マザーリシャリーフ制圧に動きだすミッチたち。だが、タリバンの軍勢が予想を大きく上回ることが判明し、山岳地帯の厳しい自然も立ちはだかる。ドスタムは、山岳地帯では馬が最大の武器になることを彼らに教えるが……。

【感想】
娯楽映画としては楽しめるがあまり深みはない。
本当は、正義と悪の二項対立で描けるような話ではないのだと思う。

発端はもちろん9.11。
アメリカから見ればテロとしか言いようのない攻撃に、退役が決まっていた将校や戦地を離れることが決まっていた将校が立ち上がる。
ミッチ・ネルソンとハル・スペンサーの二人を中心とするチームがアフガン高地に派遣され戦略的重要拠点マザーリシャリーフ奪還を目指す。
お話としては単純。

彼らの敵はタリバン。
反タリバン勢力は3つありそのうちのドスタム将軍との協働で攻略と目指す。
ところが後程アメリカはもうひとつの勢力にも接触。
それが元でドスタムはネルソンたちとの共闘を拒否。
味方の裏切りに近い行為でリスクがさらに増大してしまうのだ。

印象に残ったのは、泣き叫ぶ3人の少女の目の前でタリバン司令官が女性教師を撃ち殺すシーン。
タリバンは女性に教育は不要、娯楽も不要ということで弾圧を行っていたらしい。
タリバンの非道さを強調するためのシーン。
たしかにそのような虐殺は行われていたとは思うが考証は必要。

マザーリシャリーフ攻防戦では巨大な大砲を備えたロシア製の戦車や「テクニカル」と呼ばれるマシンガンを装備したピックアップトラック、ミサイル40本を一斉発射できるBM-21グラッド<鴻Pット発射装置が登場する。
資金源はケシの栽培による麻薬販売らしい。
金はあったとしても兵器を売り渡しているのは先進国。
アメリカやヨーロッパの死の承認のマッチポンプではないかと思った。
苦戦はするのだが結局勝利してタリバン司令官をドスタム将軍が成敗して終わり。
見事なまでのアメリカ正義による勧善懲悪大成功の話だった。
それでもいまだタリバン殲滅の報は聞こえず。
正義を振りかざしても平和は訪れず、ひどい目に合わされるのは弱者。
めでたしめでたしとはとても思えずに観終わった。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ホース・ソルジャー」迫力満点の知られざる実話。
 あの“同時多発テロ”直後の最初の戦いを描いたリアリティ戦争映画。「ホース・ソルジャー」吾輩的に久々の“ブラッカイマー 印”の映画でございますが、あくまでも実話の映画化でございます。あまり無茶はしたらアカンで…(^^;。 〜2001年9月11日、家族との時間のために内勤への転属を希望していた、陸軍特殊部隊のネルソン(クリス・ヘムズワース)は、念願の叶った正にその日、アメリカ同時多発テロの勃発を知り、即座に現場復帰を決意。頼りになる部下のスペンサー(マイケル・シャノン)等12名の隊員達と共に、ウズ... ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2018/05/03 21:36
ホース・ソルジャー
2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロの翌日、米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)大尉ミッチ・ネルソンは、特殊作戦の隊長に任命される。 それは、アフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元兵200人を率いるドスタム将軍と手を結び、3週間でテロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧すること。 ただし、隊員12人に対し、敵は5万人だった…。 実話から生まれた紛争アクション。 ...続きを見る
象のロケット
2018/05/04 08:31
劇場鑑賞「ホース・ソルジャー」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201805050000/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2018/05/05 15:04
ホース・ソルジャー
9.11直後にアフガニスタンで行われた米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)の極秘作戦を描いたベストセラー・ノンフィクション『ホース・ソルジャー 米特殊騎馬隊、アフガンの死闘』を「ブラックホーク・ダウン」のジェリー・ブラッカイマー製作、「マイティ・ソー」のノクリス・ヘムズワース主演で映画化した実録戦場アクション。共演はマイケル・シャノン、マイケル・ペーニャ。監督はデンマーク出身でCMディレクターやフォトジャーナリストとして活躍するニコライ・フルシー。あらすじ:アメリカ同時多発テロの直後、ミッチ・ネルソ... ...続きを見る
映画に夢中
2018/05/07 18:56
ホースソルジャー
2001年9月11日の同時多発テロの直後、米軍はアフガニスタンのタリバンへの極秘作戦を行っていた。それはおそらくテロの報復ではなく、当初から予定されていたものを一気に実施したというものだろう。米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)によるその作戦はたった12人で現地の反タ ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2018/05/13 17:11
「ホース・ソルジャー」
不謹慎な言い方をすれば、戦争物としてはまあ面白かったと思う。馬で突撃!という謳い文句は半分本当で半分間違い。標的を探すために馬を駆って、接近して座標が判ったら空爆を依頼する、というスタイルだから。それを車で行わなかったのは、単に現地に車が無かったからに他ならない。クリヘム(クリス・ヘムワース)がいつものクリヘムとは違って、コミュ力(りょく)満載の設定なのが、ネット用語で表現すると草。大人になったと言うべきなのか。しかしそこが逆に何となくその辺のアニキみたいになってしまっていて、本作のクリヘムに対... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/05/24 10:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ブラッカイマー製作作品なので大味なのは否めませんね…。
それでも迫力ある戦闘シーンは手に汗握りました。
BROOK
URL
2018/05/05 15:06
BROOKさん
浅いんですよね〜
まっつぁんこ
2018/05/08 16:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホース・ソルジャー あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる