あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS Billboard Album200 & HOT100 2018年4月28日付

<<   作成日時 : 2018/04/23 08:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【アルバム】
画像ジェイソン・アルディーンの “Rearview Town” が18万3千ユニット(16万2千枚)で1位に初登場。
彼にとって4作連続の全米ナンバー1を記録。
カントリーアルバムのナンバー1獲得は今年初だそうだ。
しょっちゅう日本では存在感の全くないアーティストのアルバムが1位になっている気がするが気のせいのようだ。
もちろんジェイソン・アルディーンなんて名前を日本で聞くことは皆無と言ってよい。
昨年10月1日にラスベガスで58人が銃乱射で死亡した事件の時ステージで演奏していたのがジェイソン・アルディーン。

ジェイソン・アルディーンのナンバー1アルバムリスト
@ Night Train 2012/11/3(1週間)
A Old Boots, New Dirt 2014/10/25(1週間)
B They Don't Know 2016/10/1(1週間)
C Rearview Town 2018/4/28(1週間)

カーディ・Bのデビューアルバム “Invasion of Privacy” が49%減の12万9千ユニットで1位から2位に後退。

ロックバンド ブレイキング・ベンジャミンの “Ember” が8万8千ユニット(8万枚)で初登場3位。
2015年の前作 “Dark Before Dawn” は14万1千ユニット(13万5千枚)で初登場最高1位だったから売上もチャートポジションも大幅ダウン。

ザ・グレイテスト・ショーマンのサントラは53%増の7万7千ユニット(5万4千枚)で4位キープ。

シンガーソングライター ジョン・プラインの “The Tree of Forgiveness” が5万4千ユニット(5万3千枚)で初登場5位。
チケット抱き合わせ販売で自己最高売上枚数を記録。
彼は70年代初頭から活動して20枚以上のアルバムを発表しているが初のトップ10入り。

ザ・ウィークエンドのサプライズリリース6曲入りEP “My Dear Melancholy” は14%減の4万4千ユニットで3位から6位に後退。

ラッパー、エックステンタシオンの2枚目 “?” は13%減の4万ユニットで5位から7位に後退。

ミーゴスの “Culture II” は3%減の3万6千ユニットで6位から8位に後退。

ブラック・バンサーのサントラは7%減の3万4千ユニットで7位から9位に後退。

ペンタトニックスの “PTX Presents: Top Pop, Vol. 1” が3万4千ユニット(2万9千枚)で10位に初登場。
彼らにとって8枚目のトップ10を記録。
このアルバムもライブチケットとの抱き合わせ販売。

今週は1位のジェイソン・アルディーン、3位のベンジャミン、5位のジョン・プラインと10位のペンタトニックス初登場アルバムは全てチケット抱き合わせ販売。

1 - Rearview Town / Jason Aldean 183,000 (162,000)
2 1 Invasion of Privacy / Cardi B 129,000
3 - Ember / Breaking Benjamin 88,000 (80,000)
4 4 The Greatest Showman / soundtrack 77,000 (54,000)
5 - The Tree of Forgiveness / John Prine 54,000 (53,000)
6 3 My Dear Melancholy / The Weeknd 44,000
7 5 ? / XXXTentacion 40,000
8 6 Culture II / Migos 36,000
9 7 Black Panther: The Album / soundtrack 34,000
10 - PTX Presents: Top Pop, Vol. 1/ Pentatonix 34,000 (29,000)

【シングル】
画像ドレイク “Nice for What” が2週連続ナンバー1キープ。
ストリーミング2%減の5千930万で Streaming Songs 2週連続1位。
ダウンロードは43%減の5万で Digital Songs 1位から2位に後退。
エアプレイは33%増の4千万で今週のエアプレイゲイナーを獲得し Radio Songs 34位から27位に上昇。
なぜ、北米でここまでドレイクの人気が凄まじいのか日本にいるとさっぱり伝わって来ないのは残念。
最近とこういう現象が起きがちなのは日本のドメスティック化の所為であろう。


ドレイクの “God's Plan” は2位変わらず。
ストリーミング7%減の4千420万で Streaming Songs 2位変わらず。
ダウンロードも13%減の3万1千で Digital Songs 3位から5位に後退。
エアプレイは5%増の1億1千4百万でRadio Songs 3位変わらず。

ビービー・レクサとフロリダ・ジョージア・ラインの “Meant to Be” も3位変わらず。
エアプレイ4%増の1億4千2百万で Radio songs 3週連続1位。
Hot Country Songs チャートは21週1位。

ポスト・マローン フィーチャリング タイ・ダラー・サインの “Psycho” も4位変わらず。

ゼッド、マレン・モリスとグレイの “The Middle” が6位から5位に上昇。
エアプレイ2%増の1億1千7百万でRadio Songs 2位変わらず。
Hot Dance/Electric Songs は12週連続1位。

ブロックボーイJB フィーチャリング ドレイクの “Look Alive” は5位から6位に後退。

エド・シーラン の “Perfect” は7位変わらず。

リル・ディッキー フィーチャリング クリス・ブラウンの “Freaky Friday” が9位から8位に上昇。

カーディB、バド・バニーとJ・バルヴィンの “I Like It” は8位から9位に後退。

ニッキー・ミナージュの “Chun-Li” が92位から10位に上昇してトップ10入り。
ミナージュ16枚目のトップ10シングルを記録。
女性ラッパーではミッシー・エリオットの9枚を大きくひきはなしてダントツの1位。
ストリーミングは初日の350万から2千210万に大きく伸ばして Streaming Songs 14位に初登場。
ダウンロードは2万から3万8千に伸ばして Digital Songs16位から4位に上昇。
ストリーミングゲイナーとデジタルゲイナーの二冠獲得。

1 1 Nice for What / Drake
2 2 God's Plan / Drake
3 3 Meant to Be / Bebe Rexha and Florida Georgia Line
4 4 Psycho / Post Malone featuring Ty Dolla $ign
5 6 The Middle / Zedd,Maren Morris and Grey
6 5 Look Alive / BlocBoy JB featuring Drake
7 7 Perfect / Ed Sheeran
8 9 Freaky Friday / Lil Dicky featuring Chris Brown
9 8 I Like It / Cardi B,Bad Bunny and J Balvin
10 92 Chun-Li / Nicki Minaj

次週≪≫前週

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Billboard Album200 & HOT100 2018年4月28日付 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる