あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS The Three Degrees at Billboard Live TOKYO

<<   作成日時 : 2018/05/19 09:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スリー・ディグリーズのライブに行ってきた。

5月18日(金)のセカンド・ステージ。21時30分開演。

スリー・ディグリーズは70年代に活躍した女性トリオ。
全盛期のメンバーは、フェイエット・ピンクニー、シーラ・ファーガソン、ヴァレリー・ホリデイの3人。
最大ヒット“天使のささやき”や“TSOP”の時のメンバーは上記3人。
フェイエット・ピンクニーは既に亡く、シーラは脱退。
当時のメンバーで残っているのはヴァレリー・ホリデイだけである。

今回の来日メンバーは、ヴァレリーに加え、ヘレン・スコットとフレディー・プール。
ヘレンは全盛期以外の多くの期間で参加しており、フレディーは2010年からのメンバーである。

観客は男女半々でやや年齢層は高い。
俺みたいな普通のサラリーマン風の男は少ない。
ちょい悪おやじが自分より若い女性連れて来ているイメージ。

開演時間を少し過ぎた21時39分にバンドが登場して演奏開始。
ピーチズ&ハーブの“Shake Your Groove Thing”で幕を開ける。

メンバー3人が下手から登場してステージに向かって右から、ヘレン、ヴァレリー、フレディーの順に並んで歌った。
周りの人たちがスマホで撮影していたから便乗して撮った写真。
すぐに係員がきて注意されみんなやめていた(笑)
画像


みんな太ったおばさんになっていて誰が誰だかよくわからなかった。

スリー・ディグリーズで印象に残っているのは1973年のセルフタイトルアルバムだ。
画像

ケニー・ギャンブル、レオン・ハフのゴールデンコンビによる作品。
日本だけでヒットした“Dirty Ol' Man” 荒野のならず者
天使のささやき “When Will I See You Again” が収録されているのは良いが問題はジャケットの中身だ。
そこには下のような写真がおさめられていた。
画像

シースルーの衣装で、シーラとフェイエットのおっぱい見えてしまっている。
中学生のがきには刺激的だったのである。

というわけで、次の曲はこのアルバムからだ。

 “Year of Decision”

ヘレンのMC
スリー・ディグリーズが、もっとも長続きしている女性トリオとしてギネス認定をうけたこと。
最近腰の手術をうけたこと。
昨日着いて時差ボケで眠い、など。

その次は1975年のアルバム “International” から “Take Good Care of Yourself”。
セルフタイトルアルバムに戻って
“Can't You See What You're Doing to Me”

フィリーソウル全盛期のナンバーがそろった。
のりが良い曲の連続。

次からの3曲はカバーだった。

まずはスティービー・ワンダーの “I Wish”

次は本日のセットで唯一その場ではわからなかった“Strategy”
一所懸命聞きとった歌詞をメモ。
あとで メモした歌詞と Lyrics というワードで曲のあたりをつける。
候補曲を youtube で聞いて曲名を決定。
結構地道高道な作業をしているのである。

ルー・ロウルズ 1976年の大ヒット “You'll Never Find Another Love Like Mine”
ケニー・ギャンブル、レオン・ハフの傑作をヴァレリーが熱唱。

ここまでで開演から30分くらい経過。
あっという間である。

次の曲は日本だけで発売された“にがい涙”。
英語より聞き取りにくかったりして(笑)

歌い終わってヘレンは「ちかりたびー」を連発して笑えた。

本編最後の3曲は彼女たちの代表曲とフィリーソウルの名曲カバー。

まずは日本だけの大ヒット “Dirty Ol' Man”。

続いてマクファーデンとホワイトヘッドの “Ain't No Stoppin' Us Now”。
この曲はチャートポジションは低かったけど200万枚以上売れた名曲中の名曲。

最後はごぞんじ“When Will I See You Again”
2番は日本語で歌っていました。

本編終了は22時33分で1時間弱。

一度退場してすぐに“TSOP”にのって再登場。
途中でバンドメンバー紹介。
キーボード2枚。セカンドキーボードは まみ さんという日本人女性。
ギター、ドラム。ベースと紹介があったけど例によって人名は聞き取れない(笑)

で、最後はアース・ウィンド・アンド・ファイアーの “Boogie Wonderland”。
何度も盛り上げて終演は23時5分。
金曜日の夜遊びを満喫しました。

2018年5月18日(金) ビルボード ライブ 東京 (セカンドステージ)
ザ・スリー・ディグリーズ セットリスト

1.Shake Your Groove Thing (Peaches & Herb cover)
2.Year of Decision
3. Take Good Care of Yourself
4. Can’t You See What You’re Doing to Me
5. I Wish (Steivie Wonder cover)
6.Strategy
7. You'll Never Find Another Love Like Mine (Lou Rawls cover)
8. Nigai Namida
9. Dirty Old Man
10. Ain't No Stoppin' Us Now
(McFadden & Whitehead cover)
11. When Will I See You Again
Encore:
12. TSOP
13. Boogie Wonderland (Earth, Wind & Fire cover)

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
The Three Degrees at Billboard Live TOKYO あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる