ゴースト ハウス

英題:THE MESSENGERS画像
製作年:2007年
製作国:アメリカ
日本公開: 2007年7月21日
(有楽町スバル座 ほか)
上映時間: 1時間30分
配給: 東宝東和

監督: オキサイド・パン/ ダニー・パン

キャスト
クリステン・スチュワート
ディラン・マクダーモット
ペネロープ・アン・ミラー
ジョン・コーベット
ジョデル・フェルランド
ダスティン・ミリガン


【ストーリー】
大都会シカゴを離れ、ノース・ダコタの人里離れた農場に引っ越してきたソロモン一家。失業中の父ロイ(ディラン・マクダーモット)はここでのヒマワリ栽培に賭ける一方、家族の心をバラバラにした問題児の長女ジェス(クリステン・スチュワート)の存在に頭を痛めていた。そんな中、ジェスは家の中で怪現象の数々に遭遇し始める。

【感想】
似たような題名の映画を見たなあと思った。
それは「モンスター・ハウス」だった。
原題「The Messengers」にもう少しうまく適合する題名は無かったのだろうか?
気味の悪いカラスがメッセンジャーだろう。
それが伝わるような題名たとえば「黒い伝達者」とか。(固いか)
モンスター・ハウスのように家が主人公という映画ではなかったので気になった。
ストーリー展開は「ゴシカ」によく似ていた。
少し暗めの映像にカラスが群れ飛ぶ映像は不気味さをうまく醸し出していた。
走り回る子供の霊や壁に浮き上がる人形のしみはホラーの定番メニューだった。
時々急に現れる銀行家や、地下室で死んだふりしてるカラスが急に飛び回るのもびっくりはさせられる。
怖い霊が出てくるのかと思ったら、怖いのは人間だった。
よくある展開ではあったが、怖さの演出は卓越したものがあった。
前の住人について地元の人が知らなかったりなんだかなあと思う部分もあったけどまあ普通のホラー映画だった。(65)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック