おくりびと・・・完成披露試写会

監督: 滝田洋二郎 画像
キャスト
本木雅弘
広末涼子
山崎努
余貴美子
杉本哲太
吉行和子
笹野高史
峰岸徹
山田辰夫

【ストーリー】
楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。
【舞台挨拶】
本作を見たのは6月11日で既に2ヶ月近くが経過した。
ようやくまた試写会が行なわれているようだ。
完成披露試写会での舞台挨拶の模様はもう忘れかけている。
最初に滝田洋二郎監督、脚本の小山薫堂、音楽の久石譲の3氏がまず登場。
滝田監督「こんばんは、今日はお忙しい中見に来ていただいて誠にありがとうございます。
本作は聞き慣れない納棺師が主人公の映画で、シナリオをいただくまでどんな仕事なのか知らなかった。
製作にはいり取材するうちにこの世界にのめりこみ、山形で夢中になって撮りました。
納棺師の仕事を通じて、家族の再生と誰にでも訪れる死を描きました。
参考にしてください。」
小山薫堂「今回はじめて脚本を書きました。
今まで予算500万以下の深夜番組しか撮ったことがなかったので、打合せでホテルオークラの会議室を使ったのには感動しました。
脚本を書くに当たって、あとあじの良いものを作りたい。
笑えて、なんか泣けたよね、そういうものを書きたかった。
生まれて初めて棺に入って映画作りが始まってあれから3年。
映画は完成したがこんな映画ですから宣伝が難しい。
見た方の口こみに頼るしかないのでよろしくおねがいします。」
久石譲「おくりびとの音楽を担当した久石です。
脚本は人間がていねいに描かれていました。
主人公は元チェロ奏者ということでひらいめいたのは全編チェロでいこうということ。
12人のチェロ奏者が演奏の中心になっています。
ピアノや他の楽器はほとんど使っていません。
チェロのトップクラスの人を集めてレコーディングしました。
このチェレンジをさせてもらったことを心から感謝しています。」
「自分なりにチャレンジしました。
が、本木さんも同じで、すごくチェロを練習されました。
普通は弾いているところは見せないんですがうまく撮れています。
聞くところによると、本木さんはチェロの練習を続けているそうで
僕のコンサートにチェリストとして出る日も近いのではないかと思っています。」
ここで、本木雅弘、広末涼子、山崎努の3氏が登場。
本木雅弘 「チェロも納棺師も経験の無い世界で毎日が新鮮な疑似体験だった。
今日はチェロをひき、次は未知だった納棺師の世界。驚きと発見があった。
タイトルがたいへん気に入っている。
人は皆別れを経験しているけど、自分の経験に照らし合わせて見られる映画になっています。」
広末涼子「撮影現場で本をいただいて勉強し考えながら演技しました。
本木さんとの接触で刺激をうけました。
撮影を終えてホテルの部屋に戻ると必ずチェロの音が聞こえてくるんです。
本木さんが毎晩撮影の後に練習されているんだなと。感心しました。」
山崎努「ステージに出てきてびっくり。3階までお客さんがいてくれて。
どのくらいの人数かね。こんなに充実した客席は初めてだ。
こんなにお客さんが来ているのに作品がつまらなかったらどうしよう。
いつかは皆さんがお世話になることが題材の映画です。
(自分は死んで)関係ないが、送り出すのはたいへん。
色々な意味で参考になる。
面白いなと思って帰ってもらえるとうれしい。」
「このシステムはおかしいよ。映画の前に舞台挨拶するのは。」
と山崎努はやや脱線。
納棺師の技はどうやって習得したのか聞かれて
本木雅弘「リアルな納棺をみた。納棺師について勉強。
初めて見たときは、茶の作法のようなある意味洗練された様式美を感じた。」
台本をみての感想をきかれて
広末涼子「葬儀で死と向き合うのが納棺師。
きれいごとではなく、それを生活の糧としていることに家族としてつきあう葛藤がある。
その表現が悩んだところ。
奥さんとして、仕事をどう理解していくのか。家族の再生の物語として見る事ができます。」
自分自身が送られるときの希望を聞かれて
本木雅弘「恥ずかしがりやなので、戒名不要、葬式不要と言いたいところ。
聞くところによると、樹木葬なるものがあるらしい。それがいいかなと。」
広末涼子「好きなようにしてもらえばいい。
その時に送ってくれるひとが。
そういう人が回りにいることが大事。
生きてる間をがんばりたい。」
主役のふたりが、納棺師の仕事を否定するような回答で笑えた。
滝田監督「自分の死について考えたことがない。
生きてる間にできることをしたい。」
監督までもが・・・
小山薫堂「わたしはサプライズ好き。
死ぬ前にハート型の石か金を飲み込んでおく。
焼きあがってハートが出てきて優しい人だったと言われたい。」
久石譲「フルオーケストラのグランドピアノ、スタンレーを墓に入れて欲しいと言いたいところだけど
入らないのでピアノの方にぼくをいれてください。」
最後に監督が、この映画を師匠と水野さんに捧げたいと言って舞台挨拶は終了。
ペンライトの明かりを掲げた観客をバックに「おくりびと」の掛け声と共に記念撮影。
【感想】
映画はひさびさに良い作品だった。
随所に笑えるシーンとほろりとさせるシーンがあり秀逸。
ぜひ多くの人に見てもらいたいと思わせられた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 真・映画日記『おくりびと』

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 8月2日(土)◆885日目◆ 朝5時まで飲み(大越さんのバースデーパーティー)、 7時半に帰宅。 昼過ぎまでだらだらとすごす。 午後3.. Weblog: CHEAP THRILL racked: 2008-08-09 16:54
  • 納棺師(映画/試写会:おくりびと)

    Excerpt: 本木雅弘主演の映画『おくりびと』の試写会に行ってきました。ビオラ奏者がリストラにあい、決めた再就職先が遺体を棺に納める「納棺師」という職業だった為、周囲に波紋が…というお話でしたが、面白かったです。 Weblog: 美味!な日々 racked: 2008-08-17 00:34
  • おくりびと@試写会 本木雅弘・広末涼子・山崎努‥

    Excerpt: 「私の夫は、納棺師/おくりびとなんです」。納棺師と Weblog: ネット社会、その光と影を追うー racked: 2008-08-21 00:34
  • おくりびと    試写会

    Excerpt: キレイになって、逝ってらっしゃい。 見つけた仕事は、納棺師。人生最高の旅立ちのお手伝い致します。 人は誰でもいつか、おくりびと、おくられびと――。   あなたは大切な人を、どう“おくり”.. Weblog: レンタルだけど映画好き racked: 2008-08-22 00:41
  • 「イントゥ・ザ・ワイルド」を観る

    Excerpt: 監督がショーン・ペン。これだけで魅力は感じていた。実話のベストセラー「荒野へ」の映画化、「イントゥ・ザ・ワイルド」を観てきました。いいもの観たな、と思っています。 私は‘試写会マニア’なので当た.. Weblog: 紫@試写会マニア racked: 2008-08-25 23:53
  • いってらっしゃい

    Excerpt: 最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」.. Weblog: MESCALINE DRIVE racked: 2008-08-28 01:03
  • 「 おくりびと  (2008) 」

    Excerpt: 【おくりびと】2008年9月13日公開 .. Weblog: MoonDreamWorks★Fc2 racked: 2008-08-31 00:48
  • 『おくりびと』

    Excerpt: 昨日は新橋のヤクルトホールに『おくりびと』の試写会に行ってきました。おりしも第32回モントリオール世界映画祭でのグランプリ決定のニュースを聞いた中での鑑賞だったので、とってもタイムリーな鑑賞になりまし.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2008-09-04 22:50
  • おくりびと

    Excerpt: 8月25日(月) 有楽町ピカデリー 8時半開映 TBSの特別試写会で「おくりびと」を観て来ました。 監督 滝田洋二郎 キャスト 本木雅弘 広末涼子 山崎努 余貴美子 杉本哲太 吉行和子 笹野高史 音.. Weblog: MIHOのたわごと racked: 2008-09-05 14:35
  • おくりびと

    Excerpt: 2008年 / 日本 / 130 minutes 出演 : 本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努 監督 : 滝田洋二郎 脚本 : 小山薫堂 音楽 �... Weblog: いけこのDVD鑑賞記 racked: 2008-09-05 22:51
  • おくりびと

    Excerpt: 楽団の解散でチェロ演奏家の道をあきらめ、故郷・山形へ戻った大悟。 「年齢問わず、高級保証」という求人広告に魅かれ応募するが、それは何と遺体を棺に納める納棺の仕事だった! 慌てふためきながらも新人納棺師.. Weblog: 象のロケット racked: 2008-09-08 23:11
  • おくりびと

    Excerpt: 久々の試写会で鑑賞です。 試写会が当たらなくても、観たかった作品。 期待した以上によくて、今年の邦画ベスト1かも{/atten/} キャストは、みんな安心してみていられる実力派。 そして、それぞれの.. Weblog: ふぴことママのたわ言 racked: 2008-09-11 18:08
  • 『おくりびと』 試写会鑑賞

    Excerpt: 求人広告を手にNKエージェントを訪れた大悟は、社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは“納棺”、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と.. Weblog: 映画な日々。読書な日々。 racked: 2008-09-12 11:40
  • おくりびと

    Excerpt: 【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/63b954fb4fc7b.. Weblog: いい加減社長の日記 racked: 2008-09-14 19:24
  • 『おくりびと』

    Excerpt: '08.09.08 『おくりびと』(試写会)@シビックホール これは見たかった! さんざん試写会応募してハズレまくった(涙) やっとYaplogで当選! 「チェロ奏者の大悟は楽団の解散で失.. Weblog: ・*・ etoile ・*・ racked: 2008-09-15 04:45
  • 「おくりびと」心と気持ちが、優しくなれる映画。

    Excerpt:  “モントリオール世界映画祭グランプリ受賞”「おくりびと」(松竹)。とても地味なテーマを描いた映画です。でも、素朴でとても優しい気持ちになれる映画です。  チェリストの大悟(本木雅弘)は、所.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2008-09-16 12:18
  • 【おくりびと】

    Excerpt: 監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、山崎努、広末涼子、笹野高史、余貴美子、吉行和子 「オーケストラが解散され無職となったチェロの演奏者だった大悟は妻の美香と故郷に帰った。就職活動をして採用された.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2008-09-17 12:52
  • 【おくりびと】

    Excerpt: 【監督】 滝田洋二郎  【脚本】 小山薫堂   【音楽】 久世譲   【公開】 2008/09/13  【上映時間】 2時間10分  【配給】 松竹 ... Weblog: +++ Candy Cinema +++ racked: 2008-09-19 09:40
  • おくりびと (試写会にて)

    Excerpt: 納棺師__それは悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれる人。 あなたは大切な人を、どう“おくり”ますか?_そしてどう“おくられ”たいですか?   物語:「あぁこの広告、誤植.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2008-09-20 10:22
  • 「おくりびと」で感動(;θ;)

    Excerpt: 映画「おくりびと」を観てきました。 人の死や職業観、家族を大切にする気持ちなどいろんなメッセージが詰まっていて、考えさせられつつも最後は涙があふれてきました(;θ;) こんな内容の映画です.. Weblog: Thanksgiving Day racked: 2008-09-20 11:27
  • おくりびと

    Excerpt: 繋がって 今を生きて 繋げてく  ひとえに広末涼子って、こんなに可愛かったんだ、そう思ってずっと観ていた。チェロ奏者としての職をオケ解散で失う夫の小林大悟(本木雅弘)。その妻、美香として「夫.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2008-09-21 07:17
  • 『おくりびと』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-09-22 22:07
  • 【2008-212】おくりびと

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 人は誰でも、いつか おくりびと、おくられびと。 キレイになって、 逝ってらっしゃい。 Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-09-24 00:11
  • おくりびと

    Excerpt: 製作年 2008年 製作国 日本 時間 130分 公式サイト www.okuribito.jp/ 公開日 2008-09-13 監督 滝田洋二郎 出演 本木雅弘 広末涼子 余貴美子 吉.. Weblog: ブラトラ館(太田千晶応援blog seesaa支店) racked: 2008-09-24 00:20
  • おくりびと

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 いってらっしゃい  また、逢いましょう 1ヶ月フリーパスポートで7本目 もっ最高っでした!!! とにかくす.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2008-09-25 09:00
  • おくりびと 2008-55

    Excerpt: 「おくりびと」を観てきました~♪ 楽団のチョロ奏者、小林大悟(本木雅弘)は、突然楽団が解散したことから、チェロを棄て故郷の山形に帰る決心をした。新聞で見つけた求人募集の広告を読み面接に向かった。.. Weblog: 観たよ~ん~ racked: 2008-10-02 07:15
  • おくりびと

    Excerpt: 試写会に行く予定だったのですが 仕事が入ったので妹に行ってもらいました。 観てきた彼女は大絶賛!! じゃあ、映画館で観ておく? というわけで映画館へ。 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきら.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2008-10-23 15:44
  • 【映画】おくりびと

    Excerpt: ▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2008-10-24 22:01
  • ★「おくりびと」

    Excerpt: 今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2008-11-08 01:17
  • 映画:おくりびと 観てきました。

    Excerpt:  Goo映画では88点(記事作成時)という、高評価な映画、おくりびとを観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2008-11-16 22:20
  • おくりびと

    Excerpt: 月曜、八戸フォーラムに「おくりびと」を観に行ったら、火災報知器が鳴って、危うく Weblog: 欧風 racked: 2008-11-29 18:14
  • 観ました、「おくりびと」

    Excerpt: 滝田洋二郎監督の作品って初めて観ました。 山崎務さんは本当に素敵な俳優さんですね Weblog: オヨメ千感ヤマト racked: 2009-02-10 09:38
  • おくりびと

    Excerpt: こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいまし.. Weblog: にき☆ろぐ racked: 2009-03-02 20:19
  • おくりびと (本木雅弘さん)

    Excerpt: ◆本木雅弘さん(のつもり)本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅れ.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-03-04 00:19
  • おくりびと

    Excerpt: 2008 日本 邦画 ドラマ 作品のイメージ:感動、泣ける、笑える、ほのぼの、ためになる 出演:本木雅弘、広末涼子、笹野高史、余貴美子、山崎努 第 32回モントリオール世界映画祭でグランプリ.. Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート racked: 2009-03-16 14:53
  • mini review 09360「おくりびと」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2009-04-05 05:58
  • おくりびと-★★★-

    Excerpt:     (C) 2008 映画「おくりびと」製作委員会 製作年: 2008年 製作国: 日本 日本公開: 2008年9月13日 上映時間: 2時間10分 配給: 松竹 カラー/ビス.. Weblog: not simple. racked: 2009-05-19 00:27
  • おくりびと

    Excerpt: TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-10-06 22:12
  • おくりびと 英語題:Departures

    Excerpt: 記事アップ日【2008/12/08 21:21】 アカデミー賞受賞上げ とあるマイミクさんの勧めで見てきました。 通常ならもう公開は終わっていますが関東で ... Weblog: 単館系 racked: 2009-10-07 23:09
  • おくりびと

    Excerpt: [おくりびと] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年20本目(18作品)です。 2009年に入ってまだ2ヶ月ですが、早くも20本目に突入しました。 ちなみに、昨年の20本.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2009-10-11 11:26
  • おくりびと(141作目)

    Excerpt: Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2010-01-10 10:18