google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣プルーフ貨幣セット(北海道)

画像
6月26日に抽選が行なわれた「地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣プルーフ貨幣セット(北海道)」の「払込用紙」が8月4日にようやく到着した。
同貨幣セットの申込受付は平成20年5月21日(水曜日)から6月11日(水曜日)まで行われた。
全部で531,985通(北海道から28,595通、北海道を除く全国から503,390通)の応募があり、倍率は北海道からの申込が3.11倍、北海道を除く全国からの申込が6.23倍となった。
この記念貨幣は、新たな地方自治の時代における地域活性化という願いを込めて発行するもの。
そのため、北海道からの申込者の入手が著しく困難とならないよう、当選率をその他の申込者の2倍にしている。
わたしは東京在住のため、当選倍率は6.23倍。
最近の貨幣セットの申込は、住民票がある住所のみ認め、一世帯あたり最高2セットまでとの制限が加えられている。
一時は業者が申し込み葉書を大量に送って、一般愛好家の入手が困難になったこともあったので、この制限は歓迎である。
今回の貨幣セットについては、わたしは葉書を20枚書いて投函。
1世帯あたりの上限2セットの当選を果たした。
今回の倍率は6.23倍とかなり低かったので当然の結果であろう。
確率を計算すると、1枚も当選しない確率は3%。
3枚当選する確率が24.1%と一番高いが、最高2セットの制限にかかったものと思われる。
当選枚数の期待値は3.2枚。
別に当選しなくても、何時になったら「払込用紙」が送られてくるんだろうと待つ期待感だけでも楽しめる。
このシリーズを1セット7,800円で48都道府県揃えたら37万円もかかってしまう。
一般愛好家にはかなり負担の大きなシリーズ。
そのあたりで人気薄なのが、低い倍率に現れている。
シリーズは後の方ほどさらに人気薄になるので、初っ端からこれでは失敗が明らかなような気がするが如何に?

京都
google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック