google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

GSワンダーランド

監督・脚本: 本田隆一 画像
キャスト
ミック☆栗山千明
マサオ☆石田卓也
シュン☆水嶋ヒロ
ケンタ☆浅利陽介
梶井☆武田真治
岸部一徳
杉本哲太
高岡蒼甫
温水洋一
大杉漣

【ストーリー】
GSブームにあやかり、3か月以内にGSバンドをデビューさせるよう命令されたプロダクション社長の梶井(武田真治)は、屋上で演奏していたマサオ(石田卓也)、シュン(水嶋ヒロ)、ケンタ(浅利陽介)に声を掛けることに。さらには、事務所に押しかけてきた歌手志望のミック(栗山千明)を男装させ、4人グループとして売り出す。
【舞台挨拶】
一夜限りのGS復活祭ってことで、モト冬樹が司会をつとめる舞台挨拶があった。
ゲストは、栗山千明、石田卓也、水嶋ヒロ、浅利陽介と本田隆一監督。
どうせなら、上の画像のようなタイツ姿で来て欲しかったが普通のかっこだった。
さすがに水嶋ヒロへの声援が大きくて人気なんだなあと思った。
彼の背が一番たかい。
もっと優男かと思ったが、そうでもないがっちりした顔立ちなのがわかった。
舞台挨拶の内容は平凡。
とくに印象に残る発言なし。
フォトセッションがすご~く長かった。

【感想】
1960年代に一大ブームを巻き起こしたGS(グループ・サウンズ)がモチーフ。
GSブームの時代を背景に、音楽に青春を賭けてショービジネスの世界に飛び込んだ若者が4人。
大人の世界に翻弄されながらも、“ザ・タイツメン” として奮闘する姿をコミカルに描く。

ストーリー展開は甘口。
若干の導入部のあと、マサオ、シュン、ケンタの3人はGSで日劇出場をめざそう!ということになる。
屋上で演奏していると、いきなりプロダクション社長の梶井にスカウトされる。
梶井は、レコード会社から、3ヶ月以内にGSのグループをデビューさせろと言われた直後である。
そんなところで都合よく新人と出会うかね?(笑)
そんな調子だからストーリーにあまりこだわってもしょうがない。
画像
梶井は、レコード会社からオルガンがいないとダメと言われる。
歌手志望のミック(栗山千明)がいたことを思い出した梶井。
次の場面では、男装したミック(右の画像)が登場。
すばやいストーリー展開。(笑)

栗山千明は、男装のときのほうがかわいい。
女の姿のときはいまいちだったけど。(笑)
この映画での一番のみどころです。

一番の聴き所は、ザ・タイツメンが歌う「海岸線のホテル」。
GSの立役者、橋本淳と筒美京平の新曲。
たしかに何となく懐かしいひびき。
最後にもうひとつ、あっと驚くしかけあり。
ちょくちょくと顔を出していた温水さん。
活きていた!
ストーリーは甘いけど、懐かしいビジュアルと音楽あり。
肩の力を抜いて楽しむ作品だった。
google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック