ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト

監督: マーティン・スコセッシ
キャスト
ミック・ジャガー
キース・リチャーズ
チャーリー・ワッツ
ロン・ウッド
クリスティーナ・アギレラ
バディ・ガイ
ジャック・ホワイト

【ストーリー】
ザ・ローリング・ストーンズの熱狂的ファンであるマーティン・スコセッシ監督は、彼らのみなぎるエネルギーをとらえるべく世界一の撮影チームを率いてライブ撮影へと挑む。舞台となるのは、2006年秋にニューヨークのビーコン・シアターで行なわれたライブ。18台以上ものカメラを駆使し、コンサートの全体像から舞台裏まで映し出していく。
【感想】
ドキュメンタリーというふれこみだったので、コンサートシーンは少ないのかと思った。
が、案に相違して、ほとんどの映像がコンサート場面で、過去映像は少しさしはまれただけ。
映画の冒頭は、セットリストがなかなか決まらず、いらつくスコセッシの姿など。
ビーコンシアターで行なわれたチャリティーコンサートなのでクリントン一家が登場。
肝腎のコンサートがなかなか始まらなくてすこしいらいらする。
映画が始まってから15分ほどで、コンサートが始まる。
コンサートが始まってしまうとあとは殆どそれだけ。
合間にすこしだけ過去のインタビューシーンが入れ込まれていた。
これなら、別に監督はマーティン・スコセッシでなくても良さそうだ。

Set List
01 Jumpin' Jack Flash
02 Shattered
03 She Was Hot
04 All Down The Lines
05 Loving Cup with Jack WhiteⅢ
06 As Tears Go By
07 Some Girls
08 Just My Imagination
09 Faraway Eyes
10 Champagne & Reefer with Buddy Guy
11 Tumbling Dice
Band Introductions
12 You Got The Silver
13 Connection
14 Sympathy For The Devil
15 Live With Me with Christina Aguilera
16 Start Me Up
17 Brown Sugar
18 (I Can't Get No) Satisfaction

スコセッシがやきもきしていたオープニングナンバーは、定番ジャンピン ジャック フラッシュ。
個人的には、ジャンピン ジャック フラッシュは後のほうが好き。
しょっぱなは、まだミックも調子が出てない感じかな。(笑)
だんだん調子が出てきて、4曲目 All Down The Line。
この曲のときのミックの踊りというか動き、これがすごかったね。
若かったときより、速く激しくなってるんじゃないの。
還暦すぎてるとはとても思えないねえ。
チャーリーへのインタビューなどがさしはまれ、ジャック・ホワイトが登場。
ミックと Loving Cup をやったんだけど、へたくそ。
こんな晴れ舞台に出られて良かったねって感じ。
やっぱり、ジャックはブラックに限るし、ホワイトはバリーに限る。

次が、おすぎが歌謡曲みたいと言っていた As Tears Goes By。
ちょっと演歌っぽい歌い方だけど良かった。
ミックが当時つきあってた女性に歌わせた曲らしい。
その次から立て続けに Some Girls からの曲を演った。
通常のコンサートではあまりやらないと思う。
Just My Imagination のオリジナルはテンプテーションズだけど全然別の曲になっている。

シャンペン & リーファーでは、バディー・ガイが登場。
この一曲は秀逸だった。
バディー・ガイの攻撃的な演奏と、迫力のあるヴォーカル。
それを素晴らしいカメラワークでとらえた映像は流石と感服。

You Got The Silver と Connection の2曲はキースの出番。
どうせなら、Happy を演って欲しかった。
また、キースの時だけ、映像がインタビューになっちゃったのも不満。
演奏は演奏、インタビューはインタビューでわけて欲しかったなあ。

で、これまた定番曲の 悪魔を憐れむ歌 からラストスパート。
クリスティーナ・アギレラが歌のうまさを見せつける Live With Me も見所のひとつ。
彼女は背は低いけどすごい声量である。
ピンヒールはいてもミックよりだいぶ背が低い。
最後は Start Me Up で ブラウンシュガーとサティスファクションはアンコール。

全体を通してみると、ホンキー トンク ウィメン と ギミーシェルター、無情の世界などの定番曲の演奏がなかった。
どうせなら、それらも全部いれこんで作って欲しかったなあ。
やっぱり、ストーンズは最高!
来日したら、また見に行くこと間違いなし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック