google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ソウ6

監督: ケヴィン・グルタート画像
キャスト
ホフマン刑事☆コスタス・マンディロア
エリクソン☆マーク・ロルストン
ジル☆ベッツィ・ラッセル
ジグソウ☆トビン・ベル
アマンダ☆ショウニー・スミス
ウィリアム☆ピーター・アウターブリッジ

【ストーリー】
FBI捜査官のストラムが死体となって発見される。
ジグソウ(トビン・ベル)の後継者はストラムではないかとの風評が広まり、ジグソウの事件が終結したかに見える中、ストラムの上司だったエリクソン(マーク・ロルストン)は捜査結果に疑問を抱く。
そして、ホフマン刑事(コスタス・マンディロア)に近づくが……。
【感想】
ソウ シリーズは全く未見。
予習もせずに見た。
もっとサイコ・スリラー風なのかと思ったら違った。
この映画のジャンルは何なのだろう。
ホラーとは呼べないと思う。

映画の冒頭に過去の作品の軽いふりかえりがある。
一度見たことのある人にとっては良い導入部なのかもしれない。
が、見ていない者が、これで全容をつかむのは無理だ。(笑)

で、いきなり冒頭のバイオレンス・シーンにはいる。
はっきり言って、とても気持ち悪い。
隣で見ていた友人は、わたしの腿をつつく。
「気持ちわるいです。」
見終わってから話を聞くと、本当に気持ち悪くて吐きそうになったとのこと。
そこまでインパクトを受けるとは、連れて行った甲斐があったというべきか。(笑)
わたしは、まったくへっちゃらであった。

ストーリーの大半は、ジグソウへの保険支払いを拒んだウィリアムをいたぶるシーンに終始。
一種のあだ討ちなので、13日の金曜日のジェイソンみたいな恐怖感は無い。
それでも、さほど関係の無さそうな人まで命を落としていく。
その過程で人間の醜い本性が暴かれていく。
が、そんなもの見せてどうするんだろうという感じ。
全体的に悪趣味で、一部の人にしか受けそうにない作品であることはたしか。
わたしも、わざわざ金払ってまで見に行こうとは全く思わない。
google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ソウ6

    Excerpt: ソウシリーズの第6作。 ジグソウが始めた殺人ゲームをジグソウの後継者によって引き続き 行われていく様を描いたシチュエーションスリラー。FBI捜査官のストラムの遺体が発見され、現場に残された指紋等か.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-11-09 00:07
  • ソウ6

    Excerpt: Saw VI (2009年) 監督:ケヴィン・グルタート 出演:トビン・ベル、コスタス・マンディロア、ベッツィ・ラッセル、ピーター・アウターブリッジ ハロウィン・シーズン恒例、死のゲームを描いたホラ.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2009-11-29 22:06
  • 【映画】ソウ6

    Excerpt: <ソウ6 を観ました> 原題:Saw Ⅵ 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 大ヒットのソリッド・シチュエーション・スリラー「ソウ」シリーズもついに6作目まで来ました.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2010-10-25 21:08