あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 抱擁のかけら

<<   作成日時 : 2010/01/31 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 0

1月28日(木)二回目の観劇@一ツ橋ホール
ゲストは山本モナ。
真っ赤なドレスに身を包んでやって来た。
映画の見所を語る。
KYなこともある彼女だが、今日の話は参考になった。
最後に「すなおさ」についての持論を展開。
すなおになりすぎるのも考え物というようなことを言った気がする。

今日もまた、隣に座ったのは還暦ばあさんコンビ。
これまた三重苦のばあさんだった。
@上映中にチョコをがさがさ取り出して食べ、ジュースを飲む。
  ホール内は飲食禁止だっちゅうの
Aクライマックスで思わず「それで目が見えなくなっちゃうんだ。」
  黙ってろ!
B携帯電話をとりだしてごそごそ。
  これをやる奴はほんとに許せん。
あんた方は、あまりにも自分にすなお過ぎる。(笑)
ひとの迷惑よりも何よりも、自分のしたいことできる「すなおさ」は許しがたい。

で、「抱擁のかけら」である。画像
監督・脚本: ペドロ・アルモドバル
キャスト
レナ☆ペネロペ・クルス
マテオ・ブランコ/ハリー・ケイン☆ルイス・オマール
ジュディット・ガルシア☆ブランカ・ポルティージョ
エルネスト・マルテル☆ホセ・ルイス・ゴメス
ライ・X☆ルーベン・オカンディアノ
ディエゴ☆タマル・ノバス

【ストーリー】
愛する人と視力を失った14年前の事故を封印し、名前を変えて生きる脚本家のハリー(ルイス・オマール)。
かつて、ハリーは新進気鋭の映画監督だった。
ハリーは主演女優のレナ(ペネロペ・クルス)と激しい恋に落ちるが、レナには権力のあるパトロン、エルネスト(ホセ・ルイス・ゴメス)がいた。
ある日、逃避行先の島で、二人を悲劇が襲う。
【感想】
この映画は2回以上観る事をおすすめします。
登場人物の数は多くありませんが1回で理解するのは難しい。
2回目観るとまた疑問がわいてきてさらにもう1回観たくなる。
難解ではないのにまた新たなミステリーが生じてくる。
そんな作品です。

「それでも恋するバルセロナ」でオスカーを獲得したペネロペ・クルス。
この映画での演技は、受賞作をはるかに凌駕。(笑)
最初はエルネストのオフィスでの登場。
グレーのスーツに身を包んでいます。
廊下を歩くバックショットが最高にセクシー。
「エレジー」に続き、サービスショットもありますが、そのシーンよりも服を着たシーンの方が気に入りました。
女性として経験しうるあらゆるシーン。
および、映画の中での演技と非常に幅広い場面で微妙な表情を演じ分けていて感心。
なんといってもこの映画でのMVPです。

ストーリーは、監督が“ダブル”と言っている通り重層的。
エルネストとライX、マテオとハリー、レナとピナ。
それぞれがこの映画の中で再生していく。
愛と再生の物語が観客に力を与えてくれる。
まさにアルモドバル流の人生賛歌と言えるでしょう。

風景が美しいのも見所のひとつ。
印象的なシーンがふたつありました。
両方とも抱擁の場面です。
ひとつは、ランサロテ島の海を臨む崖の上。
赤いシャツ着てカメラをかまえるマテオの後ろからレナが抱きついているシーン。
文字通り絵になるシーンでした。

ふたつめは同じくランサロテ島のバンガローのシーン。
TVでロベルト・ロッセリーニ監督の「イタリア紀行」を二人で見ているシーンです。

画面の中に、赤い色がよく登場するのも面白かった。
何気なく映ったハンガーの色は真っ赤。
鉢植えの花も赤。
着ている服や車も赤。
絵の額縁も赤。
真っ赤なトマト。
情熱の赤。
言われてチェックしながら観ていたら赤だらけでちょっとびっくりしました。

最後にもうひとつ。
ランサロテ島のバンガローに破り捨てられていた大量の写真。
いったい誰が破いたのか?
観客のイマジネーションをふくらませる仕掛けもあって楽しめました。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
抱擁のかけら /LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2010/02/03 12:00
抱擁のかけら
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスのコンビが贈る4本目の作品。今回は愛と同時に視力までも失った老脚本家が封印してきた過去を紐解き、再び活きる喜びを見出していく様子を描く。共演は『バッド・エデュケーション』のルイス・オマール。他にも『宮廷画家ゴヤは見た』のホセ・ルイス・ゴメス、『チェ 39歳 別れの手紙』のルーベン・オチャンディアーノが出演している。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/02/08 22:10
◆『抱擁のかけら』◆ ※ネタバレ有
2009年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督&脚本、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オカンディアノ出演。 ...続きを見る
〜青いそよ風が吹く街角〜
2010/02/10 22:44
抱擁のかけら はい!ペネロペ目当てだけでした!r(^ω^*)))テレマスナ
【 {/m_0167/}=10 -4-】 いやはや、もちろんPenelope Cruzが観たいから、それだけがこの映画を見た動機ですわ・・・(///o///)ゞ テレテレ 今日はかなり緊張高めの一日やったし、精神的に癒されたかったのだ〜もちろん視覚的にも〜。 ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2010/02/11 01:58
レビュー:抱擁のかけら
『アルモドバルが見せる三つの「愛」』 / 「愛」という言葉を使うのが、私はどうも恥ずかしい。けれど困ったことに映画の宣伝や粗筋や批評には「愛」が大安売り状態で飛び交っていて、見かけるたび正直照れる。日常では滅多に使わないし、そもそも「愛」って言葉はやたらに使っていいものなのか?とはいえ、そんな私でも迷わず「愛」という言葉を使いたくなる時がある。ペドロ・アルモドバルの映画のことを思う時だ。エキセントリックな登場人物たち、倒錯... ...続きを見る
INTRO
2010/02/11 15:22
『抱擁のかけら』
'10.01.28 『抱擁のかけら』(試写会)@一ツ橋会館 ...続きを見る
・*・ etoile ・*・
2010/02/12 02:05
美しすぎる女〜『抱擁のかけら』
 LOS ABRAZOS ROTOS ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/02/12 19:34
『抱擁のかけら』(2009)/スペイン
原題:LOSABRAZOSROTOS/BROKENEMBRACES監督・脚本:ペドロ・アルモドバル出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルベーン・オチャンディアーノ公式サイトはこちら。<Story>盲目の脚本家のハリー・ケイン(ル... ...続きを見る
NiceOne!!
2010/02/13 08:32
抱擁のかけら☆LOS ABRAZOS ROTOS
 愛から逃げて、愛と出逢う MOVX京都にて鑑賞。いやあこれだけぺネロぺちゃんを見るだけでも価値がある作品ではないでしょうか?まさに彼女あっての、この作品だと思いました。いろんなぺネロぺに出会えます。モンロー風だったり、ヘップバーン風だったり。。。。同性の私も彼女の美しさには魅了されそうです。 こんな魅力的で綺麗な女性だったら誰しも虜なるのは当たり前。そんな男が2人が登場します。一人はそんな彼女を自分の所有物のように独占する富豪のおじさん。もう一人は物語の主人公となる脚本家であるハリー。彼は... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/02/13 18:43
★「抱擁のかけら」
久しぶりの週末レイトショウは、 ペネちゃん作品を見るためにららぽーと横浜まで行ってきました。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/02/17 03:32
抱擁のかけら
新進気鋭の映画監督だったマテオ(ルイス・オマール)は、14年前の事故で視力を失った。 現在は脚本家としてのペンネームであるハリーと名&... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2010/02/22 01:57
「抱擁のかけら」ペネロペ・クルスの様々な表情に酔いしれる
「抱擁のかけら」★★★★ ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ主演 ペドロ・アルモドバル監督、128分、 2010年2月13日名古屋公開、2009,スペイン,松竹 (原題:LOS ABRAZOS ROTOS ) ...続きを見る
soramove
2010/02/24 07:51
抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS
全ての愛の形を愛おしく描くアルモドバル・・・でも自分は今回ペケです! ...続きを見る
ゆるーく映画好きなんす!
2010/02/24 10:28
抱擁のかけら★★★★劇場23本目:悲しいけど素敵な恋愛映画
今日が上映最終日となっていたので、何とか手前の仕事を片付けて観に行ってきました。ペネロペはキレイで可愛いですね〜。18歳位の時の『ハモンハモン』からほとんど変わってないように見えるボディと、キュートな笑顔に色気もたっぷり(笑)素敵な女優さんになったなぁ〜... ...続きを見る
kaoritalyたる所以
2010/02/27 19:16
抱擁のかけら
 『ボルベール』、『エレジー』や『それでも恋するバルセロナ』で見た妖艶なペネロペ・クルスの映画だというので、まあ前田有一氏が言うように「罪作りなおっぱいの物語」かもしれないと思いつつも、映画館に足を運んでみました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2010/03/04 05:29
『抱擁のかけら』
3月は本当に個人的に色々とあって、なかなか映画が観られていないのですがー、どうにかこうにか先日ペドロ・アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』を観てきましたー。 今月後半に向けて、少しでも観賞本数増やしたいなーとは思ってるんですが、ちょっと厳しいかもー。 ...続きを見る
Cinema + Sweets = ∞
2010/03/19 00:16
mini review 10475「抱擁のかけら」★★★★★★★☆☆☆
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスにとって、4度目のコラボレートとなる恋愛ドラマ。愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の女との愛に満ちた日々と悲劇を描く。過去の出来事を封印して生きる男を演じるのは、『バッド・エデュケーション』のルイス・オマール。ペネロペは男の恋人で、すべてを求める美しい女優を演じる。人生の苦しみや痛み、そして愛と幸福の詰まった濃厚なドラマが涙を誘う。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2010/07/31 02:01
「抱擁のかけら」(BROKEN EMBRACES)
スペインのオスカー女優、ペネロペ・クルス主演のミステリ仕立てのラブ・ロマンス「抱擁のかけら」(2009年、西、128分、PG−12指定、ユニバーサル映画配給)。この映画は、生涯をかけた愛が崩壊し、視力や人生までも失った映画監督が、これまで封印していた悲劇を明らかにし、再び生きる道を見出していくさまを、ミステリアスにまた情感たっぷりに描き出す。監督は、「トーク・トゥ・ハー」などの作品で知られるスペインの鬼才 ペドロ・アルモドバル。本作は第62回カンヌ国際映画祭パルムドールにノミネートされた。... ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2010/08/01 18:22
『抱擁のかけら』'09・西
あらすじ14年前、映画監督のマテオは、女優を夢見る女性レナと出逢い、恋に落ちるが、レナには富と権力で彼女を支配するパトロンのエルネストがいた・・・。感想ゴールデングロー... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2011/01/15 21:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
抱擁のかけら あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる