愛する人

今年の試写会初め@ニッショーホール。
お客の9割が女性。
千趣会の主催でこの銘柄だから納得の男女比か?
入場時に手帳やタイツ、ビスケットなどが詰め合わされたお土産の配布あり。
タダで映画見せていただけるだけで充分にありがたいのに、お土産まで戴いて感謝感激雨あられ。(笑)
画像
(C) 2009, Mother and Child Productions, LLC
英題: MOTHER AND CHILD
製作年: 2009年
製作国: アメリカ/スペイン
日本公開: 2011年1月15日
(Bunkamuraル・シネマ、TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間: 2時間6分
配給: ファントム・フィルム

監督・脚本: ロドリゴ・ガルシア
キャスト
エリザベス☆ナオミ・ワッツ
カレン☆アネット・ベニング
ルーシー☆ケリー・ワシントン
パコ☆ジミー・スミッツ
ポール☆サミュエル・L・ジャクソン
ノラ☆アイリーン・ライアン
ジョセフ☆デビッド・ラムジー
ソフィア☆エルピディア・カリーロ
クリスティ☆シモーヌ・ロペス
トレイシー☆カーラ・ギャロ


【ストーリー】
年老いた母親を介護し、毎日忙しく働いているカレン(アネット・ベニング)。そんな彼女には、14歳で妊娠・出産するものの、やむを得ず子どもを手放した過去があった。
一方、母を知らずに育ち、弁護士としての輝かしいキャリアを持つ37歳のエリザベス(ナオミ・ワッツ)は、思わぬ妊娠をきっかけに母への慕情を意識し始める。

【感想】
製作総指揮アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥらしい、一筋縄ではいかない作品。
対象は、女性というよりは、全てのオトナ、もしくはオトナになろうとしている人。
そんな人にぜひ観て欲しい。
お子ちゃまの多い日本で、どれくらい受け入れられるのか心配。

エリザベスは37歳独身の弁護士。
養父・母を亡くし天涯孤独。
17歳の時に卵管結索して妊娠の心配ナシ
経済的にも性的にも自由(奔放)

・・・のはずが・・・

弁護士事務所の上司ポール、隣人との孤独を癒すかのような情事のすえありえないはずの妊娠をしてしまう。

エリザベスは、まず第一にとにかく自立している。
経済的にも性的にも。
ここで、まず、大部分の日本人は胡散臭く感じるだろう。
そんな人いないよ!(笑)
いてもいいと思える人でないと共感は難しいのでは?

お腹の子が誰の子だかわからないエリザベス。
弁護士事務所を辞め、ポールの前から姿を消してしまう。
ちなみにポールは5年前に奥さんを亡くし孫がいる。

別の仕事をしながら出産の準備をするエリザベス。
たまたま通りかかったポールの娘に発見されてしまう。
娘から聞いたポールは、エリザベスの前に登場。
男らしく愛を告げるのだが・・・

孫までいるような父が、自分と同じくらいの女性とそんな関係になったらどう?
ポールの娘のようにそれをサポートする日本の娘は何%かな~(笑)
ポールにしろ、ポールの娘にせよ個々の幸せを最大限追求してる。
それぞれが自立してないとこういうマインドにはならないと思う。

日本だったら・・・まず「いい年して うんちゃら」とか
「遺産でもめるのが嫌」 だとか・・・
そんな類のことになるのでは?

あともうひとつは、adoption。
日本ではほとんど見られない養子。
第三者の卵子もらって体外受精して代理母出産するような人も最近いましたが、日本人の感覚とはあまり合わない習慣。
そんなところも、この映画の共感度を下げるファクター。

それらを乗り越えて、ぜひオトナの映画として鑑賞してみてください。
エンドロールでさっさと席を立ったりせず、最後まで余韻にひたってください。

私が参加した試写会では、危惧通り感情移入できなかったのかエンドロールに入るか入らないかで退場していく人々がすごく多かったことを付記しておきます。

この記事へのコメント

KLY
2011年01月07日 16:11
そうだねぇ。
驚くほど、そう半分以上帰っちゃったんじゃないかな?私はあの音楽と共に会場が明るくなるまで余韻に浸りました。そのぐらい素晴らしい作品だったと想ってます。
私は男でしかも子供もいません、でも女性、特に子供を持つ母親は強く感じる所があって欲しい。母親になることの素晴らしさをとても強く感じました。

帰り道でレイがどうして子供を養子に出さないことにしたのを、家族が色々言ったからだと言っている若い男がいました。私はそんな彼が理解できないです。
まっつぁんこ
2011年01月08日 07:18
KLYさん おはようございます!
同じ会場でした?発見できなかったなあ(笑)
なんであの歌聞かずにどんどん帰っちゃうんでしょう、もったいない。
レイの件ですが、彼女も一人の自立した女性。
家族に何か言われて気が変わるようなヤワな人間ではない。
お子ちゃま天国らしいモノの見方で面白いですね。
mig
2011年01月09日 23:34
こんばんは。
まだ~むが頂いた試写状、2回目一緒に観るつもりだったんですが、結局まだーむが別なの当っていて、私がそちら行く事になりました、、、
もしかしたらまっつあんこさんのと同じかもー。
まっつぁんこ
2011年01月10日 07:21
migさん おはようございます!
明日は私はブランク。
少しは休まないと身が持たないので(笑)
楽しんできて、レビューよろしく!おねがいします。
ノルウェーまだ~む
2011年01月16日 03:17
まっつぁんこさん、ありがとうございます!
「愛する人」堪能してきました。
勿論エンドロール全部☆
母親になること・・・久しぶりにいい邦題だなぁと感心しました。
「愛する人」が母親になると言う意味では、エリザベスは無事出産できても母親になれなかったかもしれないですね。
彼女は愛することを拒絶しているのだから・・・
と言う私もエリザベスに共感できませんでしたけど。
まっつぁんこ
2011年01月16日 08:14
ノルウェーまだ~むさん おはようございます!
お楽しみいただけたようでなによりです。
エリザベスも、すぐにいい母親にはなれなかったかもしれませんが経験をつめば母になれたと信じたいと思います。
彼女は深く傷ついた末愛を拒絶しているのですから。
rose_chocolat
2011年01月21日 21:44
あららー。 これ最後まで見ないなんて、
お気の毒さまな方々がおられたんですね(笑)
まー、人それぞれですが、私はこういうの
大・大・大好きです(爆)

だって、人生綺麗事ばかりじゃないじゃん。
そうそう傷がない人ばかりじゃ気味が悪いよ。。
まっつぁんこ
2011年01月22日 07:22
rose_chocolatさん おはようございます。
だいたい試写会観にいけるってことは、(ある程度)ヒマなはず。(笑)
なんで焦って帰るのかまったくわかりません。
「人生綺麗事ばかりじゃない」については、またそのうち。

この記事へのトラックバック

  • 愛する人

    Excerpt: 14歳で子供を産み落とした瞬間にその子を手放さなければならなかった母親とその娘が、37年ぶりに人生の転機を迎え引き付け合う…。『彼女を見ればわかること』のロドリゴ・ガルシア監督が『華麗なる恋の舞台で』.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-01-08 11:00
  • 愛する人 / MOTHER AND CHILD

    Excerpt: ランキングクリックしてね Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-01-09 16:49
  • 愛する人(2009)駅ビルシネマ・ラテンビート映画祭にて

    Excerpt: 原題:Mother and Child カランチョの後、鑑賞しました。2011年お正月公開作品。ラテンビート映画祭にてプレミア上映作品だそうです。特別先行上... Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2011-01-10 11:10
  • 愛する人 こりゃ男にはちと難しい・・・

    Excerpt: 【=6 -3-】 また試写会。 いつもなら絶対に観に行けるはずがないような日だったのに、どういうわけか思い掛けずに独りぼっちになっちゃって、すごすごと映画館へ・・・。・゚・(ノε`)・゚・。  老い.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2011-01-14 00:48
  • 愛する人

    Excerpt: 試写会で見ました。14歳で娘を産んですぐに養子に出してしまい、後悔しながら自分の Weblog: うろうろ日記 racked: 2011-01-14 23:23
  • ????

    Excerpt: ? ? ???????????? ?? ??�?????? ? ?????????????? ???2011/01/15?? ?????????????? ?.. Weblog: ??????? racked: 2011-01-15 19:20
  • 「愛する人」母になるという事

    Excerpt: 母親になるということとは・・・・・ 子供を生めば母親になるというわけではない。 色々な形で、『母になる』ということを見つめた映画だ。 Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2011-01-16 02:34
  • 愛する人

    Excerpt: カレン(アネット・ベニング)は14歳で妊娠・出産し、やむを得ず赤ん坊を養子に出した。 母親の介護をしながらも、我が子を奪われたことへのわだかまりを捨てきれず、37歳になった実の娘に想いを馳せる日々.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2011-01-20 10:25
  • 『愛する人』(2009)/アメリカ・スペイン

    Excerpt: 原題:MOTHERANDCHILD監督:ロドリゴ・ガルシア出演ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング 、ケリー・ワシントン 、ジミー・スミッツ 、サミュエル・L・ジャクソン公式サイトはこちら... Weblog: NiceOne!! racked: 2011-01-21 21:41
  • 愛する人

    Excerpt: 私も愛をつないでゆきたい、母のように──。 原題 MOTHER AND CHILD 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ/スペイン 上映時間 126分 映倫 PG12 監督・脚本 ロドリゴ.. Weblog: to Heart racked: 2011-01-25 23:41
  • 『愛する人』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「愛する人」□監督・脚本 ロドリゴ・ガルシア □キャスト ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ジミー・スミ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-01-30 21:57
  • 愛する人

    Excerpt:  『愛する人』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)映画の冒頭が出産シーンであり、ラスト近くでも幼い子供と一緒に戯れるシーンがあり、全体として子供を巡る物語といえますが、その場合なら常識.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-02-05 06:23
  • 「愛する人」

    Excerpt: 原題は「母と子」。それが率直に映画の内容を言い表している。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2011-02-07 23:43
  • 映画「愛する人 」人はきっと繋がっている。

    Excerpt: 「愛する人 」★★★★ ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング、ケリー・ワシントン、 ジミー・スミッツ、サミュエル・L・ジャクソン出演 ロドリゴ・ガルシア監督、126分 、2011年1月15日公開 200.. Weblog: soramove racked: 2011-02-13 23:45
  • 母と子~『愛する人』

    Excerpt:  MOTHER AND CHILD  14歳で出産、生まれた娘を母によって養子に出されたカレン(アネット・ベニング) は、ただ娘を思いながら生きていた。37歳になったその娘エリ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-02-18 09:24
  • ■映画『愛する人』

    Excerpt: ナオミ・ワッツが妊娠中に、大きなお腹で撮影に臨んだことでも話題になっている映画『愛する人』。 原題の『Mother & Child』が示す通り、様々な母と子ども(特に娘)を描いた物語です。 .. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-02-26 22:38
  • 映画『愛する人』を観て

    Excerpt: 11-8.愛する人■原題:MotherAndChild■製作年・国:2009年、アメリカ・スペイン■上映時間:126分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:1月22日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金... Weblog: KINTYRE’SDIARY racked: 2011-02-27 23:35
  • 愛する人

    Excerpt: 【MOTHER AND CHILD】 2011/01/15公開 アメリカ/スペイン PG12 126分監督:ロドリゴ・ガルシア出演:ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング、ケリー・ワシントン、ジミー・.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-09-07 10:38
  • 『愛する人』'09・米・西

    Excerpt: あらすじ14歳の時に出産した娘を手放した52歳のカレンは老いた母親を介護しながら、働く日々・・・。解説『彼女を見ればわかること』『彼女の恋からわかること』『アルバート・... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-02-02 22:08
  • 『愛する人』'09・米・西

    Excerpt: あらすじ14歳の時に出産した娘を手放した52歳のカレンは老いた母親を介護しながら Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-02-02 22:08