デュー・デート/僕が結婚を決めたワケ

2日続けてアメリカのコメディーを鑑賞。
アメリカのコメディーが日本でうけない理由の一端を再確認。
画像
デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~
(C) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
英題: DUE DATE
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年1月22日
配給: ワーナー・ブラザース映画

監督・製作・脚本: トッド・フィリップス
キャスト
ピーター☆ロバート・ダウニー・Jr
イーサン☆ザック・ガリフィナーキス
サラ☆ミシェル・モナハン
ダリル☆ジェイミー・フォックス

【ストーリー】
待望の赤ん坊誕生を5日後に控えるピーター(ロバート・ダウニー・Jr)は、身重の妻のもとに向かうため、アトランタから自宅のあるロサンゼルスへと向かう飛行機に乗ろうとしていた。
しかし、たまたま出会った役者の卵、イーサン(ザック・ガリフィナーキス)のせいで、二人でヒッチハイクをすることになる。
画像
僕が結婚を決めたワケ
(C) 2010 Universal Pictures. ALL RIGHTS RESERVED.
英題: THE DILEMMA
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年1月14日
配給: 東宝東和
監督: ロン・ハワード
キャスト
ロニー☆ヴィンス・ヴォーン
ニック☆ケヴィン・ジェームズ
ベス☆ジェニファー・コネリー
ジェニーヴァ☆ウィノナ・ライダー
スーザン☆クイーン・ラティファ
ジップ☆チャニング・テイタム

【ストーリー】
ロニー(ヴィンス・ヴォーン)はシカゴで大学時代からの親友ニック(ケヴィン・ジェームズ)と、車のエンジンデザインの会社を営んでいる。
理想の恋人ベス(ジェニファー・コネリー)との仲も順調で、そろそろ彼女との結婚を考え始めていた。
だが、ある日ニックの妻(ウィノナ・ライダー)の浮気を知ったことでロニーの人生は一変する。

【感想】
感想は2本まとめて。(笑)

面白く観られるんだけど、あとで何が面白かったのか思い出そうとすると何も思い出せない。
2作とも、セリフで笑わされる部分が多く、それはよほどのことがないかぎり一過性。

印象に残るのは次のようなシーンだ。

デュー・デートでは、イーサンが居眠り運転してハイウェイから派手に転落したシーン。

ワケでは、ジェニーヴァの浮気を植物園で目撃したロニーがコケて毒草に顔をつっこむシーン。

言葉はすぐ忘れ、目で見たシーンは覚えている。

アメリカのコメディーは言葉遊びが多くてそういう部分は見終わるとどこかへ行ってしまっている。

1本目のデュー・デートでは、お笑いの要素より、イーサンが車中で○○○ーするシーンなどやや下品なシーンが多く、そういうシーンのみが後味として残る可能性が高い。(笑)

2本目の方が、ジェニーヴァの一人芝居のシーンなど印象に残る面白いシーンが多かった。
わたしとしては、「僕が結婚を決めたワケ」の方が広くすすめられる気がしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

KLY
2011年01月14日 23:04
私はやっぱコーヒーのところが面白かったです。泣きながら笑ってました。(笑)全般的にアメリカのコメディというか、ザックのコメディというか。彼色に染まっていたって感じがしました。
いずれにしても笑いのポイントは感動のポイントよりはるかに多種多様なんで、中々広く皆が楽しめるってことにはならないかな。
まっつぁんこ
2011年01月15日 06:05
KLYさん おはようございます!
コーヒーのところですね。
私は、最後まであの灰はフェイクだと思って観てました。
グランド・キャニオンで衝撃の告白があるかと思ったら肩透かし。
おっしゃる通り笑いのツボは多種多様ですね。
SUZU
2011年06月26日 22:02
「僕が結婚を決めたワケ」、私は毒草のシーンと、セラピーのシーンも笑えました♪
あの浮気相手が何食わぬ顔して参加してるのには「こいつwwww」って(笑)。
でも、全体的にテーマが合わなくて、ちょっと乗れなくていまいちでした。残念…
まっつぁんこ
2011年06月26日 22:13
SUZUさん こんばんは!
全体的に言えるのは・・・
DVDでO.K.ってことかな(笑)
何度でも観られるし。
あれっ何か面白いこと言ってたなって感じですぐに忘れてしまうので。

この記事へのトラックバック