抱きたいカンケイ/キッズ・オールライト

大震災前に観た映画を2本まとめてご紹介。
いずれの作品も、アメリカ感覚?で日本人感覚とのズレは大きい感じがする。
1本目は、セックスだけのカンケイからスタートするカップルの話。
2本目は、女性カップルでそれぞれが人工授精で産んだ子供がいる話。
日本では寡聞な設定?だと思う。
アメリカはすすんでるなあ。ホントに?

(C) 2011 DW Studios L.L.C. All Rights Reserved.画像
英題: NO STRINGS ATTACHED
製作年: 2011年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年4月22日
上映時間: 1時間50分
配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン

監督: アイヴァン・ライトマン

キャスト
エマ☆ナタリー・ポートマン
アダム☆アシュトン・カッチャー


【ストーリー】
週80時間も働いていて、恋をしている余裕もない医師のエマ(ナタリー・ポートマン)。
ある日、その場の勢いで男友達のアダム(アシュトン・カッチャー)と一線を越えたエマは、その気になったアダムにセックスだけの関係を持ちかける。
ハードな仕事の合間を縫い、抱きたいときだけアダムをメールで呼び出すエマだったが……。

【感想】
興行収入
 アメリカ: $70,662,220 49.6%
+ その他: $71,914,000 50.4%
------------------------------
=全世界 $142,576,220
制作費は25百万ドルだから回収終了。
かなりもうかった作品。(笑)

冒頭のシーンから画面にひきこまれる展開。
少年・少女のころのエマとアダムがキャンプか何かで出会う。
バックには、カラーミーバッドのムーディーな “I wanna sex you up” が流れている。
そこでかわされる会話がなかなかショッキングで面白い。
つかみは上々である。

上記ストーリーの通りエマはアダムにセックスだけのカンケイを持ちかける。
その後の展開は読み筋通り。
あっちに行ったり、こっちに行ったりするけど最後はどうなるのか?
そこまで書いてしまうとつまらないので言~わない。
①アダムがエマをふる
②エマがアダムをふる
③めでたしめでたし
さて、どうなるでしょう?
設定は厳しい(笑)けど結構面白い作品でした。

2本目はアネット・ベニングがアカデミー主演女優賞ノミネートの “キッズ・オールライト”。

(C) 2010 TKA Alright, LLC All Rights Reserved.画像
英題: THE KIDS ARE ALL RIGHT
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年4月29日
(渋谷シネクイント ほか)
上映時間: 1時間47分
配給: ショウゲート

監督・脚本: リサ・チョロデンコ

キャスト
ニック☆アネット・ベニング
ジュールス☆ジュリアン・ムーア
ポール☆マーク・ラファロ
ジョニ☆ミア・ワシコウスカ
レイザー☆ジョシュ・ハッチャーソン
ヤヤ・ダコスタ


【ストーリー】
同じ父親を持つジョニ(ミア・ワシコウスカ)と弟レイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)は、それぞれの母親と一緒に仲良く幸せに暮らしていた。そんなある日、自分たちの父親ポール(マーク・ラファロ)の存在が気になり始めた姉弟は、2人で彼を訪ねる。そのことがそれぞれの母親ニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)に知れたことから、家族の関係がきしみだす。

【感想】
興行収入
 アメリカ: $20,811,365 60.0%
+ その他: $13,894,485 40.0%
------------------------------
= 全世界: $34,705,850
制作費は4百万ドルでこちらも回収完了。 

アネット・ベニングがアカデミー主演女優賞にノミネートされたことでも話題の本作。
観た感じでは、やはり “ブラック・スワン” のナタリー・ポートマン受賞が妥当。
作品自体も “ブラック・スワン” の方が良かった。

同性婚のニックとジュールスという設定から日本ではちょっと。
(日本でも)いるのかもしれないけど、まわりにそんな人は一人もいない。
さらに、それぞれが人工授精で一人ずつ子供を産んでいる。
感情移入して観るのには厳しい設定だ。
映画の中のお話とはいえ、ちょっと現実離れしていてついて行き難い面はある。

以下ネタバレしますので、まっさらな状態で観たい方はパスしてください。

    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・

ジョニが18歳になったのを機に、レイザーの提案で二人の遺伝学上の父であるポールを突き止める二人。
二人はポールに会いに行き、ニックとジュールスも含めた家族とポールの付き合いが始まる。
ポールはジュールスにガーデニングを依頼し、その仕事を通じて関係を深めていく。
ジュールスとポールは目出度く男女の関係になり、ニックとの三角関係がこじれる。

世の中の大部分をしめるストレートな人々から見れば、自然な流れといえよう。
ところが、この後ジュールスはポールと別れニックと復縁してしまうのだ。
これでは、恋人と別れてまでジュールスと一緒になろうとしたポールが不憫である。
なんちゅう終わり方だと思ったが、これは監督の願望なんですね。
なにしろ監督のリサ・チョロデンコ自身が同性婚らしいから。
それにしても、アメリカはすすんでる?なあとあきれて見終わりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

SUZU
2012年02月11日 13:17
キッズ・オールライトは、やっぱり日本ではなかなか受け入れられにくい設定ですよね。出演者は魅力的でしたが、いまいち内容についていくのが難しいと思いました。
まっつぁんこ
2012年02月11日 16:32
SUZUさんコメントありがとうございます。
設定はやはり日本では一般的ではありませんよね。
金があれば代理母だの体外受精だのはアリでしょうが、同姓婚はないもんね。
アメリカの後をスムーズに辿れるよう心の準備を整えるための映画といったところでしょうか?(笑)
zebra
2014年02月04日 10:11
DVDでみました。
それにしてもアネット・ベニング、老けましたねえ。シワが増えて。 ジュリアン・ムーアもいい年になった感じです。シミ・ソバカスが目立つタイプのようです

アネット演じたニック曰く
「家族がほしければ自分で作れ!」・・・
まあ そのとおりですがね。でもいいかえるなら

「ジュールズ(ジュリアン)を貪る権利があるのは私だけだ!私だけがジュールズの肉体を私の体臭フェロモンつけまくっていいんだ! それを てめえのペ〇スをズボズボつっこんで臭いをつけやがって・・・ジュールズのパートナーである ワ タ シ をなめてんのか!ジュールズのマ〇コに誓っても ゆるさぁぁぁん(激怒)」・・・これが正確なセリフです (たぶん・・・)

あっ そうか! そのセリフを言わなかったから アカデミー賞逃したんだな~ アネット残念!

この記事へのトラックバック

  • キッズ・オールライト / THE KIDS ARE ALL RIGHT

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click ママが二人!突然現れた遺伝子だけのパパ! レズビアンカップルの子供たちとの家庭に起きたあるドラマをユーモア込めて描く。 .. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-04-19 10:56
  • 「キッズ・オールライト」ごくごく普通の(?!)“ホーム・ドラマ”

    Excerpt:  『奥様の名前は、ジュールス。そして、旦那様の名前はニック。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。でも、ただひとつ違っていたのは、2人とも…女性だったのです…(^^;』第68.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2011-04-21 21:43
  • 抱きたいカンケイ / No Strings Attached

    Excerpt: アシュトン・カッチャー&ナタリー・ポートマン 「抱きたいカンケイ」ってより「ヤリたいカンケイ」って感じですが~ 原題の「NO STRINGS ATTACHED」意味は 感情抜きの束縛しない関係.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-04-22 21:18
  • 抱きたいカンケイ

    Excerpt: 『ブラック・スワン』でアカデミー賞主演女優賞を獲ったナタリー・ポートマン主演作品。同時に製作総指揮も務めている。本国では1年後の公開だが日本ではこちらが先に公開になった。セックスフレンドと割り切ったカ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-04-23 00:55
  • 抱きたいカンケイ【劇場鑑賞】

    Excerpt: 抱きたいカンケイを見てきました。 15年前のサマー・キャンプの夜、14歳のエマは親の離婚で落ち込みながらも言い寄って来たアダムをはねつける。 それから何度か偶然の再会を重ねるが、決して.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2011-04-23 16:12
  • 映画レビュー 「抱きたいカンケイ」

    Excerpt: 抱きたいカンケイ  原題:No Strings Attached 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 セックスフレンドから発展し、恋に落ちる2人を描くちょっと.. Weblog: No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) racked: 2011-04-25 01:26
  • 抱きたいカンケイ   NO STRINGS ATTACHED

    Excerpt: 男女の関係は身体が先か心が先か、その問題をユーモラスに描いた楽しい映画だ。電話やメールで結びついていても直接話をしないとしっかりした関係にならないというオチは、ネット社会の教訓になる。 Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-04-28 21:24
  • 抱きたいカンケイ NO STRINGS ATTACHED 劇場パンフレット 映画チラシ ナタリー・ポートマン

    Excerpt: ●『抱きたいカンケイ NO STRINGS ATTACHED』2011年4月22日公開。ナタリー・ポートマン 映画チラシ評価 ■硬さ度■★★★() ■扱い度■★.. Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ racked: 2011-04-29 00:19
  • キッズ・オールライト

    Excerpt:    『キッズ・オールライト』  (2010) ニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)は長年連れ添ってきたレズビアンのカップル。 結婚しているふたりには.. Weblog: サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村 racked: 2011-04-29 22:46
  • 抱きたいカンケイ

    Excerpt: 「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンと「キス&キル」の アシュトン・カッチャー共演で贈るラブ・コメディ。ふとしたはずみで 一線を越えてしまった幼なじみの男女が、お互いに干渉しない体だけの ド.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-04-30 22:28
  • キッズ・オールライト

    Excerpt: 両親は母二人?!レズビアンの母二人と姉弟というちょっと変わった4人家族を描いたヒューマンドラマ。主演は『愛する人』のアネット・ベニングと『シェルター』のジュリアン・ムーア。アネットは本作で2010年の.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-05-03 00:41
  • 抱きたいカンケイ

    Excerpt: 評価:★★★【3点】(13) アシュトン・カッチャーを初めて認めた記念すべき作品に。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2011-05-04 01:22
  • 抱きたいカンケイ(2011)☆★NO STRINGS ATTACHED

    Excerpt:                           Tジョイ京都にて鑑賞。 ようやく鑑賞しました。セックスフレンドなるものって本当になりえるのでしょうか?アシュトン演じるアダムのご近所の犬を連れて散.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2011-05-04 20:50
  • 『抱きたいカンケイ』

    Excerpt: 今から15年前のサマー・キャンプの夜。14歳のエマは言い寄って来たアダムをはねつける。エマ(ナタリー・ポートマン)とアダム(アシュトン・カッチャー)、それが初めての出会いだった。それから何度か偶然の再.. Weblog: beatitude racked: 2011-05-05 00:25
  • キッズ・オールライト

    Excerpt: レズビアンカップルのニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)は、 同じ男性の人工授精で生まれた18歳のジョニ(ミア・ワシコウスカ)と、15歳のレイザー(ジョシュ・ハッチャーソ.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2011-05-07 00:33
  • 映画:キッズ・アー・オールライト The Kids Are All Right ちょっと変わった形の 「家族ドラマ」

    Excerpt: NYで買ってきたDVDをあわてて鑑賞。 なぜなら明日アカデミー発表前に主要部門の受賞者を、勝手に大予想! してみようと思っているので。 この作品、作品賞、オリジナル脚本賞、主演女優賞(アネット・ベニン.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2011-05-07 10:08
  • キッズ・オールライト

    Excerpt: キッズ・オールライト ★★★★★(★満点!) レズビアンカップルのニック(アネット・ベニング)とジョールズ(ジュリアン・ムーア)は、一人の精子提供者から一人ずつ娘ジョニ(ミア・ワシコウスカ)と息.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-05-07 10:13
  • 『キッズ・オールライト』:新しくて古い家族の形 @ロードショウ・シネコン

    Excerpt: 新しい家族のスタイルをとっているが、その実、そう新しくはない。それほど変わっていない。 まあ家族とはこんなものだよ、という映画。 Weblog: りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど racked: 2011-05-08 10:43
  • 映画「キッズ・オールライト」新しい形の家族のホームドラマ

    Excerpt: 「キッズ・オールライト」★★★☆ アネット・ベニング 、ジュリアン・ムーア、 マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、 ジョシュ・ハッチャーソン、ヤヤ・ダコスタ出演 リサ・チョロデンコ監督、 107分.. Weblog: soramove racked: 2011-05-08 21:14
  • 映画レビュー 「キッズ・オールライト」

    Excerpt: キッズ・オールライト  原題:The Kids Are All Right 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 現代のレズビアン・カップルの家族を描いたファミ.. Weblog: No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) racked: 2011-05-10 00:06
  • 『キッズ・オールライト』(2010) / アメリカ

    Excerpt: 原題: THE KIDS ARE ALL RIGHT 監督: リサ・チェンデンコ 出演: アネット・ベニング 、ジュリアン・ムーア 、ミア・ワシコウスカ 、マーク・ラファロ 、ジョシュ・ハ.. Weblog: Nice One!! racked: 2011-05-10 21:14
  • 家族のカタチ

    Excerpt: 6日のことですが、映画「キッズ・オールライト」を鑑賞しました。 レズビアンカップルとそれぞれの子どもたちの家族 そこに2人の遺伝子学上の父親が現れて・・・ ホームドラマ、ドラメディ レズビアンカ.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-05-14 17:19
  • 映画『キッズ・オールライト』を観て

    Excerpt: 11-32.キッズ・オールライト■原題:The Kids Are All Right■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:107分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月6日、TOHOシネマズ・シャンテ.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2011-05-29 23:07
  • 2011年5月 鑑賞記録

    Excerpt: 5月1日(日)『抱きたいカンケイ』 なんだか、早くも忘れつつあります(笑) この記事書いてるのって鑑賞後1週間も経ってないんですが・・・ (゜_゜) みなさんのネタばれブログ(ごめーん)見ながら思い.. Weblog: Nice One!! racked: 2011-06-04 07:11
  • 「キッズ・オールライト」、うちの家にはママが二人

    Excerpt: ここ1ヶ月の間にアネット・ベニング出演作品を二本観た。 両方とも責任感が強く強引で、それゆえ家族にとっては重荷に思えてしまう そんな役柄だったが、上手い役者さんだ。 まずは「キッズオールライト」.. Weblog: カサキケイの映画大好き! racked: 2011-06-16 20:24
  • 抱きたいカンケイ

    Excerpt: NO STRINGS ATTACHED/11年/米/108分/ロマンス・コメディ/PG12/劇場公開 監督:アイヴァン・ライトマン 製作:アイヴァン・ライトマン 製作総指揮:ナタリー・ポートマン 出.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-09-27 01:00
  • 抱きたいカンケイ

    Excerpt: 【NO STRINGS ATTACHED】 2011/04/22公開 アメリカ PG12 108分監督:アイヴァン・ライトマン出演:ナタリー・ポートマン、アシュトン・カッチャー、ケイリー・エルウィ.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-10-25 12:51
  • キッズ・オールライト

    Excerpt: 中年ゲイカップルというのはあっても、中年レズビアンカップルというのはちょっと珍しいかな。同じ精子提供者との間にそれぞれが産んだ子供2人と4人で楽しく生活していたが、精子提供者である「父親」に興.. Weblog: いやいやえん racked: 2011-12-14 08:42
  • キッズ・オールライト

    Excerpt: ブログネタ:2012年楽しみなこと 参加中 脚本ゼミのメンバーで作る、 映画を観る会で作品を決めるのが私の番であった時、 他の作品を選んでから、この作品を知りました。 こちらを先に知っ.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2012-01-09 21:27
  • 【映画】キッズ・オールライト

    Excerpt: <キッズ・オール・ライト を観ました> 原題:The Kids Are All Right 製作:2010年アメリカ なかなか評判の良かった作品。 とは言っても、私はあまり.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2012-02-11 13:18
  • 「抱きたいカンケイ」

    Excerpt: 「水曜日のエミリア」に続いて、ナタポー映画を、もういっちょ。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2012-12-13 00:20