エンディングノート

『エンディングノート(映画)』9月7日@シネマート六本木。
東京新聞の試写で長女を除く4人で鑑賞。
応募はがきに“3人の娘の父親です”と書いたら電話がかかってきた。
取材依頼だったのでいいですよと答え4人で行くことになった。
取材といっても、映画みてアンケート書いて写真を撮っただけ。
何かの足しになったのだろうか?はなはだ疑問である。(笑)

(C) 2011「エンディングノート」製作委員会画像
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2011年10月1日
上映時間: 1時間29分
配給: ビターズ・エンド

監督: 砂田麻美
プロデューサー・製作: 是枝裕和
音楽: ハナレグミ

キャスト
砂田知昭


【ストーリー】
2007年、高度経済成長期に段取り命で働いたサラリーマンの砂田知昭が、40年以上勤めた会社を67歳で退職。
第二の人生を歩み始めた矢先、毎年欠かさず受けていた健康診断で胃ガンが見つかり、すでにステージ4まで進行していた。
そこで砂田は人生最期のプロジェクトとして段取りの集大成、“エンディングノート”の作成に取り掛かる。

【感想】
個人的にも他人事でないテーマだ。
既に親に対する癌告知に立ち会った経験あり。
自分自身が癌告知をうける可能性も高い。

20年前に父親が東大病院で癌の診断をうけた。
まず家族で、「潰瘍ですから切って治しましょう」と説明をうけた。
その後、母と私の二人だけで本当の診断を聞いた。
「S状結腸癌が大きくなり重みで骨盤に落ちている。
相当痛いはず。
肝臓に転移もある。」というもの。
昭和ひとけた世代の父はまだ60歳前だった。
ひたすら働いただけで、それでこんな事になるのかと目の前が真っ暗になった。
一睡もできずに、次の日は日本武道館で将棋の職域対抗団体戦に臨んだ。
勝勢になりながら、もたついてなかなか決着をつけられなかった。
頭の中は将棋どころの騒ぎでないのが実態だったのだ。
しばらく武道館の天井をながめて気を落ち着かせなんとか勝ちきった。
これを勝ち切ればおやじもなんとかなるだろうなんて念をかけながら。
その後、父は高校の先輩でもある武藤徹一郎先生の執刀で手術をうけて完治。
ほとんどの癌は転移があるとダメだが、S状結腸癌は数少ない助かる癌のひとつだ。
そんな経験がスローガン「命短し遊べよおやじ」につながっている。

この映画の主人公砂田さんは、67歳まで働き取締役にまで昇進して新聞に死亡公告が載るような方。
残念ながら助からない癌だった。
したがって亡くなってしまうのだが、映画はお涙頂戴ものではまったくない。
人が死ぬのにこの明るさは何だ?と思うくらい。
それは、ひとえに、砂田さんの人柄だろう。

印象に残ったのは、死の直前の病床での砂田さんの姿である。
病床を見舞ってくれた親友にたいし
「彼とは昔から気が合うんだ。
毛が無いところが。」
最期に近い状況で主治医の先生に
「わたくしごとでごめいわくをおかけして申し訳ありません。
本当にありがとうございました。」

私も会社で数多くのお偉方をみてきたけど、砂田さんには彼らに無いものがあった。
たくさんあると思うけど、ワタシ的に大きくふたつにまとめると以下のふたつだ。

①ユーモア

②感謝の気持ち

特に大きく欠けていると思うのは①。
どんな時でも、このふたつを忘れずにいけば明るく生きていけるだろう。
他人はともかく、私は常にこのふたつを心がけようと思った。
わたしの場合、どちらかと言えば②の方が努力しないと出来ない項目である。

終映後、砂田麻美監督への質問タイムがあった。

「娘がいるけどあまり口利いてもらえない。
どうすればよい関係が築けるかアドヴァイスを。」

監督の回答は
「私はお父さん子だったけど反抗した時期もあった。
ただ、父は約束を守る人だったのでいい関係が崩れることはなかった。」
というようなものだったと思う。
メモ取らなかったので正確ではないが、約束を守るのはたしかに大切だと思ったので付記しておきます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エンディングノート

    Excerpt: 是枝裕和監督の弟子である砂田麻美監督が、ガン宣告を受けた自身の父と遺される家族との最期の日々をカメラに収めたドキュメンタリーだ。熱血営業マンとしてならした砂田知昭さんは、自らの死までの段取りをエンデ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-10-02 19:48
  • 『エンディングノート』

    Excerpt: 実直な生き様のそのままに、 自らの死に様を整える<終活>は寧ろ愚直なまでに。 これが本当のハッピー・エンディング・ストーリー! 『エンディング・ノート』 2011年/日本/8.. Weblog: シネマな時間に考察を。 racked: 2011-10-07 12:55
  • エンディングノート・・・・・評価額1700円

    Excerpt: 娘の声で綴られる、亡き父の最期の旅立ち。 「エンディングノート」とは、遺言状ほど肩肘張らない、自らの死を如何に迎えるかに関する覚書の様な物。 戦後日本を支え、世界有数の豊かな国に育て上げた、所謂... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2011-10-17 21:19
  • 「監督」と「娘」が同居する映画って・・・~「エンディング・ノート」~

    Excerpt: http://www.1101.com/ending-note/index.html ↑これは、ほぼ日刊イトイ新聞のリンク。 この映画をサポートしたプロデューサー是枝監督と糸井重里の 対談がはじまった.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2011-10-18 00:34
  • 天国への段取り~『エンディングノート』

    Excerpt:  日本の高度成長期を支え、「会社大好き」 「段取り命」 の熱血サラリーマン だった父・砂田知昭。67歳で退職した直後、進行性の胃ガンを宣告される。余命 半年。彼は自分の「死」 さえも段取ろうと.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-11-21 10:31
  • 『エンディングノート』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「エンディングノート」□監督 砂田麻美 □キャスト 砂田知昭■鑑賞日 11月19日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-11-29 12:39
  • エンディングノート(2011-107)

    Excerpt: わたくし終活に大忙し いきなり関係ないけど Google日本語入力、しゅうかつが変換できるんですね・・・・ がんの宣告を受けた監督の父を追ったドキュメンタリーだそうです。 公開時期ではエン.. Weblog: 単館系 racked: 2011-12-13 00:05
  • エンディングノート

    Excerpt: 自分らしく自分を完結するための‘段取り’。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2012-01-11 16:35
  • エンディングノート

    Excerpt: 遅れながらも劇場で観ることができた作品 この映画はブログやツイッターでもかなり評判になった映画 解説 熱血営業マンとして働き続け67歳で退職したサラリーマンが、 第二の人生を.. Weblog: A Day In The Life racked: 2012-02-05 21:21
  • 「エンディングノート」 (2011 ビターズエンド)

    Excerpt: 砂田知昭。 医者の息子として愛知県の田舎に生まれ、化学関係の会社に就職。営業マン Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2012-03-22 21:19