キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー@よみうりホール。
10月7日に試写会で鑑賞。
今週は6日を除いて(?)毎日よみうりホールで試写会やっていた。
3日4日5日と3日分の試写状をゲットしたが全部ムダにした。(笑)

(C) 2010 MVLFFLLC. TM & (C) 2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.画像
英題: CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER
製作年: 2011年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年10月14日
(丸の内ルーブル ほか)
上映時間: 2時間4分
配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン

監督: ジョー・ジョンストン

キャスト
スティーブ・ロジャース☆クリス・エヴァンス
ペギー・カーター☆ヘイリー・アトウェル
チェスター・フィリップス☆トミー・リー・ジョーンズ
バッキー・バーンズ☆セバスチャン・スタン
ジョアン・シュミット☆ヒューゴ・ウィーヴィング
アーニム・ゾラ博士☆トビー・ジョーンズ
エイブラハム・アースキン博士☆スタンリー・トゥッチ
ニック・フューリー☆サミュエル・L・ジャクソン
ハワード・スターク☆ドミニク・クーパー


【ストーリー】
第2次世界大戦中の1942年、スティーブ(クリス・エヴァンス)は、各地に進攻するドイツのヒドラ党と戦うことを望んでいた。
もともと病弱な彼は入隊を何度も却下されていたが、ある日、軍が秘密裏に行う「スーパーソルジャー計画」という実験に参加することになる。
その実験の被験者第1号に選ばれた彼は、強じんな肉体を持つ「キャプテン・アメリカ」へと変ぼうを遂げる。

【感想】
いつものアメコミ作品。

可もなし不可もなし!(笑)

ストーリーを要約するといつも一緒で下記の通り。
実に安定している。

①ヒーローの登場
②敵役の登場
③ヒーローが敵役と戦う
④苦戦するも敵を倒す

最初から最後まで予定調和の世界である。
いつもの①から④が観たいという人限定の映画だ。
あとは、見せ方次第、舞台設定とヒーローの魅力度次第といったところ。

この映画のクリス・エヴァンスはどうか?
わたしはいまいち平凡に感じてしまった。
敵役のヒューゴ・ウィービングは良かった。
レッド・スカルになっちゃってからはいまいち(笑)

あと、キーアイテムの立方体の物体。
あれが何なのかよくわからなかった。
決着のつき方も納得できなかった。
ちゃんとキャプテン・アメリカとレッド・スカルが戦って決着つけないと!

来年はアベンジャーズが公開される。
アメコミ作品ファンはこの作品も含め、全部おさえておかないとダメであろう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

mig
2011年10月10日 22:56
まっつあん☆
アメコミは好きなのにこれは面白い部分がなかったなぁ。ポチしますね。

いつも猫目RT感謝です!
東京国際映画祭で 虎太郎主演3,11の作品でグリーンカーペット歩くかもみたいです☆
rose_chocolat
2011年10月11日 14:39
あらここもみんな同じとこだったんだ。

何と言うか、これ安心して見ていられるっぽいよね。ある意味。
つなぎ? でも私はまあまあ楽しかったけど。
まっつぁんこ
2011年10月11日 22:23
migさん こんばんは!
「面白い部分がなかったなぁ。」厳しいなあ(笑)ポチありがとう!
つぎの猫目企画楽しみにしてますよ!
まっつぁんこ
2011年10月11日 22:25
rose_chocolatさん こんばんは!
今日はどうもでした!(笑)
これはファースト・アベンジャー ですから、真打の登場に期待しましょう。
maki
2012年02月25日 09:58
ある意味王道の作品、大味気味でしたけれど、主人公のまっすぐな正義感は好感がもてるものでしたね
私もボスの最期には拍子抜けしました
確かにちょちょっと戦いはしましたけど、あれだけ?って。
それに、人間姿のときのほうが魅力ありましたね
まっつぁんこ
2012年02月25日 17:47
makiさんこんにちは!
今日王様のブランチでDVDが紹介されてました。
クリス・エヴァンスは当然ですけどマッチョな方が本物なんですね。
日本ではあんまり話題にならなかったので、次回作はてこ入れしてヒット狙って欲しいと思います。

この記事へのトラックバック