キツツキと雨

キツツキと雨@東京国際映画祭。

(C) 2011「キツツキと雨」製作委員会画像
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2012年2月11日
配給: 角川映画
公式サイト:http://kitsutsuki-rain.jp/

監督・脚本: 沖田修一

キャスト
克彦☆役所広司
幸一☆小栗旬
高良健吾
臼田あさ美
古舘寛治
嶋田久作
平田満
伊武雅刀
山崎努


【ストーリー】
小さな山あいの村にやって来たゾンビ映画の撮影隊。
なぜだか手伝うことになった木こりの克彦(役所広司)は、プレッシャーに弱く使えない新人監督の幸一(小栗旬)にイライラする。
しかし、幸一は克彦との交流で自分を取り戻していき、二人のいい関係がイマイチかみ合わなかった撮影現場にも不思議な影響を与え始め……。

【感想】

上映前に沖田修一監督、役所広司、小栗旬による舞台挨拶。
初共演の印象をきかれ、役所は
「もっとやんちゃ小僧で聞かない奴だと思っていたが、とってもオトナ。びっくりした。」
小栗も
「いい意味で普通のおじさんだったのでびっくりした。」
通訳がおじさんを old man と訳したのに対し、役所が
「ちゃんと海外の人にうまく伝わっているんだろうか?」
とツッコミを入れて場内が湧いた。
沖田監督の緊張をほぐすためか小栗が
「実は監督、今日舞台挨拶で着るために準備してきた上着を電車に忘れてきてしまった、」
と暴露。
新調したスーツだったとのこと。
今着ている上着は六本木ヒルズで買ったと監督が言っていた。

(ツケタシの映画感想)
映画は冒頭役所広司がチェーンソーで木を切り倒し、枝打ちのため杉の木に登るシーンでスタート。
何気ないシーンだが、これ大変だったろうなと思いながら観た。
つかみは上々である。
その後も面白いシーンが多い。
特に役所と小栗の二回の風呂場シーンが秀逸。
初めは役所のほうが小栗に寄っていき小栗が逃げる。
二回目は逆。実に面白かった。

終映後は沖田監督のティーチインが予定されていたが、小栗旬もヒマだったので来てしまったと言って再登場。
ファンには嬉しいサプライズ。司会は事務局の谷田部さん。

最初に事務局からの質問 “映画作りの映画を作ろうと思ったきっかけ、発想は?”

沖田監督 
数年前に映画を皆で作り上げる時間を共有したときに思いついた。
自分が一番知っているのは映画作り。
そういうのを映画に持ち込みたいという思いがあった。

次も事務局から小栗旬へ “監督役のオファーをうけての感想は?”
小栗旬
撮影の一年半前に自分も監督をやりました。
まさか自分に新人監督役が来るとは思いませんでした。
面白そうだなと思った。
台本を読んだら面白かったので楽しみでした。

次からは観客からの質問。たくさん手が挙がる。

Q1 お気に入りのシーンは?
沖田監督
後半の、幸一がお風呂に入ってくるところ。
幸一が克彦に近づいていくシーンで、逃げてと頼んだら役所さんが早く逃げておかしかった。
小栗旬
車の誘導のシーンで仕事仲間が来るところ。
克彦はやりすごそうとするけど“克さんカゼ大丈夫?”と言われるシーン。
すごく笑いました。

Q2 あんみつのシーンが転機だと思いました。アドリブに感じたけど台本通りだったのでしょうか?
沖田監督
基本は台本通り。
カットかけないでいると俳優さんたちが演技し出したところもある。
みつをかける量などアドリブが多少はいっている。
小栗旬
台本上ないのにカットがかからなくて困る。
台本には、“幸一うめーと言ってもくもくと食べ始める”としか書いてない。
カットかからないから、「もう少しかけましょうか」と言ってみつをかけたらすごく甘くなってしまった。
(克彦から)台本を返してもらうシーンでは、台本、台本と二回言って終わるはずなのにカットがかからなくて何度言ったらわかるんだろうと思った。

Q3(小栗旬へ)俳優と監督どちらが合っていると感じましたか?
小栗旬
うーん、あーあの、正直言ってどっちも合ってないと思います。
いまだに別の何かできることを模索中です。

Q4 恥ずかしくて監督の椅子に座れないというシーンがありましたが沖田監督も座りにくいですか?
沖田監督
いや、椅子にはあまり座らない。監督用の椅子というのは言葉がある。
文字道具のひとつ。
幸一は監督の椅子に座らず木にもたれて座り、監督の椅子に克彦がすわる。
そして克彦は結局もっと恥ずかしい椅子を作るんです。
司会からの質問“田辺監督は沖田監督に似てますか?”
沖田監督
小栗さんなりの幸一でと言ったのに、だんだん似てきた。
小栗旬
口の肉噛むの幸一もやってる。
山崎努さんのシーンでカメラの横で祈るシーン。
別のシーンで沖田監督が同じことやっていた。
使わせてもらおうと思った。
目の前に良いお手本がいたのでどんどん盗ませてもらいました。

Q5 岐阜県はどこがマッチしましたか?(この質問をしたのは映画の中で幸一と克彦にあんみつをだしたおばさん)
沖田監督
ロケハンに言った時の合言葉は“いるね!克彦”。
あっ、ここ、克彦いるわ。
林業さびれて荒れたところはゾンビ映画撮れる、ちょっと語弊あるがそう感じた。

Q6 食事のシーンにこめた意味はありますか?
沖田監督
すごく強いこだわりはない。
南極料理人の時は生きるために食うしかなかった。
食べるところを撮るのは好き。
コミュニケーションの時は食べていたいと思う。
意識はあまりない。

質問者は全員が女性だった。
男性客も多く、手を挙げていた人もいたのに。
矢田部さん、それはないだろう!(笑)

最後にひとこと。

小栗旬
ヒマだったので来ちゃった。
映画良かったら面白かったと伝えてください。

沖田監督
一般のかたに観てもらうの初めてで緊張と不安で足がくがくです。
今日は観てもらって嬉しかった。
2月公開なので気に入ったらすすめてください!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

KLY
2012年02月14日 16:37
へぇ、あんみつのあの後半のところはアドリブだったんですね。役所さんが「全部かけろ全部!」とか言ってたのがやけに自然に聞こえたんでもしやと思ってたんですが(笑)
チェーンソーは役所さんプライベートで持ってて使ってるんですって。山荘だか持ってて、行くとそれで切ったりしてるんで慣れてたんだそうな。スゲー役者ですなぁ。
まっつぁんこ
2012年02月14日 18:33
KLYさんこんばんは!
KLYさんの採点結構厳しかったような気が・・・
わたしは4.5点です。
チェーンソーは相当練習しないと使えないはず。プライベートで持って使ってるとは夢にも思いませんでした。ホント凄い役者ですね。
ほし★ママ。
2012年02月15日 21:04
はじめまして。
大好きな作品だったので、映画祭レポートをとっても楽しく読ませて頂きました。
どうも有り難うございました。
まっつぁんこ
2012年02月15日 22:44
ほし★ママ。さんこんばんは!
最近は舞台挨拶があっても省略してますが、この時は珍しく面白かったのでレポートしてみました。
この映画はほんと良い映画ですよね!
kazu
2012年02月16日 23:54
こんばんは

舞台挨拶つきの試写会だったんですね。
いいなぁ~
風呂場シーンよかったですね。
見ていて楽しかったです。
あんみつシーンも印象的でした。
詳しいレポートありがとうございました。
楽しませてもらいました。
まっつぁんこ
2012年02月17日 08:05
kazuさんおはようございます。
東京国際映画祭コンペティション部門の上映で、監督のティーチインつきでした。
いちいち英語の通訳が入るのが玉に瑕(笑)
“キツツキと雨”色々面白いシーンがある映画だと思います。
rose_chocolat
2012年03月06日 01:23
私もこれ★4.5。
沖田監督、前作よりもこっちの方が断然いいと思います。
ゾンビ映画も十分計算された役割でしたね。
まっつぁんこ
2012年03月06日 22:42
rose_chocolatさん
南極料理人も捨てたもんじゃないですよ(笑)
オリジナルで勝負する数少ない監督なので応援したいですね。

この記事へのトラックバック

  • キツツキと雨

    Excerpt: 『南極料理人』でヒットを飛ばした沖田修一監督最新作。今回の舞台は山間の小さな山村だ。そこで林業を営む男と、そこにゾンビ映画を撮りに来た新人監督が何故か心を通わせていく姿をハートフルかつユーモアたっぷ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-02-14 11:56
  • キツツキと雨

    Excerpt: 公式サイト。沖田修一監督、役所広司、小栗旬、高良健吾、臼田あさ美、古舘寛治、嶋田久作、平田満、山崎努、 りりィ、伊武雅刀。岐阜県の山奥を行く明知鉄道付近でロケする映画ク ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2012-02-14 18:55
  • キツツキと雨

    Excerpt: 地元民の協力の元に作った映画ってこんな風なのかな。 いい加減あらすじ 60代の岸 Weblog: 映画感想メモ racked: 2012-02-14 19:31
  • キツツキと雨

    Excerpt: 試写会で観ました。 【予告orチラシの印象】都会に疲れた小栗君が、田舎でダラダラ Weblog: うろうろ日記 racked: 2012-02-14 20:14
  • 『キツツキと雨』

    Excerpt: ----確かこの映画って、 去年の東京国際映画祭で話題になっていた作品だよね。 「そう。 『南極料理人』で一躍脚光を浴びた沖田修一監督作品。 もとより、映画祭は映画が好きでたまらない人々の祭典だか.. Weblog: ラムの大通り racked: 2012-02-14 21:01
  • キツツキと雨

    Excerpt: キツツキと雨(役所広司、小栗旬出演) [DVD]クチコミを見るきこりと新人監督との異業種交流を描くハートウォーミング・ドラマ「キツツキと雨」。時に非常識で傍若無人な映画作りの妙 ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2012-02-14 22:01
  • キツツキと雨/役所広司、小栗旬

    Excerpt: 「木こり」って言葉、久々目にした気がするし、こうしてタイプするのもかなり新鮮な気分ですね(笑)。人里離れた山村にゾンビ映画の撮影にやってきた自信なさげな新人映画監督が木 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2012-02-14 22:09
  • キツツキと雨

    Excerpt: べとべとの駒。重すぎる椅子。あんみつ半分こ。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2012-02-14 23:24
  • 『キツツキと雨』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「キツツキと雨」□監督・脚本 沖田修一 □脚本 守屋文雄 □キャスト 役所広司、小栗旬、高良健吾、臼田あさ美、古舘寛治、嶋田久作、平田満、伊武雅刀、山崎努■鑑賞日 2.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2012-02-15 08:19
  • 映画・キツツキと雨

    Excerpt: 2011年 日本 人里はなれた山間の村 キコリの無骨な男・岸克彦(役所広司)と映画の撮影にやって来た気弱な映画監督田辺幸一(小栗旬) 偶然出会った不器用な二人が少しずつ親交を深め.. Weblog: 読書と映画とガーデニング racked: 2012-02-15 09:35
  • キツツキと雨 2012.1.17

    Excerpt: タイトル:「キツツキと雨」 Yahoo!映画:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id340953/ 日にち:2012年1月17日(火) 場所:都内試.. Weblog: Penguin Cafeのいろいろ感想文 racked: 2012-02-15 15:39
  • 『キツツキと雨』

    Excerpt: 1月の下旬に舞台挨拶付の先行上映会のお知らせが入ったのですが あいにく、その日は「新年会」が入っていて… 3日くらいして Weblog: ほし★とママのめたぼうな日々♪ racked: 2012-02-15 21:05
  • 「キツツキと雨」

    Excerpt: 「キツツキと雨」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 2012-012 「南極料理人」の沖田修一監督が、老年の木こりと気の弱い映画監督の出会いから成長を役所広司と小栗旬の初共演で描いた作品。 「南極料.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2012-02-15 21:31
  • 映画「キツツキと雨」ただ懸命に取り組むこと、ただそれだけ

    Excerpt: 「キツツキと雨」★★★☆ 役所広司、小栗旬、高良健吾、 臼田あさ美、伊武雅刀出演 沖田修一 監督、 129分、2012年2月11日公開 日本,角川映画 (原題:キツツキと雨 ) <リンク:.. Weblog: soramove racked: 2012-02-16 07:49
  • キツツキと雨

    Excerpt: ある村で木こりとして、 暮らす男には役所広司、 気の弱い映画監督には小栗旬。 この二人の出会いから物語は始まります。 監督は沖田修一。 共演は高良健吾、嶋田久作、 平田満、伊武雅刀、山崎努… .. Weblog: 花ごよみ racked: 2012-02-16 20:01
  • キツツキと雨

    Excerpt: 人里離れた山村にゾンビ映画の撮影にやってきた青年と、そこに暮らす父親のような木こりの男のふれあいを、ユーモアを交えて描いたハートフルドラマ。監督は「南極料理人」の沖田 ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2012-02-17 10:34
  • 晴れたらいいね~『キツツキと雨』

    Excerpt:  木こりの岸克彦(役所広司)は、ある日山でゾンビ映画の撮影隊と出会う。若 く気弱な監督、田辺幸一(小栗旬)をサポートするうち、いつしか岸は撮影現場 に魅入られてゆき・・・。  役所広司と.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-02-17 12:16
  • 沖田修一・監督『キツツキと雨』或いはキコリとゾンビとカントクと。

    Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。「南極料理人」の沖田修一監督による『キツツキと雨』。脚本は沖田修一・守屋文雄。出演は役所広司、小栗旬、高良健吾、嶋田久作、平田満、伊武雅刀、山崎努、他 物語・人里離れた山.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2012-02-18 20:35
  • 「キツツキと雨」感想

    Excerpt:  「南極料理人」の沖田修一監督・脚本。役所広司・小栗旬主演。無骨な木こりと新人映画監督の、奇妙な出逢いと交流を描くハートフル人情コメディ。  映画の撮影に偶然巻き込まれ、そのままなし崩し的に.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2012-02-24 22:13
  • 木こりと監督

    Excerpt: 15日のこと、映画「キツツキと雨」を鑑賞しました。 田舎 人里離れた山村、映画撮影のために訪れた若い監督 幸一 妻が亡くなり 息子2人暮らしの木こり 克彦は撮影を手伝うはめになり・・・ なんともほ.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2012-02-25 09:48
  • 「キツツキと雨」 やるの?やんないの?

    Excerpt: 「やるの?やんないの?」 新人映画監督、田辺幸一(小栗旬さん)にカメラマンが言う Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-02-26 22:38
  • キツツキと雨

    Excerpt:  『キツツキと雨』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)この映画は、出演者の好演もあって、まずまずの仕上がりではと思いました。  といっても、新人の映画監督と木こりとが交流を深めていく中でお互い.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2012-02-28 22:00
  • 『キツツキと雨』 (2011) / 日本

    Excerpt: 監督: 沖田修一 出演: 役所広司 、小栗旬 、高良健吾 、臼田あさ美 、古舘寛治 第24回東京国際映画祭 審査員特別賞受賞作品 公式サイトはこちら。 昨年TIFFのコンペで来てたの.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2012-03-06 01:22
  • キツツキと雨(2012-025)

    Excerpt: 「南極料理人」の沖田修一監督が、無骨な木こりと気の弱い映画監督の 出会いから生まれるドラマを役所広司と小栗旬の初共演で描く。 とあるのどかな山村に、ある日突然、ゾンビ映画の撮影隊がやってくる。 .. Weblog: 単館系 racked: 2012-03-23 22:01
  • 「キツツキと雨」(2011 角川)

    Excerpt: 鶴岡まちなかキネマは文字どおり街にすっかり定着したようで、平日の一回目、しかもメ Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2012-04-12 23:50
  • キツツキと雨

    Excerpt: 監督 沖田修一 出演 役所広司、小栗旬、高良健吾、伊武雅刀、平田満、嶋田久作、山崎努  木こりの岸がチェーンソーで仕事をしていると、見知らぬ男が近寄ってきた。「ホンバン中だから静かにしてくれ」  .. Weblog: とつぜんブログ racked: 2013-01-07 20:24