聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-@東映試写室

(C) 2011「山本五十六」製作委員会画像
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2011年12月23日
上映時間: 2時間20分
配給: 東映

監督: 成島出

キャスト
山本五十六☆役所広司
玉木宏
柄本明
柳葉敏郎
阿部寛
吉田栄作
椎名桔平
益岡徹
袴田吉彦
五十嵐隼士
坂東三津五郎
原田美枝子
瀬戸朝香
田中麗奈
伊武雅刀
宮本信子
香川照之


【ストーリー】
昭和14年夏。
日独伊三国軍事同盟をめぐり、締結を強く主張する陸軍だけではなく、国民の大半も同盟に希望を見いだしていた。
そんな中、海軍次官の山本五十六(役所広司)、海軍大臣の米内光政(柄本明)、軍務局長の井上成美(柳葉敏郎)は、陸軍の圧力や世論にも信念を曲げることなく同盟に反対の立場をとり続ける。
しかし、第2次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)し……。

【感想】
面白かった。
2時間20分はあっという間に過ぎる。
涙腺を刺激されるシーンもある。

映画の内容は3つである。

①真珠湾攻撃

②ミッドウェー海戦

③ブーゲンビル上空での撃墜

山本五十六はハーバード大学に留学経験があった。
アメリカには国力が到底およばず勝てる見込みに乏しいことがわかっていた。
よって三国同盟の締結に反対。
誰よりもアメリカとは戦争をすべきでないと思っていた彼が①②を行うに至った経緯が描かれる。

根拠なく威勢のいいことを言う人物。
「いくさはやってみないとわからない」
などと気楽なこと言う海軍幹部。
そんな人たちが上層部には必ずいる。
それは現代でもまったく同じである。
会社も同じ。

「アメリカ恐れるに足りず」
と威勢のいいこと言った参謀が五十六に
「根拠は何か述べよ」
と言われて言葉に詰まるシーンがあった。
昔から日本人はロジカルシンキングが苦手だ。
理由も述べられないのに根拠のない決め付けをする。
事実やデータの収集が甘く情報を軽視する。
そのあたりのことは、次の本を読むとよくわかる。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
戸部 良一 (著) , 寺本 義也 (著), 鎌田 伸一 (著), 杉之尾 孝生 (著), 村井 友秀 (著), 野中 郁次郎 (著)
価格: ¥ 800

必読書である。
全ての戦略は戦史の中にある。
ハンニバルのカンネの戦いでほぼ全ての戦略が網羅的に理解できる。
「失敗の本質」を読めば②の戦いで南雲中将がいかにヘタレな戦いをしたかがわかる。

先の大戦では300万人の方が亡くなったそうだ。
そのうち9割は③山本五十六の戦死のあと。
②で負けは決定。
冷静に考えればその時点で降伏するのが合理的。
むだな死人を出すことはなかった。
後からならなんとでも言えると言われるかもしれない。
でも、当時でも、もう負けだからやめた方がいいと思った人もたくさんいたんじゃないかと思う。
それなのに、10倍の犠牲をはらってメチャメチャにならないと終戦できなかった。
きわめて危険なマインド。
これは昔も今もまったく変わってないと思う。
だから、何度でもこういう映画を作り、いつでも日本はまた同じ道を歩みかねないんだということを言い続けないといけない。
ちなみに、先の大戦前は5年で9人総理大臣が変わったんだそうだ。
現代日本もそこまでじゃないけど総理は変わり閉塞感が横溢。
状況は似ていると言われております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

きさ
2011年12月28日 22:37
香川照之の役に代表されるのですが、新聞が三国同盟を推進し、その結果アメリカと戦争となっても大丈夫と一般大衆を無責任に扇動した事をちゃんと描いているのはいいですね。
半藤一利が監修しているので史実的にはちゃんとしています。
ただもうちょっと大胆な脚色を入れても良かったかも。
真珠湾攻撃やミッドウェイ海戦のCGもなかなか良くできていました。
役所広司の重厚な演技はさすが。柄本明や阿部寛など一部のキャストはNHKの「坂の上の雲」と微妙に重なりますね。
まっつぁんこ
2011年12月28日 23:00
きささんこんばんは!
コメントありがとうございます。
新聞社は、いまもむかしもバカです。(笑)
しかしながら、新聞は今でもメディアの最上位に位置。
そしてその体質は不変。
いつでもまたアホなこと繰り返します。
バカなことをしでかしたことを肝に銘じ、謙虚な行動をとって欲しいもの。
よみうりの変なじじいをみると危険を感じてしまうのはわたしだけでしょうか?
「坂の上の雲」のドラマは観ていません。
阿部寛は背が高すぎて、あの時代にあんな背の高い人はいなかっただろ!(笑)なんて思いましたが、山口司令官良かったと思います。
59歳の五十六を、年齢が下の役所さんが演じきったのも見事でした。

この記事へのトラックバック