google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

わが母の記

わが母の記@よみうりホール

(C) 2012「わが母の記」製作委員会画像
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2012年4月28日
上映時間: 1時間58分
配給: 松竹

監督・脚本: 原田眞人

キャスト
伊上洪作☆役所広司
八重☆樹木希林
宮崎あおい


【ストーリー】
昭和39年。小説家の伊上洪作(役所広司)は実母の八重(樹木希林)の手で育てられなかったこともあって、長男ではあるが母と距離をとっていた。しかし、父が亡くなったのを機に、伊上は母と向き合うことになる。八重もまた消えゆく記憶の中で、息子への愛を確かめようとしていた。

【感想】
結論からいって、私はこの作品やや退屈だった。

何でなのか理由を考えてみた。

①伊上洪作(井上靖)のように母親に捨てられた?経験がないから共感しにくい。
親と離れて暮らすことになったとしても、何か理由があるだろうと賢い洪作ならわかって当然。
大人になるまで恨んで過ごしたなんて考え難い。

②もともと私小説が好きでない。
井上靖は特殊な生活を送っていて興味深いが所詮一個人レベルの話に過ぎない。

③母と子の物語で想像していたのとだいぶ違う認知症の話だった。
映画で認知症が頻繁に題材とされるが、好みでない。
私のまわりには両親親戚含め認知症は一人もいなくてこれまた経験がないから共感しにくい。

樹木希林の演技はとても良かったし、風景もきれいで良かった。

それからあとひとつ。

④セリフが聴き取りにくい。

邦画はセリフが聴き取りにくいことが結構あり、字幕をつけてくれ!と思うことがよくある。
会場の音響が悪いせいもあるのかもしれないがその点を考慮しても減点要素であることは間違いない。

google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yousan
2012年02月07日 22:59
こんばんは

セリフが聞き取りにくいんです。
そうなんですよね!
私は普段テレビでドラマを見ているときも
字幕を出しています(笑)
まっつぁんこ
2012年02月08日 13:50
yousanさん こんにちは!
この映画では、一部の人が笑ってるんだけど、何言ってたのかわからなくて何笑ってるの?というシークエンスが何度かありました。
邦画は、もっとセリフが聴き取りやすいように工夫するか、字幕を出すかどっちかにした方が良いと思います。字幕だすほうが簡単じゃない?(笑)
rose_chocolat
2012年02月18日 22:43
あれ? さっきコメントしたのにないけど?
おかしいな、認知症??笑

最近まっつぁんはコメント書くようにしてるようですね。
心境の変化ですか?
まっつぁんこ
2012年02月18日 22:56
rose_chocolatさん。
yes.
そのうちまた心境変わって書かなくなると思います。(笑)
ノルウェーまだ~む
2012年04月26日 21:25
まっつぁんこさん☆
セレブの介護は一般人のとは違ってて、あまり参考にならなそうですね。
それでもそろそろ介護も現実的な問題なので、身につまされますわ。
まっつぁんこ
2012年04月27日 21:47
ノルウェーまだ~むさん
介護なんかしてたっけ?(笑)
うちも介護は現実的な問題。一般人も安心して年が取れる世の中になってほしいものです。

この記事へのトラックバック

  • 『わが母の記』 2012年2月6日 よみうりホール

    Excerpt: 『わが母の記』 を試写会で観賞です。 樹木希林は神の演技です 【ストーリー】  昭和39年。小説家の伊上洪作(役所広司)は実母の八重(樹木希林)の手で育てられなかったこともあっ.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2012-02-07 23:06
  • 『わが母の記』 (2012) / 日本

    Excerpt: 原作: 井上靖 監督: 原田眞人 出演: 役所広司 、樹木希林 、宮崎あおい 、三國連太郎 、南果歩 試写会場: よみうりホール [ 2012年4月28日公開 ]  公式サイトはこちら。 .. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2012-02-18 21:47
  • わが母の記

    Excerpt: 井上靖が自らの家族との絆を元に書いた同名の自叙伝的小説を映画化。とある小説家が老いて記憶を失ってゆく自らの母親との関わりを中心に、その家族の姿を映し出している。主人公の小説家を『きつつきと雨』の役所.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-04-02 00:45
  • わが母の記

    Excerpt: 試写会で観ました。 【予告orチラシの印象】井上靖さんの自伝で、ぼけたお母さんの Weblog: うろうろ日記 racked: 2012-04-22 23:18
  • 映画「わが母の記」感想

    Excerpt: 映画「わが母の記」観に行ってきました。 作家・井上靖の同名小説を原作に役所広司・樹木希林・宮崎あおいが主演を演じる、高度成長期の古き良き昭和の時代を舞台とした人間ドラマ作品。 今作は本来、2012.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2012-04-26 00:14
  • 「わが母の記」究極の私小説

    Excerpt: 文豪井上靖が書いた自伝的小説「わが母の記~花の下・月の光・雪の面~」が原作。 実際に井上靖の自宅で撮影されたこともあって、普段は知る事のない昭和の文豪の生活を垣間見られるだけでなく、文豪が臆面も無く.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2012-04-26 21:14
  • 映画「わが母の記」@よみうりホール

    Excerpt:  客入りは1階席は満席、2階席は9割くらい、客年齢層は幅広い。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2012-04-27 14:58
  • 『わが母の記』 これは松竹らしいホームドラマではない

    Excerpt:  『わが母の記』は、テレビドラマ『初秋』に先駆けて原田眞人監督・脚本、井上靖原作、役所広司主演で作られた作品だ(公開時期は『初秋』の放映より後)。  この作品の注目すべき点は、まず松竹映画であるこ... Weblog: 映画のブログ racked: 2012-05-01 02:16
  • わが母の記

    Excerpt: 絶品でございます。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2012-05-01 17:35
  • わが母の記・・・・・評価額1650円

    Excerpt: 母の消えゆく記憶の中で、唯一残ったものとは・・・。 これは昭和の文豪、井上靖が母親との間に抱えた葛藤を描いた自伝的小説、「わが母の記」三部作を「クライマーズ・ハイ」の原田眞人監督が映画化した作... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2012-05-01 22:57
  • 『わが母の記』

    Excerpt: ----この映画、 ずいぶん前から試写を回していなかった? 「うん。 配給が松竹。 これは『おくりびと』と同じく、勝負に出た作品。 じっくりと、そのよさを伝えていきたいということだろうね」 --.. Weblog: ラムの大通り racked: 2012-05-02 18:01
  • 「わが母の記」息子として最期まで母親の介護を家族で全うした変わらぬ家族の絆

    Excerpt: 「わが母の記」は井上靖原作の作品を映画化したもので、年老いた母親を介護する事になった小説家の息子が孫たちや親せきと共に母親の介護をし、母親が亡くなるまで描いたストーリ ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-05-06 13:05
  • 映画・わが母の記

    Excerpt: 2012年 日本 昭和の文豪・井上靖の自伝的小説「わが母の記~花の下・月の光・雪の面」を映画化 伊上家の長男・洪作(役所広司)は幼少期に実の両親に育てられなかったことから、自分は捨てられたのだ.. Weblog: 読書と映画とガーデニング racked: 2012-05-12 09:54
  • 映画「わが母の記」

    Excerpt: 母の日に、映画「わが母の記」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2012-05-13 22:08
  • わが母の記

    Excerpt:  『わが母の記』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)本作は、前回取り上げた思想劇とも言うべき『モンスタークラブ』とは対極を成すような作品で、著名な作家とその母との人間的な関係が大層古典的に描き.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2012-05-17 21:25
  • わが母の記

    Excerpt: しんみり来る一本で、樹木希林が素晴らしかった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2012-07-01 01:20