少年と自転車

少年と自転車@ニッショーホール

(C) Christine PLENUS画像
英題: LE GAMIN AU VELO
製作年: 2011年
製作国: ベルギー/フランス/イタリア
日本公開: 2012年3月31日
(Bunkamura ル・シネマ ほか)
上映時間: 1時間27分
配給: ビターズ・エンド

監督・脚本・シナリオ・演出・製作: ジャン=ピエール・ダルデンヌ / リュック・ダルデンヌ

キャスト
サマンサ☆セシル・ドゥ・フランス
シリル☆トマス・ドレ
ガイ☆ジェレミー・レニエ
密売人☆ファブリシオ・ロンギオーネ
バーのおやじ☆オリヴィエ・グルメ


【ストーリー】
児童相談所に預けられたまま12歳になろうとしていた少年シリル(トマス・ドレ)は、いつか父親を見つけて一緒に暮らしたいと願っていた。ある日、彼は美容院を営むサマンサ(セシル・ドゥ・フランス)と出会い、ごく自然に彼女と共に週末を過ごすようになる。二人は自転車に乗って街を走り回り、ようやくシリルの父親(ジェレミー・レニエ)を捜し出すが……。

【感想】
自慢じゃないがダルデンヌ兄弟の作品との相性は悪い。
前作「ロルナの祈り Le silence de Lorna (2008)」は カンヌ国際映画祭 脚本賞を受賞。
巷間の評判もたいへん良い作品だった。
この作品に私がつけた点は10点満点の3点。
なんちゅうつまらん作品だ!と思った。
その後、「ある子供 L'Enfant (2005)」をバルト9のオールナイトイベントで鑑賞。
カンヌ国際映画祭 パルムドールを受賞したこの作品は普通に楽しめた。

2本とも主演はジェレミー・レニエ。
彼は今回の「少年と自転車」にもお父さん役で出演している。
なんとなく気になる俳優でその後の彼の出演作はすべて劇場鑑賞している。

しあわせの雨傘 (2010) 出演 ローラン
約束の葡萄畑  (2009) 出演 ソブラン・ジョドー
夏時間の庭 (2008) 出演 ジェレミー

どの作品みても、ジェレミー・レニエの印象は変わらない。
いっつも「ある子供」のブリュノみたいな感じだ。(笑)
どこかで一発イメージを変えるような演技をしてもらいたい。

で、この映画である。
新人のトマス・ドレ、これがまたジェレミー・レニエのこども版に見えた。
なかなか好演してたと思うがなんとなく一本調子。
少年シリルの変化の機微までは表現しきれていない。
そのためラストシーンがすんなり腹に落ちてこないのだと思う。

色々な出来事を総合してみると理解はできる。
が、シリルはそれまでずっと反抗的で何があっても変わらなかった。
何で今までと行動パターンが変わっちゃうの?
今までと違うターニングポイントの設定はあった。
が、前半の反抗が度を越しているだけにシリルの変化を納得させる演技が必要。

あと、もう一点。

なんでサマンサはシリルを助けるの?

恋人をふってまで。

サマンサとシリルが出会うのは診療所。
サマンサが婦人系の病気で来ていたと仮定すればなんとなく理由は推察できる。
が、あまりにも何の描写もなくて、この疑問は最後まで解消されない。
ふつうそこまでフォローしないで見放すでしょ。

そんな、こんなはあったけど「ロルナの祈り」より面白かったと思います。





少年と自転車(字幕版)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 少年と自転車(字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KLY
2012年04月04日 22:04
自分の人生を曲げてまで彼女が少年を助ける。まあきっと彼女の行き方や、少年への接し方が監督やそれを評価する方々の子供への接し方として正しいと信じていることなんじゃないですかね。私は無理っす。自分の子なら間違いなくぶん殴ってます。まあ、そんなこと言うと暴力は良くないだの、体罰反対だの言われるんでしょうけど(笑)
まっつぁんこ
2012年04月04日 22:55
私もあんなのは全然無理です。それに正しくないと確信します。最後のシリルの変節(笑)は監督の願望なんですね。だから、そんなのあるわけないだろと納得できずに観終ったのかと今わかりました。
rose_chocolat
2012年04月22日 08:59
現実に照らし合わせて考えちゃったら、この話絶対無理でしょうね。
ここまでお付き合いできるのは映画ならでは。
ただ私は犯罪を肯定している訳じゃないからね(笑)
まっつぁんこ
2012年04月22日 19:38
rose_chocolatさん
日本の現実ではあり得ない話。
外国だから可能性は上がるんでしょう。
これがカンヌでグランプリだもの。(笑)

この記事へのトラックバック

  • 『少年と自転車』 2012年3月7日 ニッショーホール

    Excerpt: 『少年と自転車』 を試写会で鑑賞しました。 意外と私好みの映画でした 【ストーリー】  児童相談所に預けられたまま12歳になろうとしていた少年シリル(トマス・ドレ)は、いつか父親を見つけて一緒に暮.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2012-03-11 12:53
  • ???????Le gamin au v駘o

    Excerpt: ????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????.. Weblog: LOVE Cinemas ?? racked: 2012-04-04 10:00
  • ただ いるだけで

    Excerpt: 10日のことですが、映画「少年と自転車」を鑑賞しました。 児童養護施設で暮らす12歳のシリル 自分を預けた父親を探すの中でサマンサと出会い 週末だけ里親になってもらい・・・ ダルデンヌ兄弟の作品と.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2012-04-16 23:16
  • 『少年と自転車』 (2011) / ベルギー・フランス・イタリア

    Excerpt: 原題: LE GAMIN AU VELO/THE KID WITH A BIKE 監督: ジャン=ピエール・ダルデンヌ 、リュック・ダルデンヌ 出演: セシル・ド・フランス 、トマ・ドレ 、ジェレ.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2012-04-22 08:55
  • 少年と自転車

    Excerpt: う~ん、あんまり感動できる作品ではなかったかな。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2012-05-22 00:15
  • 少年と自転車

    Excerpt:  ベルギー映画『少年と自転車』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作は、文部科学省選定(少年向き)等とされていて躊躇はしましたが、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  物語の主人公は.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2012-05-23 06:41
  • 少年と自転車(2011)◇◆LE GAMIN AU VELO

    Excerpt:  ただ、一緒にいてくれたら、それだけでいい。 好き度:+8点=68点 京都シネマにて最終日鑑賞。 ダルデンヌ兄弟が贈る感動のヒューマン・ドラマ。前作「ロルナの祈り」がとても好きで、今回も楽しみに.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2012-05-26 13:30
  • 少年と自転車

    Excerpt: 『少年と自転車』---LE GAMIN AU VELO  THE KID WITH A BIKE---2011年(ベルギー/フランス/イタリア )監督: ジャン=ピエール・ダルデンヌ/.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2012-11-14 23:25
  • DVDレビュー「SHAME シェイム」「マイ・ブラザー」「私の中のあなた」「少年と自転車」

    Excerpt: 私の一番好きなジャンル。 今回は出来るだけ苦悩するヒューマンドラマをチョイス。 なんとなく不安になったり寂しくなったりする薄暗い梅雨時こそ、そんな映画がピッタリ(?) Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2015-07-14 21:48