永遠の僕たち

永遠の僕たち 7月8日(日)@ギンレイホール
思い起こしてみれば・・・このころから腹痛があった。(笑)

英題: RESTLESS 画像
製作年: 2011年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年12月23日
上映時間: 1時間30分
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

監督: ガス・ヴァン・サント

キャスト
イーノック☆ヘンリー・ホッパー
アナベル☆ミア・ワシコウスカ
加瀬亮


【ストーリー】
交通事故によって両親を失い、臨死体験をした少年イーノック(ヘンリー・ホッパー)のただ一人の友人は、彼だけにしか見えない死の世界から来た青年ヒロシ(加瀬亮)だけであった。他人の葬式に参列するのが日常的なイーノックは、ある日、病によって余命いくばくもない少女アナベル(ミア・ワシコウスカ)と出会う。

【感想】
最近のガス・ヴァン・サントの作品はよくみている。
彼の作品は皆の評判は良いが、わたしとの相性は悪い。
彼のベストピクチャーなどと褒めそやす人もいた“パラノイドパーク”全然ダメだった。(笑)
評判よかった“ミルク”もダメだった。
唯一“エレファント”はそこそこ気に入ったくらい。

というわけで、ミア・ワシコウスカには惹かれたが・・・
公開時に劇場に足を運ぶことナシに見逃していた。
運よくギンレイホールでかかることになり、パスポートで追加料金なく観られてラッキー。
ギンレイはかかる作品に傾向があり、ウッディー・アレン監督の作品は必ずかかることになっている。
よってわたしは“ミッドナイト・イン・パリ”はスルーした。

で、この作品ですが、実に瑞々しくて良い映画でした。
特に良かったのは、デニス・ホッパーの息子はさておき、なんといってもミア・ワシコウスカです。

モンシデムシに興味を持つ極めて変った女子を好演していました。

モンシデムシ:森の掃除屋
日本では北海道から屋久島までの林でよく見られる15mmほどの大きさの美しい甲虫。
小さな動物の死体のところで出会ったモンシデムシのカップルは、死体の下の土を掘ってまわりに掻き出し、丸ごと地中に埋めてしまう。
土の中でモンシデムシは動物の皮をはぎ肉団子を作る。
卵は周囲の土の中に産み付けられ、幼虫が孵化すると、親虫はチイチイと音を出して幼虫を呼ぶ。
母虫は集まってきた幼虫に吐き戻した餌を口移しで与えて、大きくなるまで育てる。

普通昆虫は卵を産みっぱなすが、モンシデムシは子育てをする。
珍しい生態の昆虫だが、そんな虫に興味を持つ女子の方がはるかに珍種である。

そんな珍種を演じることができるミア・ワシコウスカは何でも演じられるに違いない。
DVDでかまわないので、珍種の観察を推奨する。
できれば、特に女子には、モンシデムシにも興味を持ってもらいたいものだ。
今までの人生で、こういう変った女子に出会ったことは一度もないが、もし出会っていたら、とるものもとりあえずゲットしようとしたに違いない。
その女子がよりによってアナベルのような運命だったら・・・
二度と立ち直れないほどのショックを受けたであろう。
あまりの珍種で、取替えがきかないから。
ムダ口はともかく(笑)今までに見たガス・ヴァント・サント作品ではもっとも気に入った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

rose_chocolat
2012年09月23日 20:07
体調悪い時は病院行かないと(苦笑)

ガス・ヴァン・サント作品は割と好き。さらっとしているところがよいね。これもそうでしたが。
ちなみにゴキブリは喜んで退治しますが、虫全般苦手です(笑)
まっつぁんこ
2012年09月23日 20:26
rose_chocolatさん
だから入院してる・・・(笑)

虫嫌いなお母さんが虫嫌いな男の子を育てちゃう。もっとワイルドにいこうゼイ(笑)
わたしは、礼儀正しいけど乱暴な将棋と、虫のことなら教えられます。
rose_chocolat
2012年09月23日 20:43
8月で入院終わったんじゃなかったんだ。大変ですね。

うちの子たちは虫は嫌いじゃないとは思うけど、好きでもなさそうです(笑)
まっつぁんこ
2012年09月24日 11:21
rose_chocolatさん
これから退院です。(笑)

虫センサーが高いと、地球温暖化の影響がひしひしと感じられたり、いいことありますよ。他の人に見えないモノが見える。現代人はセンサー鈍くて心配。

この記事へのトラックバック

  • 2011年12月 鑑賞記録

    Excerpt: 今月はバタバタと過ぎちゃってます。 まず映画観てない(苦笑) 今月は資格試験があったんで(この資格取らないと卒業できません! 取りましたけど~)まともに映画観てるのは最後の1週間だけですね。 時間ない.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2012-09-23 20:03
  • 「永遠の僕たち」 消化しきれていない死

    Excerpt: 2012年、最初の作品はこちら、「永遠の僕たち」です。 他のブロガーさんの昨年の Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-09-23 21:29
  • 永遠の僕たち / Restless

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」で証明済み、 思春期のジェネレーションを描かせたら右に出るものなし?.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2012-09-23 22:56
  • 『永遠の僕たち』

    Excerpt: '11.12. 27 『永遠の僕たち』@シネマライズ 今年の東京国際映画祭特別招待作品。すごく見たかったのに、時間が合わなくていけなかった・・・ 『宇宙人ポール』見に行った時、シネマライズの前を通り.. Weblog: ・*・ etoile ・*・ racked: 2012-09-24 01:35
  • 永遠の僕たち

    Excerpt:  『永遠の僕たち』を渋谷のシネマライズで見ました。 (1)本作は、自閉症気味の青年が主人公ですが、実はこれもまた、余命3カ月と宣告された少女を巡る物語でもあります。  であれば、『50/50』と『私.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2012-09-24 04:59
  • 永遠の僕たち

    Excerpt: 見知らぬ人の葬式に、遺族のふりをして出席するのが趣味の少年イーノック。 両親を交通事故で亡くし叔母と二人で暮らす彼は、学校へも通っていない。 唯一の友人は第二次世界大戦で戦死した日本人の幽霊ヒロシだけ.. Weblog: 象のロケット racked: 2012-09-24 06:58
  • 『永遠の僕たち』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「永遠の僕たち」□監督 ガス・ヴァン・サント □脚本 ジェイソン・リュウ □キャスト ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬 亮■鑑賞日 12月30日(金)■劇.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2012-09-24 08:35
  • 永遠の僕たち

    Excerpt: 【RESTLESS】 2011/12/23公開 アメリカ 90分監督:ガス・ヴァン・サント出演:ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮、シュイラー・フィスク、ジェーン・アダムス、ルシア・ス.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2012-09-25 13:38
  • 永遠の僕たち

    Excerpt: 葬式ゲーム。自然観察者。敬意のお辞儀。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2012-12-02 21:19
  • 映画:永遠の僕たち

    Excerpt:  まだ見てから1ヶ月もたっていないのに、見たこともすっかり忘れてました。と言うわけで今回は永遠の僕たちのレビュー記事です。 Weblog: よしなしごと racked: 2012-12-03 00:04
  • 永遠の僕たち

    Excerpt: 故デニス・ホッパーの息子のヘンリー・ホッパーさんが主人公を演じています。臨死体験をしたせいで彼だけにみえる特攻隊の幽霊の青年ヒロシ(加瀬亮さん)、知らない人の葬式を練り歩いたり、道に倒れた自分.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-12-03 08:50
  • 『永遠の僕たち』’11・米

    Excerpt: あらすじ他人の葬式を覗いて歩くことを日常とするイーノックは、そこでアナベルと出会い・・・。解説原題は『RESTLESS』で、「落ち着かない」という意味が分かる日本人は多くないって... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-12-12 22:59
  • 『永遠の僕たち』’11・米

    Excerpt: あらすじ他人の葬式を覗いて歩くことを日常とするイーノックは、そこでアナベルと出会 Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-12-12 22:59
  • 永遠の僕たち

    Excerpt: 永遠の僕たち (初回生産限定ポストカード4枚組付き) [Blu-ray]クチコミを見るみずみずしい感性が光る異色の青春映画「永遠の僕たち」。死がテーマの物語だが最後には生きる希望へと ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2012-12-13 10:17
  • 「永遠の僕たち」

    Excerpt: “Two of Us”で始まったのは思いがけなくて、ビートルズ好きな私は感激したけど。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2013-04-06 18:31
  • ガス・ヴァン・サント監督『永遠の僕たち』

    Excerpt: 注・内容、音楽に触れています。ガス・ヴァン・サント監督『永遠の僕たち』原題 : Restless物語・交通事故によって両親を失い、臨死体験をした少年イーノック(ヘンリーホッパー)。高校を中退した後、た.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2013-09-13 10:08