脳男

脳男@東宝試写室

東宝のスニーク試写で観劇。
「脳男」か「プラチナデータ」かどっちかだろうと思ったら「脳男」のほうだった。

(C) 2013 映画「脳男」製作委員会画像
製作年:2013年
製作国:日本
日本公開: 2013年2月9日
上映時間: 2時間5分
配給: 東宝

監督: 瀧本智行

キャスト
鈴木一郎☆生田斗真
鷲谷真梨子☆松雪泰子
緑川紀子☆二階堂ふみ
水沢ゆりあ☆太田莉菜
大和田健介
染谷将太
黒田☆光石研
甲本雅裕
伊能☆小澤征悦
藍澤☆石橋蓮司
入陶倫行☆夏八木勲
茶屋☆江口洋介


【ストーリー】
残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と見なされた一郎は犯行が常軌を逸したものだったため、精神鑑定を受けることに。担当となった精神科医・鷲谷真梨子(松雪泰子)は感情を表さない一郎に興味を持ち、彼の過去を調べ始めるが……。

【感想】
原作は2000年に乱歩賞を受賞し、評判の高かった首藤瓜於氏の作品である。
乱歩賞もパワーダウンしていて殆どスルーしているのだが、「脳男」は感性にひっかかるものがあり、リアルタイムで読んだ。





原作を読み、これから映画を観る方は特に、以下ネタバレしますので真っ新な状態で観たい方はご注意ください!





その時、一番印象に残ったシーン。
それは、緑川による愛宕医療センター襲撃のクライマックス。
茶屋、鷲谷と鈴木一郎が本館のメインフロアに通じる通路に面した部屋に玲子という子供が爆弾つきで監禁されているのを発見。
まわりに細いワイヤーがはりめぐらされており、常人がトラップを回避して玲子を救出するのは不可能。
鈴木一郎は「脳男」らしいロボットのような動作で玲子を救出するのである。

「鈴木が右手をあげ、前方にのばした。顔を下に向け、頭と腕とを同じ高さにした。それから右足をもちあげて膝を曲げ、曲げた膝を前につきだすようにして床と水平に回転させはじめた。鈴木の足は見えない障害物を避け、ゆっくりと九十度回転して体の前にでた。ふつうの人間なら片足で立っているだけでもむずかしい姿勢を少しの動揺もなく保っていることにも真梨子は驚かされたが、しかしさらに驚いたのは、鈴木が後方に残った手足を動かすとき、手足のほうには目を向けることさえしなかったのにもかかわらず、顔よりも後方にある手足がまるで独立した生き物のように目指す方向を探りながら仕掛け線を避けて、なめらかに床に着地するのを見たときだった。鈴木の動きは、あらかじめ一連の動作をプログラムされた機械のように正確で寸分の狂いもなかった。部屋の中央を過ぎ、さらに進んでいく鈴木の一挙手一投足を真梨子は固唾を呑んで見守った。」

ワイヤーをくぐり抜けて玲子にたどりつき、彼女を抱えてふたたびワイヤーを抜けて戻ってくる。
「脳男」で最も印象に残ったこのシチュエーション。
まるごとカットされていました。
映像化が難しかった故なのか、「脳男」のキモが抜けてしまった。(笑)

原作では緑川は男だったものが、妙な女子二人組におきかわり
染谷将太のエピソードがつけくわわっていた。
あまり成功していたとは思えないが、それでもそこそこ面白い映画になっていたのは原作の力だろうか?

脳男Ⅱは指し手の顔という題名で既に刊行されている。
こちらもなかなか面白い作品で、敵役がパワーアップしているので映画化したら面白い作品になると思う。
ぜひ生田くんに続投してもらって、今度は原作に忠実に映画化してもらいたいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

yukarin
2013年02月10日 22:11
原作の緑川は男だったんですか~。
そっちのほうが良かったなぁ。
でも予備知識ゼロで観たので知らなかったのでかなり楽しめました。
まっつぁんこ
2013年02月10日 23:10
yukarinさん
原作の緑川登場は冒頭の鈴木一郎がつかまるシーンと病院爆破の本当に最後だけです。
原作のほうがエンターテインメントとしての切れははるかに上だと思います。
dai
2013年02月11日 00:24
こんばんは。

犯人のディテールが弱いのならいっその事、
脳男の凄まじさだけを描く映画にしても
エンターテイメントとしては
良かった気がしますね。
続編に期待したいです。
まっつぁんこ
2013年02月11日 07:18
daiさん
ラストも原作はヘリコプターで脱出です。
あれだけ轢かれて平気なわけないだろ?という疑問も発生しません(笑)
ぜひ原作も読んでみてください。
ふじき78
2013年03月03日 10:49
こんちは。原作は読んだんですが、病院で江口、松雪、生田が揃うシーンがなくなって、物凄く会話が減ってしまっので、江口の刑事としての良さも生田の脳男としての凄さもボケちゃったと思います。
でも、二階堂ふみと染谷将太は原作と違うけど好きです。
まっつぁんこ
2013年03月10日 20:08
ふじき78さん
「江口の刑事としての良さも生田の脳男としての凄さもボケちゃった」同感なんだけど、それでも結構面白かったと思います。

この記事へのトラックバック

  • [映画『脳男』を観た]

    Excerpt: ☆全く予備知識なく、時間が合うのでふいに見た。  タイトルが、狙っているようでいて「ダサい」と思った。  私だったら、「データーベース」「異常蓄積記憶のみ」とか名付けるのになぁ、と思った。  た.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2013-02-10 08:51
  • 「脳男」間違った正義の教育をした先にみた凶悪犯に対する更生という間違いとそれを正義と裁く感情無き執行者

    Excerpt: 「脳男」は感情を持たないが知能指数の高い男が自らの正義と判別し、悪と判断した相手を殺すストーリーである。個人で善悪を判断するのは確かにあるけれど、それを自らの正義の基 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2013-02-10 09:16
  • 脳男

    Excerpt: 『人間失格』のハードボイルド版。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2013-02-10 10:30
  • 脳男 : 生身のターミネーターに感情が宿る時

    Excerpt:  あくまでも私見ですが、今年は春先までの邦画は”熱い”ですよ。本作もそうですし、「プラチナデータ」「図書館戦争」「藁の楯 わらのたて」、どれも楽しみな作品です。という Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2013-02-10 14:41
  • 脳男

    Excerpt: 2013/02/09公開 日本 PG12 125分監督:瀧本智行出演:生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤征悦、石橋蓮司、夏八木勲 悪.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2013-02-10 22:06
  • 脳男

    Excerpt: 松雪泰子にあのセリフを言われてぇ~! Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2013-02-10 23:21
  • 脳男

    Excerpt: 脳男に対して描写が弱い癌女 【Story】 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。.. Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2013-02-10 23:56
  • 『脳男』 2013年2月9日 TOHOシネマズ市川

    Excerpt: 『脳男』 を鑑賞しました。 主役は松雪泰子です 【ストーリー】  残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2013-02-11 08:25
  • 脳男

    Excerpt: 悪に裁きを下す、 美しき殺人者 製作年度 2013年 上映時間 125分 映倫 PG12 原作 首藤瓜於『脳男』(講談社刊) 脚本 真辺克彦 、成島出 監督 瀧本智行 出演 生田斗真/松雪泰子/江.. Weblog: to Heart racked: 2013-02-11 21:42
  • 映画「脳男」感想

    Excerpt: 映画「脳男」観に行ってきました。首藤瓜於の同名小説を原作とする、生田斗真主演のバイオレンス・ミステリー作品。バイオレンスの名が示す通り、今作は人から切り取られた舌の描写... Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2013-02-13 21:09
  • 『脳男』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「脳男」□監督 瀧本智行□原作 首藤瓜於□脚本 真辺克彦、成島出□キャスト 生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2013-02-15 07:51
  • 脳男

    Excerpt: 【あらすじ】 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と見なされた一郎は犯行が常軌を逸したも.. Weblog: タケヤと愉快な仲間達 racked: 2013-02-17 19:49
  • 脳男

    Excerpt: 予告編が、面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。 都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使わ.. Weblog: いい加減社長の映画日記 racked: 2013-02-18 22:32
  • 脳男

    Excerpt: 脳男 MOVIXさいたま 2/9公開 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は 犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。 共犯者.. Weblog: 単館系 racked: 2013-02-19 23:18
  • 脳男 生田斗真が惚れ惚れするほどかっこいい

    Excerpt: 【=14 今年の試写会2】  精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。刑事・茶屋は遺留品から犯人のアジトを見つ.. Weblog: 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~ racked: 2013-02-20 10:42
  • 脳男  監督/瀧本智行

    Excerpt: 【出演】  生田 斗真  松雪 泰子  江口 洋介  二階堂 ふみ 【ストーリー】 精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2013-02-27 19:13
  • 『脳男』を109シネマズ木場4で観て、不思議な改変だなふじき★★★(ネタバレ気味)

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★原作との違いが面白い】 雑然とした映画だったからか、思った事も雑然としたままです。 特に深い考えもなく、それこそなんとなくという無造作さで 映画 ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2013-03-04 19:00
  • 「脳男」 安易に希望を描かない

    Excerpt: 原作は首藤瓜於さんの2010年江戸川乱歩賞受賞の同名小説です。 こちらは出版して Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2013-03-05 22:11
  • 脳男

    Excerpt:  『脳男』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)生田斗真が出演する映画は、これまでも『源氏物語』などを見てきましたが、所属するのがアイドル事務所のせいでしょうか、いろいろの制約を受けている感じが.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2013-03-16 10:57
  • 脳男

    Excerpt: 2013年 日本 125分 アクション/ミステリー/SF PG12 劇場公開(2013/02/09) 監督:瀧本智行 原作:首藤瓜於『脳男』 主題歌:キング・クリムゾン『21世紀のスキッツォイ.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2013-08-30 13:00
  • 脳男

    Excerpt: 「脳男」なんて一風変わった題名なのが気になった。 生田斗真さんが感情のない人間を演じているのだけれど、もともと端正な顔立ちをしてるだけに、無表情であればこその、アンドロイドというかターミネー.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-09-13 09:42