google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

100万回生きたねこ

100万回生きたねこ@東京芸術劇場プレイハウス

観客はいつもより男多し。
いったい何に魅かれたのだろう?
とは言っても、♂は全体の2,3割くらいしかいないんだけど。

公式サイト
http://hpot.jp/100man_cat/

【東京】
2013/1/8(火)~2013/1/27(日)
東京芸術劇場プレイハウス
【大阪】
2013/1/31(木)~2013/2/3(日)
イオン化粧品シアターBRAVA!
【北九州】
2013/2/9(土)~2013/2/10(日)
北九州芸術劇場大ホール
【広島】
2013/2/16(土)~2013/2/17(日)
はつかいち文化ホールさくらぴあ大ホール
画像

世界を魅了するイスラエルの奇才、インバル・ピント、アブシャロム・ポラックがはなつ
奇想天外ミュージカル!

ということで、だいぶ毛色のちがう作品でした。
座席は10列目の左サイド。
席からみえる舞台は、上に添付した画像のような感じ。

ステージ正面奥に小さい小屋みたいな物体。
右奥に棚、右サイドにベッド。

小屋から女の子が出てきて劇の始まり。
いろいろ演技していると、右奥の棚からとらねこが登場。
舞台右サイドをすべりおりてベッドの下にもぐりこむ。

舞台装置の色々なところに出入り口あり。
キャストが出たり入ったり。
天井の天窓にも注意が必要。

歌はほとんどなく、みなれたミュージカルとは一線を画す。
エンターテインメントよりはアーティスティックより。

満島ひかりが存分にみられて満足しました。(笑)

【作】
佐野洋子(『100万回生きたねこ』[講談社刊])
【演出・振付・美術】
インバル・ピント、アブシャロム・ポラック
【脚本】
糸井幸之介、戌井昭人、中屋敷法仁(50音順)

【出演】
トラネコ☆森山未來
女の子/白いねこ☆満島ひかり
船乗/ぼう(泥棒)/メスねこ☆田口浩正 
王さま/メスねこ☆今井朋彦 
どろ(泥棒)/メスねこ☆石井正則 
手品使いの助手☆大貫勇輔
老婆/王妃/メスねこ☆銀粉蝶  
手品使い/沈没船の幽霊/メスねこ☆藤木孝
水野栄治 
柳本雅寛 
江戸川卍丸 
皆川まゆむ 
森下真樹 
清家悠圭 
鈴木美奈子 
三東瑠璃

【Musical Numbers】
1幕
女の子なんて
王さまと王妃
おれたちはどろぼう
沈没船
船のりとねこ
四月になれば
家の音楽
わたしの家
また繰り返す
2幕
100万回死んだねこ
冒険はおわり
一日と永遠
君といたいよ
さよならへの賛歌
google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年01月13日 23:42
あ!舞台のほうですね!
映画のほうは見たのですがよくわからなかったので
自分の記録だけはして感想は未アップです。

結構世界中で読まれている絵本みたいですね
まっつぁんこ
2013年01月14日 07:23
谷さん
とらねこが何度も生き、最後は泣いて終わるってだけの絵本のようです。
これを映画にするのは難しいのでは?
舞台は異色作にしあがっておりました。
rose_chocolat
2013年02月04日 07:59
これ、舞台が奥まった作りで、前方じゃないとはっきり見えないのが残念だよね。
2階席以降は観劇に苦労するんじゃないかな。
私たちも1階席後方なんで大変でした。
あらすじがあるようでないから、舞台化は苦労したと思います。原作の世界観がわかってないと難しいでしょう。
まっつぁんこ
2013年02月04日 12:06
rose_chocolatさん
10列目だったので奥までよくみえました。
舞台は面白かったけど、映画は?ですねえ。
観る気しません。

この記事へのトラックバック

  • 「100万回生きたねこ」@ 東京芸術劇場

    Excerpt: 演出・振付・美術:インバル・ピント、アブシャロム・ポラック 脚本:糸井幸之介、戌井昭人、中屋敷法仁 音楽:ロケット・マツ、阿部海太郎 出演:森山未來 、満島ひかり 、田口浩正 、今井朋彦 、石井.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2013-02-04 07:57