君と歩く世界

君と歩く世界@ブロードメディアスタジオ試写室

映画.comの夫婦限定試写会で鑑賞。

(C) Why Not Productions - Page 114 - France 2 Cinema - Les Films du Fleuve - Lunanime画像
英題: RUST AND BONE
製作年: 2012年
製作国: フランス/ベルギー
日本公開: 2013年4月6日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間: 2時間2分
配給: ブロードメディア・スタジオ

監督・脚本: ジャック・オーディアール

キャスト
ステファニー☆マリオン・コティヤール
アリ☆マティアス・スーナールツ


【ストーリー】
南仏の観光施設でシャチの調教師をしているステファニー(マリオン・コティヤール)は、ショーの最中に事故に遭い、両脚の膝から下を失ってしまう。失意の彼女を支えたのは、不器用なシングルファーザーのアリ(マティアス・スーナールツ)だった。粗野だが哀れみの目を向けずフランクに接してくる彼と交流を重ねるうちに、ステファニーは次第に生きる希望を取り戻していく。

【感想】
マリオン・コティヤール主演ということで期待大で臨んだ本作。
彼女は良かったが作品自体の評価は期待値を下回った。
その理由はひとえに、アリに共感できなかったことによる。

シングルファーザーのアリは不器用を通り過ぎている。
こどもを放り出さないのはともかく、金がなければ盗みも辞さない。
くいっぱぐれて姉のもとに身を寄せる。
かたっぱしから女と寝る。
彼にとっては、相手がO.K.なら息を吸うのと同じ行為。

アリがなんでシングルファーザーになったのか?
なんでくいっぱぐれることになったのか?
背景描写は一切ない。
ただ、アリがこども連れの身勝手な男であることが画面から伝わってくるだけ。

一方のステファニー。
彼女はシャチの調教師をしており彼氏と住んでいる。
うさばらし?に来たクラブで男にからまれる。
用心棒のアリに助けられ家に送ってもらう。
それがアリとステファニーの出会い。

その後ステファニーはシャチに膝下を食いちぎられる?
シャチにやられたのかいまひとつ描写が不明確。
切断現場はぼやかされている。
が、切断された足の姿は、その後何度もアップで映される。
何度も目を閉じそうになった。

CG処理が最大のみどころ!

アリとステファニーは海に泳ぎに行き、アリに言わせるとオペ(対応可能)なら何時でもO.K.の行為をする。
その都度ありありとステファニーの足が映される。
まったく不自然さを感じさせない画像処理にびっくり。
誰とでもオペなら寝るアリにもびっくり。

ステファニーは肉体をぶつけあうアリの姿に生を性の輝きを取り戻していく。
そうそう、アリは殴り合いトーナメントに出て賞金獲得している。
たしかにアリは男とは殴り合い、女とはセックスの肉体派。
最後は格闘家として身を立てようとすることになる。
まあ、そんな人もいるでしょう。
否定はしませんがアリに感情移入はできなかった・・・
特にラストは違和感あり。
こどもを放り出さないところはえらい。
人間としての最低線はキープしているのだろう。
でも、最後のアリの姿はちょっと違うんじゃないか?と疑問を感じた。

【つけたし:まっつぁんこの聴いて観るシネマ】
女子の応援歌にぴったり。
ケイティー・ペリーの “Firework”
ステファニーの生命力復活シーンで見事なはまりかたしてました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

rose_chocolat
2013年04月14日 20:10
これ、意外と評価低い人多いみたいですね。
なんか残念だなあ。アリみたいな人のお守は大変だけど、ああいうタイプってなかなかいなくて新鮮なのに。
まっつぁんこ
2013年04月14日 20:40
rose_chocolatさん
たしかに新鮮だけどね。
あんなのが本当にいたら、roseさんは歯牙にもかけないと思います。(笑)

この記事へのトラックバック

  • 『君と歩く世界』 2013年3月26日 丸ノ内ピカデリー

    Excerpt: 『君と歩く世界』 を試写会で鑑賞しました。 予定ではマリオン・コティヤールだけだったんですが、ジャック・オディアール監督と 中谷美紀がゲストで登壇しました。 美女2人にダンディな監督でした。 中谷美.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2013-04-06 08:55
  • 君と歩く世界 / De rouille et d'os

    Excerpt: 原題の『De rouille et d'os』は、英語だと“Rust and Bone”。日本語では、“錆と骨”なんていう、何とも色気のないタイトルなんですよね。それが、邦題だと『君と歩く世.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2013-04-09 09:04
  • ジャック・オディアール監督インタビュー:映画「君と歩く世界」(4月6日より公開中)について【1/2】

    Excerpt: 両脚を失った女性の再生と希望を描いた映画『君と歩く世界』が、現在全国で公開されている。フランスの名匠として日本でもファンが多いジャック・オディアール監督に、作品プロモーションで来日した際にお話を伺った.. Weblog: INTRO racked: 2013-04-12 20:40
  • 君と歩く世界

    Excerpt: マリオン・コティヤールの演技が良かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2013-04-13 23:17
  • 『君と歩く世界』 (2012) / フランス・ベルギー

    Excerpt: 原題: DE ROUILLE ET D'OS/RUST AND BONE 監督: ジャック・オーディアール 出演: マリオン・コティヤール 、マティアス・スクナールツ 、アルマン・ヴェル.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2013-04-14 20:08
  • 君と歩く世界 : 基本は、あの作品と同じ

    Excerpt:  私の住む広島市の隣にある廿日市市。この廿日市市にある廿日市フットボールクラブが、J3参入を目指し久保竜彦氏を始めとする元サンフレッチェの選手3人の加入を発表しました Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2013-04-16 14:59
  • 『君と歩く世界』は【生】がほとばしる「錆と骨」の世界

    Excerpt: 君と歩く世界 Rust and Bone (De rouille et d'os) ★★★★ 「錆と骨」から【生】を知る 生々しくも躍動するフィジカルな世界 <ネタバレありますので、鑑賞前の方はご注意.. Weblog: Healing racked: 2013-04-20 21:12
  • 『君と歩く世界』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「君と歩く世界」□監督 ジャック・オーディアール □脚本 トーマス・ビデガン、ジャック・オーディアール □原作 クレイグ・デイヴィッドソン □キャスト マリオン・コテ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2013-04-22 12:09
  • 君と歩く世界

    Excerpt:  『君と歩く世界』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)ウディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』に出演して魅力的だったマリオン・コティヤールの主演映画というので映画館に出かけました。  舞台.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2013-04-22 21:36
  • 「君と歩く世界」

    Excerpt: ~光射す方へ 一歩ずつ ふたりで~2012年 フランス/ベルギー映画  R15+指定  (2013.04.06公開)配給:ブロードメディア・スタジオ    上映時間:122分監督:ジャック・オーディア.. Weblog: NAOのピアノレッスン日記 racked: 2013-04-25 22:08
  • 映画『君と歩く世界』を観て

    Excerpt: 12-32.君と歩く世界■原題:De Rouille Et D'os(英題:Rust And Bone)■製作年、国:2012年、フランス・ベルギー■上映時間:122分■観賞日:4月14日、.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2013-08-11 22:49
  • 君と歩く世界

    Excerpt: マリオン・コティヤール主演。 シャチ調教師のヒロインが不幸な事故で両足を失うも、シングルファーザーのアリと出会い、生きる喜びを取り戻していく…。 そうか、足がなくても人間泳げるんだ。アリが.. Weblog: いやいやえん racked: 2014-01-01 21:26
  • 君と歩く世界

    Excerpt: 君と歩く世界 [DVD](2013/11/02)マリオン・コティヤール、マティアス・スーナーツ 他商品詳細を見る 【DE ROUILLE ET D`OS】 制作国:ベルギー 制作年:2012年 .. Weblog: miaのmovie★DIARY racked: 2014-06-25 19:53