ビル・カニンガム&ニューヨーク

ビル・カニンガム&ニューヨーク@ヤクルトホール

ヤクルトホールは久しぶりだ。
そういえば、一ツ橋ホールには今年まだ一度も行っていない。

(C) The New York Times and First Thought Films.画像
英題: BILL CUNNINGHAM NEW YORK
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2013年5月18日
(新宿バルト9 ほか)
上映時間: 1時間24分
配給: スターサンズ /ドマ

監督・撮影: リチャード・プレス

キャスト
ビル・カニンガム
エディッタ・シャーマン
パトリック・マクドナルド
ハロルド・コーダ
ジョン・カードゥワン
カルメン・デロリフィチェ
アネット・デ・ラ・レンタ
アナ・ウィンター
アイリス・アプフェル
サイル・ウパディヤ
キム・ハストレイター
アニー・フランダース
レズリー・ヴィンソン
ジョセフ・アスター
トニ・“シュゼット”・チミノ
テルマ・ゴールデン
トム・ウルフ
ケニーケニー
アンナ・ピアッジ
デェディエ・グランバック
マイケル・コース


【ストーリー】
1929年生まれのビル・カニンガムは、ハーバード大学を中退してニューヨークに移り住み、広告業界に足を踏み入れる。その後、帽子のブランドを立ち上げるものの一時兵役に就き、除隊後は再びニューヨークでファッション関連の記事を執筆するようになる。やがてカメラ片手に自転車で街に出て、精力的にストリート・ファッションの撮影を始める。

【感想】
この映画は面白かった。
何故面白いのか?
その理由はただひとつ!

ビル・カニンガムが面白いから!

こんな面白いじいさんみたことない。
テーマを設定した時点で勝負あり。

面白いポイントはいくつかあって

①お金に淡白

会社から渡された小切手を破り捨てる。
金をもらうと自由にできないから。
どういう表現だったか忘れたが、金が最大の敵!みたいな(笑)
金、金、金の日本ではまったく思いつかない人物像。

②ファッション
ファッションは鎧であり、日々を生きのびるためのもの。
とおっしゃるご本人の着ているものはファッション無視(笑)
カメラに当たって破けるからといって服はガムテープで修復。
このギャップは何だ?

とにかく面白いじいさんで必見。
こんなじいさんみたことないことは保証します。

【つけたし:まっつぁんこの聴いて観るシネマ】
ファッションショーで流れていたViva La Vida。
好きなことやり続けて清々しいビルにぴったりな選曲(自画自賛w)
ちなみに、この曲はタイトルが歌詞に登場しない珍品。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

rose_chocolat
2013年05月20日 09:01
まっつぁんこれ観たんだ。 オドロキ(笑)
こういうの興味ないと思ってたよ。

ビルはナイスでしたねー。お金に興味ないところがイイネ!
>Viva La Vida
そうそうこれもvery good!
まっつぁんこ
2013年05月20日 12:02
rose_chocolatさん
「こういうの興味ないと思ってた」Why?
映画は特にジャンル気にせず観るし、映画を離れてても興味ないことってパチンコ(ギャンブル)・風俗くらいのものですよ(笑)

この記事へのトラックバック