ベニシアさんの四季の庭

ベニシアさんの四季の庭@シネマート六本木

今日から公開。
当然ながら多くの観客が入るとは思えない。

(C) ベニシア四季の庭製作委員会2013画像
製作年: 2013年
製作国: 日本
日本公開: 2013年9月14日
配給: テレコムスタッフ /NHKエンタープライズ

監督: 菅原和彦

キャスト
ベニシア・スタンリー・スミス
梶山正
梶山悠仁
蜂巣ジュリー
蜂巣浄


【ストーリー】
英国貴族の家系に生まれるも19歳で祖国を旅立ち、世界放浪の後に日本を訪れ、京都・大原の古民家で自然と調和した暮らしを営むベニシア・スタンリー・スミスさん。庭で育てた100種類ものハーブを幅広い用途に生かし、日本の四季とイギリスの伝統をミックスさせた日々の暮らしをカメラが捉える。また離婚や娘の病気など、数多くの試練を乗り越えてきた彼女の半生にも迫る。

【感想】
ドキュメンタリーとしては普通。
可もなく不可もなくといったところ。

映画の主人公、ベニシア・スタンリー・スミスさんは英国貴族。
そんな人が19歳で故郷を捨て、よりによって日本に定住。
たぶん英国貴族で日本人と結婚して定住しているのは彼女だけだろう。
そんな人を発見しただけでそこそこのドキュメンタリーになることは確実。

① テーマの設定
② 料理法

①については申し分なし。
②は可もなく不可もなし。

なんで②が可もなし不可もなしかと言うと・・・

ベニシアさんの人生は波乱万丈。

① 19歳で英国貴族の出自にもかかわらず祖国を捨てる
② 日本で結婚し子供をもうけるも離婚
③ 再婚するも夫の梶山正はフランス女性と駆け落ち未遂
④ 梶山正の事故
⑤ 娘が未婚の母となり統合失調症になる

現在は、京都・大原の古民家で自然と調和した暮らしを営んでいる。

波乱万丈の人生へのつっこみと、現在の暮らしぶりどちらが描きたかったのか?
中途半端に両方を色々盛り込んだので上映時間が2時間近くなった。
せっかく面白い題材だったのに途中で眠くなったのは残念。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ベニシアさんの四季の庭』 2013年8月21日 シネマート六本木

    Excerpt: 『ベニシアさんの四季の庭』 を試写会で鑑賞しました。 京都はいいところですね そして、せわしない、せかせかした映画の多い中、ゆったりとした映画でした。 【ストーリー】  英国貴族の家系に生まれるも.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2013-09-14 20:30
  • 映画・ベニシアさんの四季の庭

    Excerpt: 2013年 日本 映画は、2009年から4年間NHK・BSで放送されていた「猫のしっぼ カエルの手 京都大原ベニシアの手づくり暮らし」を再編集、新たな映像を加えたものです 「猫のしっぽ~」.. Weblog: 読書と映画とガーデニング racked: 2013-10-08 17:31
  • ベニシアさんの四季の庭

    Excerpt: ベニシアさんの四季の庭 '13:日本 ◆監督:菅原和彦 ◆主演:ベニシア・スタンリー・スミス、梶山正、梶山悠仁、蜂巣ジュリー、蜂巣浄、蜂巣主慈 ◆STORY◆英国貴族の家系に生まれ.. Weblog: C’est joli~ここちいい毎日を♪~ racked: 2014-01-16 22:10