実戦詰将棋⑧・・・NHK杯戦広瀬七段VS村山六段

広瀬七段痛恨の詰み逃し!

さきほど終わったNHK杯戦にはびっくりした。


次図は後手の村山六段が5九飛と打った局面。

画像


実戦は、この局面から次のようにすすむ。

4三銀打 同金上 同銀成 7九角 8七玉 8八金 同飛 同角成 同玉 8九飛打 迄

先手玉が詰まされて村山六段の勝ち。


ところが、この局面後手村山六段の玉には詰みがあった。
簡単な七手詰め。

3二銀成 同玉 4一銀打 3三玉 2三金 4二玉 3二金 迄

私ですら、みていてすぐに気がついた。

べた打ちの4一銀打が盲点だったのだろうか?

もどって第一図では、5九飛などとはせず、3三金と立っておけば後手の勝ちだろう。

それにしても、広瀬七段は、良いネタを提供してくれる得難い棋士で大好きだ。
応援したい。

実戦詰将棋⑨≪≫実戦詰将棋⑦

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック