きっと、星のせいじゃない。

きっと、星のせいじゃない。@よみうりホール
画像
(C) 2014 TWENTIETH CENTURY FOX
英題:THE FAULT IN OUR STARS
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開: 2015年2月20日 (TOHOシネマズ日本橋ほか)
上映時間: 2時間6分
配給: 20世紀フォックス映画

監督: ジョシュ・ブーン

キャスト
ヘイゼル☆シャイリーン・ウッドリー
ガス☆アンセル・エルゴート
アイザック☆ナット・ウルフ
フラニー☆ローラ・ダーン
マイケル☆サム・トラメル
ヴァン・ホーテン☆ウィレム・デフォー
リデヴァイ☆ロッテ・ヴァービーク


【ストーリー】
末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)。だが、学校にも通えず、友人もできず、酸素ボンべなしでは生活できない。そんな中、ガン患者の集会で骨肉腫を克服したガス(アンセル・エルゴート)と知り合う。ヘイゼルに惹(ひ)かれたガスだが、彼女に距離を置かれてしまう。ヘイゼルに振り向いてもらおうと、彼女が敬愛する作家にメールを送って返信をもらうことに成功するガス。それをきっかけに、二人は作家に会おうとオランダへ旅行に出るが……。

【感想】
この映画の主人公シャイリーン・ウッドリーは昨年の「ダイバージェント」でヒロイン - ベアトリス・”トリス”・プライアー を演じている。
身長 5フィート 8インチ (1.73 m)。やっぱり背が高い。
アンセル・エルゴートも「ダイバージェント」にケイレブ役で出ている。彼と並ぶとシャイリーンがこどもに見える。それもそのはず。彼の身長は 6フィート 4インチ (1.93 m)というわけで2メートル近い大男なのである。(笑)
シャイリーン23歳アンセル20歳若い二人が難しい役所を演じきっているのが一つの見どころ。

主人公ヘイゼルは末期の甲状腺ガン。肺転移があり薬でガンを抑えているが完治の見込みはない。肺水腫による呼吸不全のため酸素ボンベが手放せない。そんな彼女がガン患者のサークルでガスと出会って物語はスタート。ガスは骨肉腫で右膝から下を切断。いまのところ再発なし。

ガスはヘイゼルにひとめぼれ。遅かれ早かれ死ぬことが明白にわかっているヘイゼルはガスをすぐに受け入れることはできない。当然である。
ガスはヘイゼルが大好きな作家ヴァン・ホーテンを切り口にアタック。ヴァン・ホーテンの著書でヘイゼルの愛読書「大いなる痛み」を読み、オランダのアムステルダム在住の作家に質問メールを送る。すると、ヘイゼルが出しても来なかった作家からの返事がガスには帰ってくる。いわく「アムステルダムにおいで」。

アメリカには“Wish”という制度がある。
Make-A-Wish Foundation というNPOが子供(3歳から17歳)の重病患者の願いを一度だけかなえてくれる。ヘイゼルは13歳でガンになり、ディズニーランド観覧で“Wish”を行使。“Wish”でオランダに行くことはできない。
そこでガスの登場である。首尾よく“Wish”の審査を通りアムステルダム行きの切符を手にする。しかもヘイゼルとセットで。

ここからは苦難の連続。まずはヘイゼルの肺水腫が悪化。ドクターストップがかかってしまう。まあ、お約束といえなくもない(笑)
この障害を乗り越えないと映画が終わってしまうので難なくクリアー。ヘイゼル、ガス、フラニーの3人はアムステルダムへと旅立っていく。
なんとかヴァン・ホーテンとの面会を果たすのだが、これがきわめてビターな経験となる。パジャマで現れたヴァンはヘイゼルの質問に答えようとしない。「大いなる痛み」の後どうなるのかを作家に聞くため、ヘイゼルはアムステルダルまではるばるやってきたのだが・・・

作家は、ヘイゼルに 「ハマルティア」とはなにか?「トロッコ問題」を知っているかと尋ねる。彼女にとってそんなことはどうでも良いのだが。

【参考】
ギリシア語で罪とはハマルティアと言います。ハマルティアとは的外れという意味です。

トロッコ問題(トロッコもんだい、英: trolley problem)あるいはトロリー問題とは、「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という倫理学の思考実験。フィリッパ・フットが提起し、ジュディス・ジャーヴィス・トムソン 、ピーター・アンガーなどが考察を行った。人間がどのように道徳的ジレンマを解決するかの手がかりとなると考えられており、道徳心理学、神経倫理学では重要な論題として扱われている。

ヘイゼルとガスは憤然と席をたち、ヴァン・ホーテンの家を去る。二人を追いかけてきたヴァン・ホーテンの秘書のリデヴァイの案内で二人はアンネの家を見学にいく。息を切らしながら急な階段を登り最上階にたどりつくヘイゼル。そこでヘイゼルとガスは口づけをかわすのである。

ヴァン・ホーテンの問いかけとアンネの家でみるナチスの原罪を考察すると色々なことが語れると思うが、それは各自映画をみて考えてほしい。
韓流だったら、もっとお涙頂戴ストーリーになる。この映画はもっと硬質でドライだ。思索にあふれている。

結局、ヴァン・ホーテンは完結した小説の後は何も考えていない。彼自身も8歳の娘を亡くしている。何にでも続きがあるわけでないのがわかっているからあえてそうしているのだろう。この映画もすべてが完結して終わるわけではない。そんな余韻の残るエンディングを楽しみに観てほしいと思う。

【つけたし】まっつぁんこの聴いて観るシネマ(久しぶり)
この映画の中で特に印象的だったのは、アムステルダムの街頭で演奏されていたこの曲だ。
violin concerto in f minor written by antonio Vivaldi




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ノルウェーまだ~む
2015年03月02日 12:43
まっつぁんこさん☆
アジア圏の映画と違い、さわやかで温かい難病青春ラブストーリーでしたね。
心が洗われたような気がしました。
まっつぁんこ
2015年03月02日 14:21
ノルウェーまだ~むさん
国民性の違いはたしかにあります。
神さまのいる国といない国の違いもあるかもしれません。
われわれのような年配カップルでも遅かれ早かれ別れの時は来ます。このお話と年代はかけ離れているけど確率的に女性がぱぱんを見送ることが多くなるんです。悔いなくその時を迎えたいものですね。

この記事へのトラックバック

  • 試写会「きっと、星のせいじゃない。」

    Excerpt: 愛と死をみつめて… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201502120001/ 【楽天ブッ.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2015-02-17 19:42
  • きっと、星のせいじゃない。

    Excerpt: きっと、星のせいじゃない。 '14:米 ◆原題:THE FAULT IN OUR STARS ◆監督:ジョシュ・ブーン ◆出演:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ナット.. Weblog: C’est joli~ここちいい毎日を♪~ racked: 2015-02-17 21:21
  • 『きっと、星のせいじゃない』(試写会)

    Excerpt: '15.01.20 『きっと、星のせいじゃない』(試写会)@有楽町朝日ホール CheRishさんで当選 いつもありがとうございます! 実はCheRishさんでは『エクソダス』も当たっていた.. Weblog: ・*・ etoile ・*・ racked: 2015-02-17 22:17
  • 『きっと、星のせいじゃない。』 2015年2月16日 よみうりホール

    Excerpt: 『きっと、星のせいじゃない。』 を試写会で鑑賞しました。 映画とは関係ないけど、よみうりホールは久しぶりだった。 どうやら2ヶ月はご無沙汰だったみたい。 【ストーリー】  末期ガンながらも、薬の効.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2015-02-17 22:30
  • きっと、星のせいじゃない。

    Excerpt: ヘイゼル・グレースは末期のガン患者で、学校へも行けず、友達もなく、酸素ボンベが手放せない女性。 彼女はガン患者の集会で、片脚を切断して骨肉腫を克服した青年ガスと出会う。 ガスはヘイゼルに恋をするが、ヘ.. Weblog: 象のロケット racked: 2015-02-18 21:57
  • 映画「きっと、星のせいじゃない。」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『きっと、星のせいじゃない』 (公式)を昨日の公開初日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら78点にします。 .. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2015-02-21 14:50
  • きっと、星のせいじゃない。

    Excerpt: 評価:★★★☆【3.5点】(試写会) 試写会が当たりました!去年も当ったけど観に行けなかったから Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2015-02-22 10:08
  • きっと、星のせいじゃない。

    Excerpt: 知ってはならない「アンネの日記」の結末 公式サイト。原題:The Fault in Our Stars。ジョン・グリーン原作、ジョシュ・ブーン監督。シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、 .. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-02-22 12:15
  • 『きっと、星のせいじゃない。』をよみうりホールで観て、きゅんふじき★★★

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★生きるとは辛さに耐えること、死ぬとは被忘却に耐えること】 ガン患者のラブコメ(哲学的だけど「コメ」なんだと思う)。 可愛い女の子は鼻に管を付けてて ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2015-02-22 21:34
  • 0と1の間のちいさな無限。~「きっと、星のせいじゃない」~

    Excerpt: どっちかが余命いくばくもなくてっていうラブストーリーはあれど、どっちもってのは ある意味相当悲しいはなしなんだけども どっちもそういう病だからこそ、誰よりもわかりあえることもあるわけで。ものは考え.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2015-02-24 09:48
  • 『きっと、星のせいじゃない。』('15初鑑賞17・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:10の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2015-02-24 20:20
  • 『きっと、星のせいじゃない。』

    Excerpt: (原題:THE FAULT IN OUR STARS) ----『きっと、星のせいじゃない。』。 これって、タイトルからしてロマンチック。 「うん。 この映画もやはり新宿カリテ、新宿武蔵野館での予.. Weblog: ラムの大通り racked: 2015-02-25 23:49
  • きっと、星のせいじゃない

    Excerpt: 試写会で観ました。 末期ガンに侵されたヘイゼルが、ガン患者の集会で出会ったガスと惹かれあい、残された時間を懸命に生きる望みを見出すみたいなお話でした。不治の病を抱えたカップルのお話ですが、悲.. Weblog: はるみのひとり言 racked: 2015-02-27 00:45
  • 『きっと、星のせいじゃない。』 試写会で鑑賞

    Excerpt:                         運命がくれた、今日が愛しい。 『きっと、星のせいじゃない。』 監督・・・ジョシュ・ブーン 脚本・・・スコット・ノイスタッター / マイケル・H・.. Weblog: pure breath★マリーの映画館 racked: 2015-02-28 21:27
  • 「きっと、星のせいじゃない」☆透き通った涙

    Excerpt: 清らかで濁りのない、透き通った美しい涙がほろほろと流れる映画。 自分の境遇を後回しにして、残される者に対して愛を注ぐ物語。 湿っぽいお涙頂戴にしないところが、さすがアメリカ☆でも大判ハンカチは最初.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2015-03-01 16:36
  • 『きっと、星のせいじゃない。』 (2014)

    Excerpt: さわやかに胸に沈殿する、純愛ストーリー! 瑞々しい若手俳優の好演、人生訓を提示する物語性と、硬軟が融合したまばゆい青春映画であった。 本作は、ジョン・グリーンが友人をモデルに書き上げたベストセラ.. Weblog: 相木悟の映画評 racked: 2015-03-02 10:51
  • 恋愛の基本。その2。『きっと、星のせいじゃない。』

    Excerpt: ガン患者の集会で出会った若い男女の恋愛模様を描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2015-03-02 23:33
  • 『きっと、星のせいじゃない。』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「きっと、星のせいじゃない。」□監督 ジョシュ・ブーン□脚本 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー□原作 ジョン・グリーン□キャスト シャイリーン・ウッド.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-03-04 08:58
  • 予め死を受け入れた二人のために~『きっと、星のせいじゃない。』

    Excerpt:  THE FAULT IN OUR STARS  17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は、甲状腺ガンが肺に 転移し、酸素ボンベが手放せないながらも小康.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2015-03-10 20:47
  • きっと、星のせいじゃない。

    Excerpt:  『きっと、星のせいじゃない。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)時間的な余裕があるときにはこうした純愛ラブストーリーも良いのでは、と思って映画館に行ってみたのですが、案の定、女子高生が.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2015-03-13 06:25
  • きっと、星のせいじゃない。/シャイリーン・ウッドリー

    Excerpt: 劇場予告編の宣伝プッシュがかなり多めな印象で、ホントにそんな良作なの?とかえって引いてしまうんですけど、不治の病にかかった若い男女の恋を描いた全米ベストセラー小説「さ ... Weblog: カノンな日々 racked: 2015-03-13 21:07
  • きっと、星のせいじゃない。

    Excerpt:  がんにかかった若者の悲恋物語との事前情報に、アメリカでもお涙頂戴がはやっているのかと、ちょっと冷めた感じで見にいきましたが、丁寧な作りで無理に泣かせようとしていません。ちなみに、周りは若い女性ばかり.. Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記 racked: 2015-03-26 05:54