イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密@シネマート六本木

ほぼ半年ぶりのシネマート六本木。
ここがなくなってしまうのは非常にさびしい。
画像
(C) 2014 BBP IMITATION, LLC
英題:THE IMITATION GAME
製作年:2014年
製作国:アメリカ/イギリス
日本公開: 2015年3月13日 (TOHOシネマズみゆき座ほか)
上映時間: 1時間55分
配給: ギャガ

監督: モルテン・ティルドゥム

キャスト
アラン・チューリング☆ベネディクト・カンバーバッチ
ジョーン・クラーク☆キーラ・ナイトレイ
ヒュー・アレクサンダー☆マシュー・グード
スチュワート・メンジス☆マーク・ストロング


【ストーリー】
第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、仲間から孤立して作業に没頭していたが、やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに変化していく。いつしか一丸となったチームは、思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが……。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★★★ 
観終わって哀しい気分になるのが難点か?

この映画は、3つの時代が描かれる。

① アラン・チューリングの少年時代
② エニグマ解読時代
③ 戦後ケンブジリッジの教授時代

いったり来たりするので最初混乱する。

邦題には、エニグマと天才数学者の秘密という副題がついている。

エニグマはもちろん②のこと。

天才数学者の秘密を描くために①と③が配置されている。

エニグマ解読にも、観客を惹きつける十分なミステリーがある。

解いてみると、「な~んだ」というような謎(笑)
アイディアがどうやって生まれるのか、その秘訣みたいなものが垣間見える。

ネタバレはつまらないので多くを語れないが
観終わって哀しい気分になる、天才数学者の秘密だった。
色々知らなかったことが盛り込まれていて興味深い作品。







ポスター A4 パターンB イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 光沢プリント
写真フォトスタンド APOLLO

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポスター A4 パターンB イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 光沢プリント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





チューリングと超パズル: 解ける問題と解けない問題
東京大学出版会
田中 一之

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チューリングと超パズル: 解ける問題と解けない問題 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

エニグマ アラン・チューリング伝 上
勁草書房
アンドルー ホッジス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エニグマ アラン・チューリング伝 上 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

ノルウェーまだ~む
2015年03月22日 10:07
まっつぁんこさん☆
確かに観終わって哀しい気持ちになりますが、天国からコンピューターの進化を嬉しそうに見ているアランもいるかも~と思うと、あながち哀しいばかりじゃないかなと思ったりしました。
まっつぁんこ
2015年03月22日 19:13
ノルウェーまだ~むさん
たしかに業績は偉大です。
他人に迷惑かけてないんだし、自殺なんかせず自分で見届ければよかったのにと・・・思いました。

この記事へのトラックバック