イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ@ニッショーホール
画像
(C) 2015 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開: 2015年5月23日
企画製作: 日本テレビ
制作プロダクション: オフィスクレッシェンド
配給: 東宝

原作: 乾くるみ
脚本: 井上テテ
監督: 堤幸彦

キャスト
鈴木☆松田翔太
成岡繭子☆前田敦子
石丸美弥子☆木村文乃
亜蘭澄司
海藤☆三浦貴大
前野朋哉
木梨憲武
手塚理美
片岡鶴太郎


【ストーリー】
バブル真っただ中の、1980年代後半の静岡。友人から合コンに誘われ、乗り気ではなかったが参加することにした大学生の鈴木(松田翔太)は、そこで歯科助手として働くマユ(前田敦子)と出会う。華やかな彼女にふさわしい男になろうと、髪型や服装に気を使って鈴木は自分を磨く。二人で過ごす毎日を送ってきた鈴木だったが、就職して東京本社への転勤が決まってしまう。週末に東京と静岡を往復する遠距離恋愛を続けるが、同じ職場の美弥子(木村文乃)と出会い、心がぐらつくようになる。

【感想】まっつぁんこの評価 ★★★★

文字通りひっくり返った。おもしれー

映画を観ていただくと感想の意味がよくわかると思う(笑)

「最後の5分全てが覆る。あなたは必ず2回観る。」
このコピーは大袈裟です。
そこまで期待しちゃダメダメよ。

美弥子が鈴木に「イニシエーション」とは通過儀礼と言う。
元カレに「君にとって俺とのことはイニシエーションだったんだよ」と言われたんだそうだ。
そして「田舎の彼女にとって、あなたはきっとイニシエーション・ラブ」

イニシエーション【initiation】.
ある集団や社会で、正式な成員として承認されること。また、その手続きや儀式。成人式・入社式はその一形態。

元カレにとっては遊びの処理に都合のいい別れ文句。
それが、美弥子にとっては略奪愛の正当化に役に立つ言葉に転嫁される。

みなさんも、類似経験たくさんお持ちでしょう(笑)
色々な個人的経験に照らし合わせながら、おっさんとしても楽しく観ておりました。

するとですね・・・
最後に、文字通りひっくり返るわけですよ。

ほんと、これネタバレできないのが残念。

うちの娘のように、原作を知っていると具体的な質問がくる。
答えちゃうとつまらないのでお茶を濁しておきました。

「セッション」みたいに誰にでもすすめられるわけじゃないけど、女子中心にかなりおすすめの作品。
東宝は尺が短いものの方が面白いことが多いと思う。
この作品も1時間50分と適度なところに収まっています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

テクテク
2015年05月30日 14:56
こんにちは

あの時代、青春を謳歌していた人ならば
自分の思い出と重ね合わせて観ちゃうような内容でしたね

ネタバレできないのは残念ですが
よくよく考えてみると物語は意外とシンプル

でもその見せ方が上手だったので
この映画には十分楽しませてもらいました
2015年05月30日 17:13
テクテクさん
色々ヒントが転がっているので鬼の首を取ったようなこと言ってる人もいますね(笑)
ボンヤリみてひっくり返る方が楽しめると思います。
亜蘭澄司と松田翔太のキャスティングが絶妙でした。

この記事へのトラックバック

  • イニシエーション・ラブ

    Excerpt: <Side-A>1980年代後半、バブル最盛期の静岡。 サエない大学生・鈴木は、合コンで知り合った歯科助手のマユと付き合うように。 奥手だった鈴木は、マユに釣り合う男性になろうと努力する…。 <Sid.. Weblog: 象のロケット racked: 2015-05-18 12:47
  • 劇場鑑賞「イニシエーション・ラブ」

    Excerpt: 初めての恋は、通過儀礼… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201505240000/ 《送.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2015-05-24 15:16
  • イニシエーション・ラブ/松田翔太

    Excerpt: 乾くるみさんの同名ベストセラー小説を松田翔太さんの主演で堤幸彦監督が映画化したラブストーリー。原作は読んでますけど、たしかにあにラスト衝撃的でした。ホントに宣伝文句通 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2015-05-24 20:32
  • イニシエーション・ラブ

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(11) ラスト5分の怒涛の展開に、予告の煽りそのままに2回観たくなる^^; Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2015-05-25 20:35
  • イニシエーション・ラブ

    Excerpt: 今日も、気温が上がり・・・ Weblog: Break Time racked: 2015-05-26 21:02
  • イニシエーション・ラブ

    Excerpt: サイドAで出てくる就職活動中の主人公と歯科助手の女性との付き合いのあとに、東京に転勤した彼が出てくるものと思っていた。その思い込みのまま映画終盤の5分前まで行ってしまい、まんまと騙されてしまった。 Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2015-05-28 22:04
  • 不便な時代の恋愛事情。『イニシエーション・ラブ』

    Excerpt: 1980年代後半を背景に描かれた恋愛物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2015-05-29 12:33
  • [映画][☆☆★★★]「イニシエーション・ラブ」感想

    Excerpt:  乾くるみ原作のミリオンセラー小説を、「悼む人」の堤幸彦監督、「LIAR GAME」シリーズの松田翔太×「もらとりあむタマ子」の前田敦子主演で映画化。 元海砂利水魚ことくりぃむしちゅーの有田哲平をは.. Weblog: 流浪の狂人ブログ~旅路より~ racked: 2015-05-29 21:21
  • 「イニシエーション・ラブ」遠距離恋愛の末にみた恋人と会う事の大変さと女の顔に似合わない強かさ

    Excerpt: 「イニシエーション・ラブ」は合コンで知り合った女性と付き合う事になった鈴木という男が社会人となって直後転勤になり遠距離恋愛をする事になるが、遠距離恋愛故のまさかの展開 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2015-05-30 23:54
  • イニシエーション・ラブ

    Excerpt: イニシエーション・ラブ MOVIXさいたま 2015/5/23公開バブル真っただ中の、1980年代後半の静岡。友人から合コンに誘われ、乗り気ではなかったが参加することにした大学生の鈴木(松田翔 .... Weblog: 単館系映画と舞台 racked: 2015-06-01 20:53
  • 『イニシエーション・ラブ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「イニシエーション・ラブ」□監督 堤 幸彦□脚本 井上テテ□原作 乾くるみ□キャスト 松田翔太、前田敦子、木村文乃、三浦貴大、前野朋哉■鑑賞日 5月24日(日)■劇場.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-06-11 07:38
  • 『イニシエーション・ラブ』をトーホーシネマズ六本木3で観て、まずまず苦しゅうないふじき★★★

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★「騙し」については途中で分かったが、それでも楽しめた】 ちょっと「勿体ないな」と思ったのは、予告編等でさんざん「騙される」という表現を使ったが為に ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2015-06-11 23:08
  • No.499 イニシエーション・ラブ

    Excerpt: 松田翔太と前田敦子の共演で、乾くるみの人気小説を映画化。原作は、最後の2行に仕掛けられたどんでん返しが評判を呼び、発表から10年以上を経て130万部を超えるベストセラーになっ ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2015-06-14 19:53
  • 『イニシエーション・ラブ』 きっちり褒めよう

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  これはきちんと褒めないといけないな。映画『イニシエーション・ラブを観てそう思った。  宣伝に煽られて映画を観に行くと、拍子抜けすることや失望することがある。  この.. Weblog: 映画のブログ racked: 2015-07-04 21:49
  • イニシエーション・ラブ

    Excerpt: 2015年 日本 110分 ロマンス/ミステリー 劇場公開(2015/05/23) 監督: 堤幸彦 『トリック劇場版 ラストステージ』 原作: 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』 出演: 松田.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2015-12-06 15:44
  • イニシエーション・ラブ

    Excerpt: なんと、監督は堤幸彦だったんですね。 原作に興味を持っていたので、松田翔太と前田敦子と「目の保養」コンビで見ることが出来て嬉しかったです。 でも、噂によると「20世紀少年」じゃないけれど、.. Weblog: のほほん便り racked: 2016-05-13 15:34