キャロル

キャロル@ユーロライブ
画像
(C) NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED
英題:CAROL
製作年:2015年
製作国:イギリス/アメリカ
日本公開: 2016年2月11日
上映時間: 1時間58分
配給: ファントム・フィルム

監督: トッド・ヘインズ

キャスト
キャロル・エアード☆ケイト・ブランシェット
テレーズ・ベリベット☆ルーニー・マーラ
ハージ・エアード☆カイル・チャンドラー
リチャード・セムコ☆ジェイク・レイシー
アビー・ゲーハード☆サラ・ポールソン


【ストーリー】
1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのプレゼントを探すキャロル(ケイト・ブランシェット)に応対する。優雅で気品に満ちた美しさを誇るも、謎めいたムードもある彼女に魅了されたテレーズ。彼女にクリスマスカードを送ったのを契機に、二人は会っては話をする仲になる。娘の親権をめぐって離婚訴訟中の夫と争うキャロルと恋人からの求婚に思い悩むテレーズ。そんな中、彼女たちは旅行に出掛けるが……。

【感想】

内容知らずに観たのでぶっとんだ。
まさかこんな○○の映画だとは思わなかったので。

2月28日開催予定の第88回アカデミー賞において、ケイト・ブランシェットが主演女優賞、ルーニー・マーラが助演女優賞にそれぞれノミネートされている。
ところが、『キャロル』は作品賞および監督賞にはノミネートされなかった。
それはLGBTへの差別だと物議を醸している。
アカデミー賞の投票権を持つ人間の76%を占める男性会員には男性を求めない女性の心情が理解できなかったのだという。

(原作者のパトリシア・ハイスミスも監督のトッド・ヘインズ もLGBTだそうだ。)

たしかに、この映画は男性が感情移入するのは難しい。
というか不可能に近いのではないか・・・
そういう不利な点をさしひいてみる必要がある。

映画のテーマはLGBTであることはすでに述べた。
そして、舞台は1950年代のニューヨーク。
現代のアカデミー賞でも偏見・差別があるのに50年も前ならなおさらだろう。

当時を偲ばせる街路や車、家の内装などがセピア色の映像で雰囲気を盛り上げる。
ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの細やかな演技はみどころたっぷり。
傷心のケイトはルーニーと共に当てのない旅に出る。
ロードでだんだん緊張感が高まりついに御開帳となる。

そして、あっと驚く展開から物語がはじける。

うまくできてるじゃん!

感情移入はまったくできなかったけど、やっぱり見どころの多い作品だった。

アカデミーノミネート落選当然と考える男性諸氏以外には自信をもっておすすめできる。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ノラネコ
2016年02月05日 21:55
私は外見はおっさんですが、中身は35%くらい女の子とおもってるので、思いっきり感情移入して「No Other Love」のあたりでもう泣いてましたw
まっつぁんこ
2016年02月07日 18:19
ノラネコさん
これで泣くとはさすが。
わたしゃ0%を確認しました
rose_chocolat
2016年02月13日 05:03
あれー、同じとこいたんじゃん。
知らんかったわー。

わたしは泣かなかったな・・・ 良くできてるとは思ったけど。
まっつぁんこ
2016年02月13日 08:01
rose_chocolatさん
わたしがみたのは別日です。
このところcocoさんとは縁がありません。
ノラさん泣いてroseさんは泣かないとは・・・
(以下自粛w)
クマネズミ
2016年03月01日 21:21
今晩は。
本作については、それほどテーマとしてLGBTを強く意識させられずに、単に二人の人間の恋愛物語というように受け止めることができて、そうなれば、物語としてとても「うまくできてるじゃん!」と思えたところです。
まっつぁんこ
2017年06月14日 07:11
クマネズミさん
おっしゃるとおりですね(^^)♪
かめレスすみません。

この記事へのトラックバック

  • 映画:キャロル Carol ケイト・ブランシェットの主演女優賞他、納得の アカデミー賞ノミニー × 8 !

    Excerpt: ケイト・ブランシェットの「ブルージャスミン」に続いての主演女優賞が噂される今作。 アカデミー賞候補が発表されたが、まだ内容は知らないタイミングで今作を鑑賞した。 そして鑑賞直後に感じたのはま.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2016-01-23 08:12
  • キャロル

    Excerpt: パトリシア・ハイスミス著の「ザ・プライス・オブ・ソルト」を原作に創り上げたドラマです。 ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ主演と知って、公開を楽しみにしていました。 1950年代のニューヨークを.. Weblog: とりあえず、コメントです racked: 2016-01-23 19:55
  • キャロル

    Excerpt: 1952年、ニューヨーク。 マンハッタンにある高級百貨店のおもちゃ売り場で働く女性アルバイト店員テレーズは、写真家に憧れているが、恋人リチャードからは結婚を迫られ、中途半端な気持ちで毎日を過ごしていた.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-01-25 11:41
  • ショートレビュー「キャロル・・・・・評価額1700円」

    Excerpt: その愛は、人生を永遠に変える。 舞台は1950年代のニューヨーク。 エレガントな大人の女性キャロルと、まだ初々しい蕾のテレーズ。 対象的な二人は共に人生の岐路に立っており、運命的に出会うと急.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-02-05 21:50
  • キャロル

    Excerpt: 評価:★★★☆【3.5点】(P) 同性愛をテーマにしたメロドラマに付いて行けるか^^; Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2016-02-12 21:38
  • キャロル~←クリスマス

    Excerpt: 公式サイト。イギリス=アメリカ。原題:Carol。パトリシア・ハイスミス原作、トッド・ヘインズ監督。ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、ジェイク・ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-02-13 00:03
  • 『キャロル』 静かに進む濃密な愛の行方

    Excerpt: 原題: Carol 監督: トッド・ヘインズ 出演: ケイト・ブランシェット 、ルーニー・マーラ 、サラ・ポールソン 、ジェイク・レイシー 、カイル・チャンドラー 試写会場: ユーロライブ 201.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2016-02-13 04:58
  • キャロル

    Excerpt: 【CAROL】 2016/02/11公開 イギリス/アメリカ/フランス PG12 118分監督:トッド・ヘインズ出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、ジェイク・レイシー、カ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-02-14 23:00
  • これは不倫か?純愛か?『キャロル』

    Excerpt: 離婚調停中の人妻と若い女性の恋愛を描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2016-02-15 22:33
  • 『キャロル』

    Excerpt: 「憧れ」や「代用」は恋へと昇華するのだろうか。 これは恋の物語でも愛の物語でもなく、本当の意味での恋が始まるまでの物語。キャロル・エアードとテレーズ・ベリベットの対等 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-02-18 17:50
  • 『キャロル』('16初鑑賞15・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆-- (10段階評価で 6) 2月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 14:30の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-02-19 20:56
  • 『キャロル(Carol)』トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、他

    Excerpt: 『キャロル』Carol原作 : パトリシア・ハイスミス監督 : トッド・ヘインズ出演 : ケイト・ブランシェットルーニー・マーラカイル・チャンドラージェイク・レイシーサラ・ポールソン、他 物語・195.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2016-02-21 05:23
  • キャロル

    Excerpt:  『キャロル』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)本作の主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭の時点は19.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-03-01 18:51
  • 私の天使~『キャロル』

    Excerpt:  CAROL  1952年、ニューヨーク。フォトグラファーに憧れながらも百貨店のおもちゃ 売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのクリスマスプレゼントを 買いに.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2016-03-07 21:09
  • 『キャロル』 1950年代と今日性と

    Excerpt: Carol(viewing film) 1950年代のニューヨークを舞台に二人の Weblog: Days of Books, Films racked: 2016-03-08 11:51
  • 運命の恋、それは

    Excerpt: 15日のことですが、映画「キャロル」を鑑賞しました。 試写会にて 52年、マンハッタン 冬。テレーズはデパートで玩具販売員のアルバイトをしていたある日 娘へのプレゼントを探しに来た ミステリアスな.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-03-23 22:32
  • 「キャロル」

    Excerpt: ビューティフル! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2017-06-13 22:48