google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ボクの妻と結婚してください。





ボクの妻と結婚してください。@有楽町朝日ホール
ボクの妻と結婚してください。.jpg

(C) 2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年11月5日
上映時間:1時間54分
製作・配給:東宝

原作: 樋口卓治
監督: 三宅喜重

キャスト
三村修治☆織田裕二
三村彩子☆吉田羊
伊東正蔵☆原田泰造
三村陽一郎☆込江海翔
知多かおり☆高島礼子
片岡喜子☆森カンナ
業田豊☆眞島秀和
清瀬モモ☆佐藤ありさ
中島隆☆前川泰之
三浦孝子☆大塚千弘
俵屋三幸☆小堺一機
荒城伊知郎☆大杉漣


【ストーリー】
バラエティー番組の放送作家・三村修治(織田裕二)は多忙な日々を送っていたある日、末期のすい臓がんで余命6か月と宣告されてしまう。ショックを受けながらも家族のため何ができるのか考えた彼は、自分の代わりに家族を支えてくれる人を見つけようする。そこで、以前一緒に仕事をしたことがあり、今は結婚相談所の社長である知多かおり(高島礼子)に、自分がこの世を去った後の妻の結婚相手を探してほしいと頼み……。

主題歌 - 中島美嘉「Forget Me Not」

【感想】
あまりリアリティを求めてもしかたないがこんなことあるのだろうか?
最後までこの疑問がつきまとう。

放送作家三村修治45歳は膵臓がんで余命半年、長くて1年を宣告される。
ここまでは大いにあり得る。
俺自身膵臓に嚢胞があり半年に一度定期検診をうけているので他人事でない。

そこで三村は何を考えたか?
テレビのバラエティー番組で「楽しい」を追求してきた彼は、なんと、自らが亡きあと妻と結婚してくれる婿を探すことにする。
普通の人ならそんなこと考えるはずないが、放送作家という職業柄そんなことがあってもいいかと目をつむろう(笑)

そこで、高島おばさんの登場となる。
仕事仲間の婚活女子に連れられ婚活パーティーを取材。
そこで旧知の仕事仲間高島おばさんと遭遇。
彼女はなんと婚活会社の社長だった。
都合の良い設定である。
放送作家は顔が広いのだなと認めるしかない。(笑)

高島おばさんの協力で、妻の再婚相手を物色。
インテリア会社経営伊東正蔵39歳独身にターゲットをしぼりアプローチ。

当然うまく行くわけがないのである!

こんな噴飯もののストーリーが小説になり、ドラマ化、舞台化されさらに映画化までされている。
その秘密は何だ?

よくわからないがこの世知辛い世の中。
有り得ないファンタジーが強く求められているのかなと愚考。

バカ野郎と思いながら観ていたら、最後のまとめはそこそこ。
ただ、あそこまでのネタばらしは不要。
残された二人を活写しておけば十分推察可能。
見る側のレベルに合わせた説明過剰なのだろうとは思うが無粋であった。


google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yutarou
2016年10月17日 14:03
あのネタバラしなかったら良い映画だったのに
もてあそばれた感で台無しです 笑
やっぱり掌で遊ばれているのね...
まっつぁんこ
2016年10月19日 08:22
yutarouさん
あれがないと有り得ない話になってしまいます。
でも説明過剰で残念な感じでした
KGR
2016年11月23日 14:48
残される妻のために夫を探すというコンセプトに共感が持てるかどうかですが、私は持てませんでした

妻を思う気持ちとは裏腹に、妻の気持ちを無視した愛情の押し付けに思えました。
まっつぁんこ
2016年11月23日 16:14
KGRさん
無理筋ですよね(笑)
「お釈迦様の掌の上」でなんとか収まった感じでしょうか?

この記事へのトラックバック

  • 『ボクの妻と結婚してください。』 2016年10月16日 朝日ホール

    Excerpt: 『ボクの妻と結婚してください。』 を試写会で鑑賞しました。 今日は2本とも東宝作品。 そして少し期待していたが、少しガッカリした両作品。。。 【ストーリー】  バラエティー番組の放送作家・三村修治.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2016-10-17 14:02
  • 劇場鑑賞「ボクの妻と結婚してください。」

    Excerpt: 家族には、笑顔でいて欲しい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201611050001/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-11-05 14:50
  • ボクの妻と結婚してください。★★★

    Excerpt: TVドラマ化もされた売れっ子放送作家・樋口卓治の同名ベストセラー小説を織田裕二主演で映画化した感涙ラブ・ストーリー。余命宣告を受けた敏腕放送作家が、最愛の家族のために、妻の結婚相手を探す人生最後の“企.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-11-11 23:33
  • 「ボクの妻と結婚してください。」最期も笑顔で…。

    Excerpt: [ボクの妻と結婚してください。] ブログ村キーワード 何と!織田裕二の映画主演作は、4年振りなんだそうです。「ボクの妻と結婚してください。」(東宝)。TVドラマでも、ただ今絶賛(?)イメチェン中のご様.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2016-11-12 17:36
  • 映画、試写会「ボクの妻と結婚してください」

    Excerpt: 2016/10/27、新宿の明治安田生命ホール。 18時の開場少し前に到着。 地下鉄(都営新宿線/京王新線新宿駅)から地下通路を通って約5分。 明治安田生命ビルの地下まで入場の列が並んでいたが、ここ.. Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR racked: 2016-11-23 14:44
  • 「ボクの妻と結婚してください。」残される妻の事を考え抜いた先にみた妻が夫の希望を叶える為に嘘をついた最愛の夫への愛情

    Excerpt: 「ボクの妻と結婚してください。」は余命半年の夫が残される妻の為に再婚相手を探すストーリーである。亡くなった後の事を考えると色々あるだろうけれど、やはり人生は人それぞれ ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-11-27 21:00