ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー@ユナイテッドシネマ豊洲
画像
(C) 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
英題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年12月16日
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

監督: ギャレス・エドワーズ

キャスト
ジン・アーソ☆フェリシティ・ジョーンズ
キャシアン・アンドー☆ディエゴ・ルナ
チアルート・イムウェ☆ドニー・イェン
オーソン・クレニック☆ベン・メンデルソーン
ゲイレン・アーソ☆マッツ・ミケルセン
K-2SO☆アラン・テュディック
ソウ・ゲレラ☆フォレスト・ウィテカー
ボーディー・ルック☆リズ・アーメッド
ベイズ・マルバス☆チアン・ウェン


【ストーリー】
帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍に加わり、あるミッションを下される。それはデス・スターの設計図を奪うという、困難かつ無謀なものであった。彼女を筆頭に、キャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・アーメッド)といったメンバーで極秘部隊ローグ・ワンが結成され、ミッションが始動するが……。

【感想】
12月16日公開初日の鑑賞。
どうも初日を逸するとそのままパスすることになるので無理して行ってきた。
劇場の入りは半分くらいで男性ばかり。
昨年のエピソード7ほどの盛り上がりには欠けた。
初日プレゼント?のポスターをもらい、いっぱい予告編をみたあとスタート。

やっぱり、スター・ウォーズは特別だ。
エピソード4の公開は1978年6月30日。
19歳大学2年だった私は公開時にみた。
誰と何処でみたのかまったく記憶に残っていない。
その後のエピソード5と6は劇場鑑賞なし。
16年の時を経て復活したエピソード1からはまた劇場で観劇。
タイトルやテーマ曲だけで泣きそうになったりして(笑)

ローグ・ワンは、エピソード4の前日譚。
デス・スターの設計図がなぜレイア姫の手に渡ったのか。
その奪取作戦というきわめてシンプルな話である。
そして、結果は決まり切っている。
そのあたりをきちんとわきまえて観に行くべきだ。
つまらん前情報は不要。
エピソード4を知らないなんて人が観てはいけない(笑)

この映画の登場人物は殆どエピソード4には登場しない。
ということは?
最後の最後に、当然あの人が登場するのですが、キャリー・フィッシャーではなくイングヴィルド・デイラというノルウェー人女優だそうです。
てっきりキャリーだと思いました。
ダース・ベイダーの声はシリーズ共通でジェームズ・アール・ジョーンズでした。
ジンは良かったけどお役御免。
後付けのくせに妙にうまくはまっていて感心。
絶対に劇場鑑賞すべき映画であることは間違いありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yukarin
2016年12月20日 22:50
私もEp.7ほどの盛り上がりはあまりませんでしたが、後半の戦闘シーンからEp.4につながるシーンはテンションが上がりました。
最後の最後のあの人は...似てましたね~
まっつぁんこ
2016年12月20日 23:32
yukarinさん
予想通りとはいえ悲しい話。
助かるわけないのに助かるいつものパターンでないだけにぐっとくるものがありました。

この記事へのトラックバック