火花

火花@一ツ橋ホール
画像
(C) 2017「火花」製作委員会
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年11月23日 (全国東宝系)
上映時間:2時間0分
製作・配給:東宝

監督・脚本: 板尾創路

キャスト
徳永☆菅田将暉
神谷☆桐谷健太
真樹☆木村文乃
山下☆川谷修士
大林☆三浦誠己
鹿谷☆加藤諒
高橋努
日野陽仁
山崎樹範


【あらすじ】
徳永(菅田将暉)は、お笑いコンビ「スパークス」としてデビューを果たすものの、一向に売れる気配がなかった。ある日、営業に出掛けた熱海の花火大会で4歳年上の神谷(桐谷健太)と知り合う。徳永はお笑いコンビ「あほんだら」としてステージに立った神谷が見せた型破りな漫才に衝撃を受ける。そこで徳永が神谷に弟子入りを願い出ると……。

【感想】
又吉直樹の原作“火花”は1年半前に読んだ。
短い小説なのにつまらなかったので読了に2週間もかかった。
感想はつまらなかったのひとことなんだけど付け加えると
“なんでこんなのが芥川賞なんだ?話題作りのためとはいえ芥川賞も落ちたもんだ”
さんざんである(^^)/
芥川賞も経年劣化して存在価値が薄れているのは否めまい。
直木賞も同じ。こちらの方がもっとひどいかも。

で、映画である。
そんな経緯もありまったく期待せずに観た。

映画はそこそこの出来だった。
文章では伝わらないナニか。
映像のマジックがあった。
やっぱりつまらない原作の方が映画化には向いている。
あとは俳優の力であろう。
桐谷くんと菅田将暉のちから。
あとは、これは芸人が映像化するしかないだろうと乗り出した板尾創路。

不倫ネタで世を騒がせているが仕込みではないかと疑ってしまう(笑)

どうせなら最後に「板尾創路の脱獄王」でやったみたいなオチが欲しかった。
それでも、これがやりたかったに違いないと思う“常識をくつがえす漫才”のくだりは秀逸。
芸人が映画化を買って出ただけの価値があった。
脱獄王ほどの爆笑シーンはないけど色々おかしいシーンはある。
木村文乃がブスメイクして変顔するのには根性を感じた。
笑いはそこそこだったけど、ぐっとくるシーンが盛られているとは思わなかった。
☆は4つです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年11月27日 22:03
バイトばかりしてる友人がいます。
もう50歳越えてるのに・・・
そんなバイトの辛さをもっと描いてもらいたかったかも。
まっつぁんこ
2017年11月29日 12:54
kossyさん
現実は厳しいのでしょう。
映画でリアルな辛さはあまり見たくないなあ
ノルウェーまだ~む
2017年11月30日 23:45
まっつぁんこさん☆
やっぱり関西弁の勢いとノリと漫才のテンポは映像にならないと伝わりにくいところありますね。
まっつぁんこ
2017年12月01日 14:28
ノルウェーまだ~むさん
うん、下手な文章では表せない。
うまい文章でもムリな映像の+αがありました。
2018年01月07日 14:32
今日は。
おっしゃるように、「“常識をくつがえす漫才”のくだりは秀逸」でした。
それで、クマネズミは、この盛り上がりでジ・エンドで良かったのではと思ったのですが、本作では、エピローグ的に、さわに神谷の笑いについての話と、冒頭の花火のシーンに対応する花火のシーンをもってきていますが、それで構成的には安定するとは言え、なくもがなという感じでした。
まっつぁんこ
2018年01月07日 15:12
クマネズミさん。
同感です。そう思った人が多いと思います。

この記事へのトラックバック