デトロイト

デトロイト@よみうりホール
画像
(C) 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:DETROIT
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2018年1月26日 (TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:2時間22分
配給・提供:ロングライド

監督・製作: キャスリン・ビグロー

キャスト
ディスミュークス☆ジョン・ボイエガ
クラウス☆ウィル・ポールター
ラリー(ザ・ドラマティックス)☆アルジー・スミス
フレッド☆ジェイコブ・ラティモア
カール☆ジェイソン・ミッチェル
ジュリー☆ハンナ・マリー
カレン☆ケイトリン・デヴァー
デメンズ☆ジャック・レイナー
フリン☆ベン・オトゥール
オーブリー☆ネイサン・デイヴィス・ジュニア
リー☆ペイトン・アレックス・スミス
マイケル☆マルコム・デヴィッド・ケリー
モリス(ザ・ドラマティックス)☆ジョセフ・デヴィッド=ジョーンズ
コニャーズ下院議員☆ラズ・アロンソ
ジミー(ザ・ドラマティックス)☆イフラム・サイクス
ダリル(ザ・ドラマティックス)☆レオン・トマス三世
オーブリー・ポラード・シニア(オーブリーの父親)☆ベンガ・アキナベ
フランク警官☆クリス・チョーク
ラング弁護士☆ジェレミー・ストロング
ロバーツ准尉☆オースティン・エベール
マルコム(ザ・ドラマティックス)☆ミゲル・J・ピメンテル
アウアーバッハ弁護士☆ジョン・クラシンスキー
グリーン☆アンソニー・マッキー


【あらすじ】
1967年の夏、アメリカ・ミシガン州デトロイトで大規模な暴動が発生し、街が騒乱状態となる。2日目の夜、州兵集結地の付近で銃声が鳴り響いたという通報が入る。デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元警備隊は、捜査のためにアルジェ・モーテルの別館に入る。数人の警官が、モーテルの宿泊客相手に捜査手順を無視した尋問を開始。自白を強要された宿泊客たちは……。

【感想】
この映画もハリウッド流の予定調和の世界から逸脱している。
もし、アカデミー賞を受賞したらたいしたものだ。
たんたんと衝撃的な事実が描かれて何の救いもなく終わる。

この映画で描かれた事実が、証人により証言され裁判が行われたのであろう。
そしてその結論は、暴行 無罪、殺人 無罪。
あたま狂ってるとしか言えないでしょ?どうするの?
ということを観客に投げかけているのである。
昨年の“ムーンライト”より数段こっちが上だと俺は思った。

日本の再審請求は冤罪被害者が行うもの。
アメリカで必要なのは正反対の再審請求だ(笑)
白人の証言者もいて、本人の自白もある。
被害者の体には弾が残っているから調べればわかるだろ。
まったくこんなでNot Guilty になるなら裁判なんか不要。
これは、現在でも根強くアメリカに残る人種差別のあらわれで過去の忘却したい恥部。
本当にこころから、再審した方がいいんじゃないかと思った。

こんな事件にザ・ドラマティックスのVocalラリーが巻き込まれていたとは知らなかった。
ボディーガードのフレッドを亡くした彼は二度とグループに復帰しなかった。
多くの人の人生を狂わせた事件にうまく焦点をあわせたキャスリン・ビグロー監督はさすが。
ぜひとも二度目のオスカーを手にして欲しいものである。

この記事へのコメント

2018年01月30日 15:22
実話ものなので仕方がないのですが、救いもなくもやもやとした気持ちで見終わりました。
暴行も殺人も無罪って正しい裁判が行われていないことにも怒りを感じます。ザ・ドラマティックスはあまりよく知りませんが、ラリーが表舞台で歌声を披露できなくなったのは残念です。
まっつぁんこ
2018年01月31日 07:33
yukarinさん
今でもあそこまでではないにしろ人種差別はあると思います。警官による黒人射殺は後を絶ちません。
ノルウェーまだ~む
2018年02月01日 19:22
まっつぁんこさん☆
何の救いも無くて、さすがの私もヘコタレました。
でもあえてハリウッド的なハッピーエンドにしなかったピグロー監督は凄いですね。
何しろ解決してないどころか、益々差別に拍車が掛かりつつあるアメリカです。オスカー獲って欲しいですね☆
ノラネコ
2018年02月02日 22:37
ホラーより恐ろしい映画でした。
背景を知らない人に、「これ昨日の話です」と言っても違和感がないのが一番の衝撃。
人種葛藤はここ半世紀で極端に変わった部分と、ほとんど変わらない部分があるのが現実ですね。
まっつぁんこ
2018年02月03日 14:28
ノルウェーまだ~むさん
アカデミー会員には気骨を示して欲しいところ。
レノンのImagineの世界実現は、はてしなく遠い
まっつぁんこ
2018年02月03日 14:31
ノラネコさん
人間のやることが一番のホラー。
英国王室みたいに同一化均質化していっても、その中でまた何らかの形の差別が発生してしまうのだと思います。
2018年02月04日 15:07
いやはや、凄い映画としか言いようがなく…
ビグロー監督の手腕が冴え渡っていたように思います。
尋問シーンの緊迫感は手に汗握りまくりでした。
まっつぁんこ
2018年02月04日 18:18
BROOKさん
最後の判決にちょっとだけ正義を期待してしまいました。
正義なんか無いことをつきつけられ、この映画を観た白人観衆はどのように感じたのでしょう?それが知りたいと思いました。

この記事へのトラックバック

  • デトロイト

    Excerpt: 1967年、アメリカ中西部の大都市デトロイト。 デトロイト暴動から3日目の夜、若い黒人客たちで賑わうアルジェ・モーテルに、銃声を聞いたとの通報を受けた大勢の警官と州兵が殺到。 それは宿泊客の黒人青年が.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-01-16 16:58
  • 映画「デトロイト(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『デトロイト(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(1/26)の本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら70点にします。 .. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2018-01-26 18:35
  • 「デトロイト」☆屈辱と差別を体感せよ

    Excerpt: バッドエンドの映画が好きだし、事件をスッキリと解決しない映画でも平気な私がさすがにヘコタレた映画。 救いが無い。 黒人差別を扱った映画も数多い中において、少しの希望、部分的な勝利、ちょっとだけ相手.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2018-02-01 19:17
  • デトロイト・・・・・評価額1700円

    Excerpt: 絶望の夜を、生き延びろ。 「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」と言った漢の映画で知られるキャスリン・ビグロー監督が、1967年の夏に起こったデトロイト暴動を描いた超ハードな実録ドラマ。.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2018-02-02 22:25
  • 劇場鑑賞「デトロイト」

    Excerpt: 「デトロイト」を鑑賞してきましたキャスリン・ビグロー監督が「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」に続いて再び脚本にマーク・ボールを迎え、1967年の“デトロイト暴動... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2018-02-04 15:06
  • デトロイト

    Excerpt: 1967年に起きた事件で現在も生存している当事者に詳細な取材を行って、ドキュメンタリーのような内容の物語になっている。当時の映像も時々入るので、より真実味がある。白人警官を演じた役者が演技を拒否するく.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2018-02-04 16:03
  • 「デトロイト」

    Excerpt: 「Great Migration」。アメリカの歴史において、アフリカ系の黒人達は、2つの世界大戦を通して南部から各地へと大移動をした。雇用の問題や人種差別の問題が根底にある。綿花産業で奴隷として働いて.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2018-02-07 17:55
  • デトロイト

    Excerpt: キャスリン・ビグロー監督が「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」に続いて再び脚本にマーク・ボールを迎え、1967年の“デトロイト暴動”のさなかに起きた衝撃の事件を映画化し、今なお続く銃社会の恐.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2018-02-13 19:26
  • 「デトロイト」

    Excerpt: 権力をもつ者こそ謙虚であれ。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2019-03-11 07:45