パシフィック・リム:アップライジング

パシフィック・リム:アップライジング@ユナイテッドシネマ豊洲

(C) Legendary Pictures / Universal Pictures.
英題:PACIFIC RIM UPRISING
製作年:2018年
製作国:中国/アメリカ
日本公開:2018年4月13日
上映時間:1時間51分
配給:東宝東和

監督・脚本: スティーヴン・S・デナイト

キャスト
ジェイク・ペントコスト☆ジョン・ボイエガ
ネイサン・ランバート☆スコット・イーストウッド
アマーラ・ナマニ☆ケイリー・スピーニー
ニュート・ガイズラー博士☆チャーリー・デイ
リーウェン・シャオ☆ジン・ティエン
ハーマン・ゴットリーブ博士☆バーン・ゴーマン
チュアン司令官☆マックス・チャン
ジュールス・レジェス☆アドリア・アルホナ
森マコ☆菊地凛子
ヴィク☆イヴァンナ・ザクノ
ジナイ☆ウェスリー・ウォン
レナータ☆シャーリー・ロドリゲス
イリヤ☆リーヴァイ・ミーデン
スレシュ☆カラン・ブラル
メイリン☆リリー・ジー
タヒーマ☆ラハート・アダムス
リョーイチ☆新田真剣佑

【あらすじ】
巨大兵器イェーガーを駆使する人類とKAIJUたちとの激闘から10年。今は亡き英雄ペントコストの息子でイェーガー・パイロットとしての活躍を期待されていたジェイクは、環太平洋防衛軍(PPDC)を去って違法なイェーガーのパーツ売買を行っていた。だが、戦地からイェーガーのパーツを盗んでいたアマーラと共に逮捕され、PPDCのパイロット養成施設へ送られる。そこで彼は義姉のマコ(菊地凛子)に命じられ、イェーガー・パイロットの候補生の教官を務めることになる。

【感想】
前作 パシフィック・リム からほぼ5年。
基本ストーリーは前作も今回も昔のウルトラマンやウルトラセブンと同じ。

①怪獣の登場
②怪獣とウルトラセブン(イェーガー)の闘い
③苦戦するも最終的には大勝利

深みとかうんちゃらかんちゃらを求めるのは筋違いである。

前作は観たけどすっかり忘れた。
主要人物の一人だった菊地凛子は今回も登場。
ニュート・ガイズラー博士とハーマン・ゴットリーブ博士も重要な登場人物として再登場するがどんな役割だったかすっかり忘れ果てた。

アマーラは芦田愛奈ちゃんに演ってもらえば良かったじゃないかと思ったけど、前作で森マコの幼少期だったからムリか。
でも大きくなってわかりゃしないから愛奈ちゃんで良かったんじゃないかとくだらないことを考えた。
前回は登場していないジョン・ボイエガが主人公で出演している。
なんかスターウォーズみたいで嫌だ(笑)

今回は裂け目が再び少しだけ開いてカイジューが3体出現。
なぜか富士山火口をめざして太平洋を渡って東京に集合。
そんな寄り道しないでもいいんだけど映画を盛り上げるためにやってくる。
イェーガー4体との死闘のあと、3体は合体ロボ。
ゴモラとゴジラとギエロン星獣をあわせたみたいな巨大なカイジューになる。

なんで、あんな攻撃でやられるんだ?

まあいいか(笑)

初日プレゼントのポストカードをもらって帰ってきた。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年04月18日 16:26
初日プレゼントあったんですね。
最近は金曜が初日なのが残念です←もらえない( ;∀;)
まっつぁんこ
2018年04月20日 07:18
yukarinさん
ユナイテッドシネマだけかもしれません。
金曜初日は行くしかないと思います
私のようなヒマ人なら実行可能ですけど普通は難しいのかな。働き方改革で誰でもできるようにして欲しいと思います。(プレミアムフライデーとやらは無意味)
ふじ゛き78
2018年05月03日 23:22
> 前回は登場していないジョン・ボイエガが主人公で出演している。
> なんかスターウォーズみたいで嫌だ(笑)

ジョン・ボイエガってしれっと「スター・トレツク」とかにも出そう。
まっつぁんこ
2018年05月04日 07:12
ふじ゛き78さん
個性的で、出ていれば一発でわかるのはたしか

この記事へのトラックバック