あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS のみとり侍

<<   作成日時 : 2018/05/17 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

のみとり侍@東宝試写室
画像
(C) 2018「のみとり侍」製作委員会
製作年:2018年
製作国:日本
日本公開:2018年5月18日 (全国東宝系)
上映時間:1時間49分
製作・配給:東宝

原作: 小松重男
監督・脚本: 鶴橋康夫

キャスト
小林寛之進☆阿部寛
おみね☆寺島しのぶ
清兵衛☆豊川悦司
佐伯友之介☆斎藤工
甚兵衛☆風間杜夫
お鈴☆大竹しのぶ
おちえ☆前田敦子
田沼意次☆桂文枝
他ジ

【あらすじ】
越後長岡藩藩士の小林寛之進(阿部寛)は藩主の気分を害してしまい、表向きは猫ののみとりを商売にしつつ、実態は床で女性の相手をする裏稼業「のみとり」を命じられる。長屋で暮らす人々の助けを借りながら新たな生活を始めて、間もなく出会ったおみね(寺島しのぶ)が、最初の「のみとり」の相手となる。亡き妻にそっくりな彼女にときめく寛之進だったが「下手くそ!」とののしられ、伊達男の清兵衛(豊川悦司)から女の喜ばせ方を学んで腕を磨いていく。

【感想】
東宝にしては珍しい R15 指定。
何でそんなことになっているのか?
女たらしの トヨエツ が 阿部寛に女性を悦ばす手管のてほどきをするからだ。
何でそんなことになっているのか?というと
原因はすべて寺島しのぶにある。
のみとり侍に身を落とした阿部寛の最初の客が寺島しのぶ。
彼女は阿部寛の亡妻に生き写し。
その彼女に、コトが終わったあと
“ヘタクソ!”と罵倒される。
男としては厳しいシチュエーションである。

そんなこんなで阿部寛はトヨエツに弟子入り。
トヨエツの浮気現場でその手練手管を実習。
なんとも言えずおかしい。

おかしいのだが、物語自体本当はシリアスだ。
なんで阿部寛が藩主からのみとりを命じられるのか?
藩主が松重さんなんだけど、これがまた芸達者なとこ魅せていて感心。
ジャニタレ映画よりこっちの方が数段面白い。
が、観客が入らないからつまらん映画ばかりになる。
というわけで、全面的に応援したいと思うのである。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『のみとり侍』 2018年5月12日 東宝試写室
『のみとり侍』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2018/05/18 08:25
のみとり侍
老中・田沼意次の規制緩和により、金になるなら大抵のことが許された江戸の世。 越後長岡藩の勘定方(会計係)として出世街道を邁進していた小林寛之進は、藩主・忠精の逆鱗に触れ左遷されてしまう。 その左遷先は江戸の貧乏長屋で、仕事は猫の“蚤(のみ)とり”。 しかし、実は女性に“愛”をご奉仕する裏稼業だった…。 時代劇。 ...続きを見る
象のロケット
2018/05/19 10:10
「蚤とり侍」
役者は良かった。ただし、54分民放テレビドラマなら。この作品は1時間半も引っ張る話ではない。っていうか、エロシーン長過ぎ。あそこを纏めれば少しは中ダレしなかったのかな、と思う。「こんな時代劇が観たかった!」と煽られても、「え〜…別に〜」という感じなのだ。役者はみんなそれぞれの役どころに上手く落とし込まれていて、キャスティングは秀逸だった。斎藤工は美味しい役だった。昔ならあの役は西島秀俊が演じたのではないかと思う。阿部寛は、と言えば…。悪くないんだけど、「テルマエロマエ」の立ち位置や言い回しとどう... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/05/28 12:45
のみとり侍
「後妻業の女」などの鶴橋康夫監督が、「テルマエ・ロマエ」の阿部寛とタッグを組んだ時代劇コメディ。鶴橋監督自身が脚本も兼任し、小松重男の短編小説集「蚤とり侍」の人気エピソードをもとに再構築した。おみね役の寺島しのぶ、清兵衛役の豊川悦司ら、共演にも豪華実力派俳優がそろう。あらすじ:長岡藩のエリート藩士・小林寛之進は、運悪く藩主の機嫌を損ねてしまい、猫の「のみとり」の仕事に就くよう命じられる。それは文字通り猫ののみを取って日銭を稼ぐものだが、実際は床で女性に愛をお届けする裏稼業であった。長屋で暮らすの... ...続きを見る
映画に夢中
2018/05/29 12:21
『恋は雨上がりのように』『デッドプール2』『GODZILLA決戦機動増殖都市』『SHOOT X 霊撮...
摘まんで5本まとめてレビュー。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
2018/07/06 01:22
のみとり侍
小松重男の同名小説を「後妻業の女」の鶴橋康夫監督が、阿部寛を主演に迎えて映画化した作品だ。これは色っぽい喜劇で、寺島しのぶと前田敦子の熱演ぶりが際立っている。とくに寺島しのぶはすごい脱ぎっぷりだった。まじめすぎるある藩の武士が藩主の逆鱗に触れてのみとり家 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2018/09/06 23:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
男はみんなヘタクソと言われないように努力してね!!
カメ
2018/05/22 10:33
カメさん
のみとりはともかくステディーな関係めざすなら相手がヘタクソなのはラッキー!と喜ぶべきだと思います
まっつぁんこ
2018/05/24 07:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
のみとり侍 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる