あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 女と男の観覧車

<<   作成日時 : 2018/06/19 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

女と男の観覧車@テアトル京橋試写室
画像

Photo by Jessica Miglio (C) 2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
英題:WONDER WHEEL
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2018年6月23日 (丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか)
上映時間:1時間49分
配給:ロングライド

脚本・監督: ウディ・アレン

キャスト
ジニー☆ケイト・ウィンスレット
ミッキー☆ジャスティン・ティンバーレイク
キャロリーナ☆ジュノー・テンプル
ハンプティ☆ジム・ベルーシ
リッキー☆ジャック・ゴア


【あらすじ】
1950年代のコニーアイランド。遊園地のレストランでウエイトレスとして働く元女優のジニー(ケイト・ウィンスレット)は、再婚同士の夫と自分の連れ子と一緒に、観覧車の見える部屋に住んでいた。平凡な日々に幻滅し、海岸で監視員のアルバイトをしている脚本家志望のミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)とひそかに交際するジニーだったが、ある日久しく連絡がなかった夫の娘が現われたことで歯車が狂い始め……。

【感想】
ウディ・アレンじいさんの新作。
いかにもウディ・アレンらしい作品。
語り部としてジャスティン・ティンバーレイクが登場。
彼のガイドで物語が進行する。
とはいっても彼は第三者ではない。
主要登場人物二人と関係を持ち、三角関係ならぬ四角関係の当事者となるのだから変わっている。
そのミッキーはジニー(ケイト・ウィンスレット)と浮気中。
ハンプティとの三角関係だけでもややこしいのに、ハンプティの娘キャロリーナがギャングの夫から逃げてコニーアイランドにやってくる。
最初は激怒して受け入れを拒否するハンプティ。
いつの間にやらキャロリーナは父の家に居ついてジニーと一緒に働きだす。
さらに海岸でライフガードやってるミッキーと知り合って話をこんがらかす。
最大の見どころはやはりジニーを演じたケイト・ウィンスレットの演技。
ミッキーとのデートに出かけるキャロリーナを見送るシーンの目力がすごい。
その後のあっと驚く展開で魅せる表情には鬼気迫るものがあった。
女は怖い(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『女と男の観覧車』 2018年4月20日 京橋テアトル試写室
『女と男の観覧車』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2018/06/19 20:33
女と男の観覧車
1950年代のアメリカ・コニーアイランド。 遊園地でウェイトレスをしている女ジニーは、再婚同士の夫ハンプティ、連れ子の息子リッチーと3人暮らし。 彼女は脚本家を目指す大学生ミッキーと不倫中で、彼と一緒にこの街を出るつもりでいた。 そんな時、夫の娘キャロラインが、ギャングの前夫から追われていると逃げ込んで来る…。 ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2018/06/23 08:58
女と男の観覧車
 アメリカ  ドラマ  監督:ウディ・アレン  出演:ジム・ベルーシ       ...続きを見る
風情?の不安多事な冒険 Part.5
2018/06/23 22:18
「女と男の観覧車」:人間国宝の名人芸
映画『女と男の観覧車』は好調の続くウディ・アレン(今年83歳)による、上出来の人 ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/06/24 22:32
女と男の観覧車
ウディ・アレン監督作品初登場となる「リトル・チルドレン」「愛を読むひと」のケイト・ウィンスレットが、ままならない日常に疲れ果て、刹那の情事にすがりつくうらぶれた中年女性を演じる哀愁の愛憎ドラマ。共演はジュノー・テンプル、ジャスティン・ティンバーレイク、ジム・ベルーシ。あらすじ:1950年代、ニューヨーク郊外のリゾート地コニーアイランド。遊園地のレストランでウェイトレスとして働く元女優のジニー。今は回転木馬の操縦係を務める粗野な男ハンプティと再婚し、自身の連れ子リッチーと3人で、騒々しい遊園地のそ... ...続きを見る
映画に夢中
2018/07/02 20:15
「女と男の観覧車」
物凄く意識して、映画の世界に芝居仕立てを持ってきている。もう観た人全員が感じていることだろうけれど、採光と効果音が絶妙だ。夏のコニーアイランドの寂れた遊園地を舞台に、女と男がそれぞれの想いをぶつけ合う。採光は、夏の光。海辺だったり、夕暮れだったり、雨の中にももちろん灯りはある。部屋の灯り。逢瀬を重ねる桟橋の下の灯り。それによってジニー(ケイト・ウィンスレット)の表情や服の色さえも違って見える。寂れた遊園地の射的場の上にあるアパート。客が興じる射的の音が常に響いてくる階上の部屋だ。その射的の音と1... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/08/02 12:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
女と男の観覧車 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる