マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー @東京国際フォーラム
画像
(C) Universal Pictures
製作年:2018年
英題:MAMMA MIA! HERE WE GO AGAIN
製作国:アメリカ
上映時間:1時間54分
配給:東宝東和


監督・脚本・原案オル・パーカー

ソフィ☆アマンダ・セイフライド
サム☆ピアース・ブロスナン
ハリー☆コリン・ファース
ビル☆ステラン・スカルスガルド
ターニャ☆クリスティーン・バランスキー
ロージー☆ジュリー・ウォルターズ
スカイ☆ドミニク・クーパー
若きドナ☆リリー・ジェームズ
若きロージー☆アレクサ・デイヴィーズ
若きビル☆ジョシュ・ディラン
若きサム☆ジェレミー・アーヴァイン
若きハリー☆ヒュー・スキナー
若きターニャ☆ジェシカ・キーナン・ウィン
セニョール・シエンフエゴス☆アンディ・ガルシア
ルビー☆シェール
ドナ☆メリル・ストリープ

【あらすじ】

ギリシャのカロカイリ島で母のドナ(メリル・ストリープ)との夢だったホテルを完成させたソフィ(アマンダ・セイフライド)は、オープニングパーティーの準備に奔走していた。一方ニューヨークでホテル経営を学ぶ夫のスカイ(ドミニク・クーパー)に就職話が持ち上がり、母との夢にこだわるソフィとスカイがぎくしゃくしているとき、ソフィが妊娠していることがわかる。

【感想】
前作 “マンマ・ミーア!” から11年。
待望の続編である。
くれぐれも “マンマ・ミーア!” 未見で観に行ったりしないように(笑)

実世界では11年経ったけど、映画の中では5年しか経っていない。
その割に老けたキャストもいるしドナは死んでしまっている。
ストーリーは2本立て。
実世界ではソフィがホテルのオープニングパーティーの準備に奔走。
もうひとつは若きドナの青春ストーリー。
3人のポシブルダディが生まれるまでの話を描く。
2つのストーリーが交互に描かれるがそれぞれは時間の進行に従っているのでわかりやすい。

映画の冒頭で若きドナが大学を卒業する。
卒業式で卒業生総代としてドナは挨拶の檀上に立つ。
やおらマントを脱ぎ捨てて歌い出す。
ターニャ、ロージーも加わりダイナモスの衣装となる。
歌は “When I Kissed The Teacher” 。
あげくの果てに学長まで歌に加わって大騒ぎとなる。

日本人にはついていけないノリ(笑)

この冒頭の場面に違和感持つ人は、この映画向きでない。
残念ながら対象外。さようなら。

基本的に全編そんな調子なのである。

「楽しい」と思うより「何で?」と思う人の方が日本では多そう。

終映後のイベントで、Little Glee Monster が “Dancing Queen” を熱唱。
ダンサーもたくさん出て来て盛り上げた。
その時の観客のノリの悪さといったら世界最悪級(笑)

こんな映画でも観て、世界の人たちの人生の楽しみ方勉強する必要がある。
少なくとも他国の人たちは映画鑑賞中にスマホ観たりはしない。
というのも、ビルがスウェーデンを抜け出すシーンのところで隣のバカ女がスマホ光らせるものだから集中を欠いてその場面の進行がよくわからなくなってしまったからこんなこと書いてる。
日本人はメリハリのつけかたが異様にへたくそ。
遊ぶときくらいしっかり遊ぶ。
映画観る前に
そんなことからスタートしないとダメだと強く思う。

そんな御託はともかくさておき、最後にメリル・ストリープはともかくシェールが出てくる。
シェールは御年72歳。
45年前の “Half Breed” なんか知っている若者はいないだろう。
とにかくばけものみたいなすごい人です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年08月29日 07:06
5年後でしたっけ。何年たったんだろうなと思ってました。
ABBA好き、ミュージカル好きなので、サイコーです!
まっつぁんこ
2018年08月29日 07:22
ボーさん
そのわりに☆4つじゃないですか!
満点に修正ねがいます(笑)

この記事へのトラックバック