あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 判決、ふたつの希望

<<   作成日時 : 2018/08/24 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 8

判決、ふたつの希望@ユーロライブ
画像

(C) 2017 TESSALIT PRODUCTIONS - ROUGE INTERNATIONAL - EZEKIEL FILMS - SCOPE PICTURES - DOURI FILMS PHOTO (C) TESSALIT PRODUCTIONS - ROUGE INTERNATIONAL
製作年:2017年
英題:THE INSULT
製作国:レバノン/フランス
日本公開:8月31日
上映時間:1時間54分
配給:ロングライド

監督・脚本ジアド・ドゥエイリ

キャスト
トニー・ハンナ☆アデル・カラム
シリーン・ハンナ☆リタ・ハーエク
ヤーセル・サラーメ☆カメル・エル・バシャ
マナール・サラーメ☆クリスティーン・シュウェイリー
ワジュディー・ワハビー☆カミール・サラーメ
ナディーン・ワハビー☆ディヤマン・アブー・アッブード
タラール所長☆タラール・アル=ジュルディー
シャヒーン判事☆カルロス・シャヒーン
コレット・マンスール判事☆ジュリア・カッサール
サミール・ジャアジャア☆リファアト・トルビー

【あらすじ】
レバノンの首都ベイルート。パレスチナ人のヤーセル・サラーメ(カメル・エル・バシャ)とキリスト教徒のレバノン人トニー・ハンナ(アデル・カラム)が、アパートの水漏れをめぐって口論を始める。さらに、ある侮辱的な言動が裁判に発展。これをメディアが大々的に報じたことから政治問題となり、さらには国中を揺るがす騒乱が巻き起こる。

【感想】
平和ぼけした日本では理解が難しい。

些細なことで口論が始まり “INSULT” に激高したヤーセルはトニーをなぐってしまう。
トニーは謝罪を要求するがヤーセルは拒否。
いつの間にか国中をまきこむ大問題となる。

トニーはパレスチ人による虐殺事件を経験。
パレスチナ人に対する根強い恨みを抱いている。
そんな背景から “INSULT” が発せられるのである。

上記のようにまとめてさらっと書いたがわかりにくい。
映画みたあと色々調べてそうだったのかとあとでようやく少しわかった。

我々からみるとレバノン人だパレスチナ人だと言われても区別できない。
同じ人種にみえる。
彼らからみれば日本人も中国人の韓国人も区別できないのと同じ。

さらに、宗教的な背景も虐殺の歴史もよくわからない。
なんでこんな騒動に発展するのかさっぱりわからないというのが正直なところ。

映画の中のヤーセルもトニーも好人物。
個人でみれば好人物で仲良くもなれる。
それなのに、過去の民族争いの後遺症が残っているだけ。

副題に“ふたつの希望”とついているが何がふたつの希望なのかわからなかった。
たしかにヤーセルとトニーの和解の兆しはみられた。
が、もう一つは何?
映画のテーマは、大問題をうむ 「インサルト」 がなぜ生まれたか。
「判決」なんかどうでもいいのである。
余計な副題はつけず 「ザ・インサルト」 とすればいいじゃないか。
映画の中で描かれたことも含め、人間はバカなことばかり行ってしまう生き物である(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『判決、ふたつの希望』 2018年7月12日 ユーロライブ
『判決、ふたつの希望』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2018/08/24 14:08
判決、ふたつの希望
レバノンの首都ベイルート。 住宅街で違法建築の補修作業を行っていたパレスチナ難民の現場監督ヤーセル・サラーメと、補修工事をされたキリスト教系政党の熱心な信者であるレバノン人男性トニー・ハンナの間でトラブルが発生。 ちょっとした口論は暴力沙汰から裁判となり、やがて国を2分する騒乱へと発展してゆく…。 法廷ドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2018/08/25 18:10
「判決、ふたつの希望」☆今年のベスト入り決定!
傑作!! これはもう観終わった途端、私の中で『今年の映画ベスト5』入り決定となったのだった。 いやあ、台風の中びしょ濡れでも観に行って良かった〜〜♪ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2018/08/26 09:34
「判決、ふたつの希望」
レバノン、パレスチナ、イスラエル、エジプト、シリア…シナイ半島近辺を巡る歴史は複雑である。だから、そんな歴史もちょっと聞きかじった程度でそれも偏った見聞であったりすると…というか、偏っているのかどうかさえ判断できない状況だとすると…とても実感として感じることはできない。本作は、「 キリスト教徒であるレバノン人男性とパレスチナ難民の男性」との「口論が裁判沙汰となり」、と作品解説などに触れると書いてあるのだが ( 「」内は映画 .com より引用 ) 、レバノン人とパレスチナ難民の関係性って…?など... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/08/31 12:48
判決、ふたつの希望
 レバノン&フランス  ドラマ  監督:ジアド・ドゥエイリ  出演:アデル・カラ ...続きを見る
風情?の不安多事な冒険 Part.5
2018/09/02 13:09
判決、ふたつの希望・・・・・評価額1700円
なぜ「謝罪」を求めるのか。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2018/09/12 22:21
「判決、ふたつの希望」
単一民族の国にいて良かったよ。 ...続きを見る
或る日の出来事
2018/09/29 20:04
判決、ふたつの希望
キリスト教徒であるレバノン人男性とパレスチナ難民の男性との口論が裁判沙汰となり、やがて全国的な事件へと発展していく様子を描き、第90回アカデミー賞でレバノン映画として初めて外国語映画賞にノミネートされたドラマ。主演のカエル・エル・バシャが第74回ベネチア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞するなど、国際的に高い評価を獲得した。クエンティン・タランティーノ監督作品でアシスタントカメラマンなどを務めた経歴を持ち、これが長編4作目となるレバノン出身のジアド・ドゥエイリ監督が、自身の体験に基づいて描いている。... ...続きを見る
映画に夢中
2018/11/04 00:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ふたつの希望の意味はわかりませんね、、、
yutarou
2018/08/24 14:12
yutarouさん
やっぱりわからないよね(笑)
まっつぁんこ
2018/08/25 10:26
まっつぁんこさん☆
邦題は本当に今一つですね〜パッと見てそそられないのも大きなマイナスです。
ふたつの希望は、レバノン人・パレスチナ人にとってこの小さな和解が、いつか平和をもたらす礎になるということで、二つの民族にとって希望になるという意味かな?と思いました。
ノルウェーまだ〜む
2018/08/26 09:43
ノルウェーまだ〜むさん
私は何の予備知識もなく観て、他の人の意見とか全く見ずに好き勝手なこと書いています。(いつもですが(笑))
まだ〜むさんの記事や皆さんのコメント読んで、オレも割と普通の感想もってるじゃん(笑)と感心しました。
やはり余計なこと考えず INSULT で良かったと思います。
まっつぁんこ
2018/08/26 17:37
トニーの希望とヤーセルの希望。
あるいは個人の希望と社会の希望。
レバノンの希望とパレスチナの希望。
いろいろと取れると思います。
ノラネコ
2018/09/12 22:22
ふたつの鬼謀だったら怖いです。
ボー
URL
2018/09/30 10:56
ノラネコさん
副題の前が「判決」なので、それによってどういう希望が産み出されるのかと考えました。しっくりする答がみつかりません。やっぱりあまり良い題名とは思えません(^^)/
まっつぁんこ
2018/10/01 12:35
ボーさん
わたしも怖いです(^^)/
まっつぁんこ
2018/10/01 12:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
判決、ふたつの希望 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる