あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS クワイエット・プレイス

<<   作成日時 : 2018/09/27 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 6

クワイエット・プレイス@マルチシアター
画像

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
製作年:2018年
英題:A QUIET PLACE
製作国:アメリカ
日本公開:9月28日
上映時間:1時間30分
配給:東和ピクチャーズ

監督・脚本・製作総指揮ジョン・クラシンスキー

キャスト
エヴリン・アボット☆エミリー・ブラント
リー・アボット☆ジョン・クラシンスキー
リーガン・アボット☆ミリセント・シモンズ
マーカス・アボット☆ノア・ジュープ
ボー・アボット☆ケイド・ウッドワード
森の男☆レオン・ラッサム

【あらすじ】
音に反応して襲撃してくる何かによって、人類は滅亡の危機にさらされていた。リー(ジョン・クラシンスキー)とエヴリン(エミリー・ブラント)の夫婦は、聴覚障害の娘ら3人の子供と決して音を立てないというルールを固く守ることで生き延びていた。手話を用い、裸足で歩くなどして、静寂を保ちながら暮らしていたが、エヴリンの胎内には新しい命が宿っていた。

【感想】

“音を立てたら、即死。”というキャッチコピーはよく出来ている。

映画が始まると、アボット一家は裸足で歩きなるべく音をたてないようにはしているが、音は立てている。
看板に偽りあり!とまず最初に思った。
少しでも音をたてたら、その場でなんらかの力で即死してしまうと誤誘導されている。
他にも風の音や滝の音も普通に存在している。

「出てくる詐欺だ!」というような評も見ていたので、最後まで音で怖がらせて終りなのか?と思った。
と、すぐにそれが間違いであることがわかる。

ネタバレは固く禁じられているので、これ以上は語れない。
とにかくネタバレ踏まずに観ることをおすすめする。
なんだこれとびっくりすること請け合いである(笑)

ワンダー・ストラックのミリセント・シモンズが良い。
また、ジョン・クラシンスキー監督自身がいいところさらっていくのも見どころです。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クワイエット・プレイス
音に反応し人間を襲う“何か”によって荒廃した世界で、生き残った1組の家族がいた。 手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす夫リーと妻エヴリン、そして子供たち。 その“何か”は呼吸の音さえ逃さず、誰かが一瞬でも音を立てると、即死となる。 しかし、エヴリンは出産を控えていた…。 サバイバル・ホラー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/09/29 12:54
劇場鑑賞「クワイエット・プレイス」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201809280001/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2018/09/29 16:07
クワイエット・プレイス
「ボーダーライン」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントが主演、ブラントの夫でもある俳優のジョン・クラシンスキーが監督・脚本を手がけ、全米でスマッシュヒットを記録したサスペンスホラー。あらすじ:ブラントが主人公となる一家の母親エヴリンに扮し、エヴリンを支える夫のリーをクラシンスキーが自ら演じ、夫婦共演も果たした。聴覚障害を持つ娘役は、自身も同じ障害を持つ「ワンダーストラック」のミリセント・シモンズ。音に反応して人間を襲う「何か」によって人類が滅亡の危機に瀕した世界で、「決して音... ...続きを見る
映画に夢中
2018/09/29 19:47
クワイエット・プレイス・・・・・評価額1650円
誰も声を出してはならない。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2018/09/29 21:30
クワイエット・プレイス
 アメリカ  ホラー  監督:ジョン・クラシンスキー  出演:エミリー・ブラント ...続きを見る
風情?の不安多事な冒険 Part.5
2018/09/29 22:26
『散り椿』『夏目友人帳 うつせみに結ぶ』『クワイエット・プレイス』『太陽の塔』
同日鑑賞をまとめてレビュー。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
2018/10/08 23:27
「クワイエット・プレイス」☆愛は勝つ?
暗いのが怖いというホラーの常識を覆して、音がしてしまう恐怖と戦うという新ジャンル。 初めはいかにもB級ホラーなかんじで全く観るつもりなかったのだけど、意外に良い評判も聞こえてきたので久しぶりの映画はこれに決定。 なるほど!怖いだけじゃない、家族の愛がそこにあった。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2018/10/15 23:28
『クワイエット・プレイス』 機内上映で観てはいけない
 【ネタバレ注意】 ...続きを見る
映画のブログ
2018/10/16 12:17
「クワイエット・プレイス」
期待してなかったら、楽しめた。 ...続きを見る
或る日の出来事
2018/10/30 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「あたたたたたたたたた」
「ふん、全然効いてないぜ」
「あべし」「たわば」「ひでぶ」
「北斗百裂け…」
ぶしゅ

そして誰もいなくなったる
ふじき78
2018/10/08 23:20
ふじき78さん
世界観は似てるかも(^^)/
まっつぁんこ
2018/10/09 11:47
音を立てたら...ってどこまでがその即死の音なんでしょう。
かなりツッコミどころが多い作品でした 笑
yukarin
URL
2018/10/11 11:28
yukarinさん
なんと言っても一番はあの

でしょう
まっつぁんこ
2018/10/14 17:33
まっつぁんこさん☆
裸足で歩いてたら「痛たたたた…」ってなりますよね。逆に声出そう…
そもそも電気が通っているのが不思議でした。
ノルウェーまだ〜む
2018/10/15 23:43
ノルウェーまだ〜むさん
不思議なことはたくさんありました。
電気や銃があるなら軍隊もあるはずであんなものやすやすと退治できそうなもの。などと言うことは考えてはいけません(笑)
まっつぁんこ
2018/10/25 10:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クワイエット・プレイス  あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる