あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS アリー/スター誕生

<<   作成日時 : 2018/10/26 12:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 16 / コメント 2

アリー/スター誕生@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
東京国際映画祭のオープニング上映で鑑賞。
ゲストに振られ代わりにきたのはLilico。
関係者や報道陣が少なくて良かった。
主演男優や女優が来ている時でも、こんなもので十分だと思う。
画像

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
英題:A STAR IS BORN
製作年:2018年
製作国:アメリカ
日本公開:2018年12月21日公開
上映時間:2時間16分
配給:ワーナー・ブラザース映画

監督・製作☆ブラッドリー・クーパー

キャスト
アリー☆レディー・ガガ
ジャック☆ブラッドリー・クーパー
ボビー☆サム・エリオット
ロレンツォ☆アンドリュー・ダイス・クレイ
レス・ガブロン☆ラフィ・ガブロン
ラモン☆アンソニー・ラモス
ジョージ“ヌードル”ストーン☆デイブ・チャペル
アレックス・ボールドウィン

【あらすじ】
コンサートの興奮を納めるためジャックはとあるバーに立ち寄る。そこでジャックはアリーのパフォーマンスをみて一目で才能を見抜く。ジャックのサポートでスターダムに上り詰めるアリー。一方アル中が悪化したジャックのキャリアは下降線をたどる・・・

【感想】
ガガ様は大好きだ。
アルバムは全部所持しているし、Born This Way Ball も行った。
とにかくガガはすごい。
ライブに行ってみればすぐに実感できる。
園子温監督が著書「獣でなぜ悪い」で、作詞・作曲・演奏・歌唱してセルフプロデュースもするガガは日本のアイドルなんかとは比べ物にならないと書いていたがその通りだ。
ふだんから、レディー・ガガを演じている本名:ステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタの演技力が高いのはあたりまえ。
本作では、レディー・ガガの魅力のすべて(?)があますところなく披露されている。(言葉のあや)

ストーリーは王道をいく。
バーでジャックはアリーをみつけ、ひとめでその才能を見抜くと同時に惚れこんでしまう。
ジャックの強力なサポートで一気にその才能を花開かせるアリー。
実際にこういうことはあるんじゃないかと思う。
途中で有能なマネージャーに転換してアリーは順風満帆。
一方のジャックはアルコール中毒が高じてキャリアは下降線をたどる。

これは、“世界にひとつのプレイブック”を再現するのではないか?
すなわちレディー・ガガが主演女優賞を受賞してブラッドリー・クーパーはノミネートされるも落選(笑)
ガガの演技は、最初ののびのび歌っている姿からデビュー直後のちょっと自信の無さげなパフォーマンスをへて最高の歌唱へと見事な演じ分け。
シェールに続く、全米ナンバー1アーティストのオスカー受賞に期待したい。

もちろん一番のみどころ聴きどころはガガの歌。
出会いのバーでの“ラ・ビアン・ローズ”は圧巻のでき。
全米で大ヒットの“Shallow”もいいが俺が一番ぐっときたのは“I’ll Never Love Again”。
一連のジャックとアリーの姿を思い出しながら聞くと歌詞もどんぴしゃで号泣必至。
ストーリーのネタバレは踏まずにぜひ音響の良い劇場で観て欲しいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『アリー スター誕生』 2018年10月25日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ
『アリー スター誕生』 を東京国際映画祭のオープニング上映で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2018/10/27 00:27
「アリー/スター誕生」@よみうりホール
 報知新聞さん主催の試写会。客入りはほぼ満席。 ...続きを見る
新・辛口映画館
2018/12/12 12:39
『アリー/ スター誕生』 : ドラマと音楽が見事に噛みあった秀作 @試写会
久しぶりの試写会です。 正月シーズンの映画『アリー/ スター誕生』。 前置きはさておき、映画。 ...続きを見る
キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビュー...
2018/12/12 22:46
アリー スター誕生
なかなか芽が出ず歌手になることを諦めかけていた女性アリーは、ある日、世界的シンガーの男性ジャクソンと出会う。 彼女の歌にほれ込んだジャクソンに導かれるように華々しいデビューを飾り、瞬く間にスターダムを駆け上るアリー。 愛し合い固い絆で結ばれる2人だったが、全盛期を過ぎたジャクソンの栄光は陰り始めていた…。 音楽ラブストーリー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/12/13 11:23
劇場鑑賞「アリー スター誕生」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201812210001/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2018/12/21 15:40
映画「アリー/ スター誕生(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『アリー/ スター誕生(日本語字幕版)』(公式)を公開初日の本日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら70点にします。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2018/12/21 16:15
アリー/スター誕生
何回か見たことがある物語なのだけど、切ないものであった。魂を込めて楽曲を作るようにアドバイスするのだから覚悟が必要だ。重厚な内容だから生半可では火傷する映画です。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2018/12/21 21:59
「アリー スター誕生」:クーパーのスローな芝居が残念   #アリー #スター誕生
映画『アリー スター誕生』は、この「正月映画」(というのもほとんど意味をなさなく ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/12/23 23:50
「アリー スター誕生」
2018年・ アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:A Star Is Born 監督:ブラッドリー・クーパー脚本:エリック・ロス、ウィル・フェッターズ、ブラッドリー・クーパー製作:ビル・ガ ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2018/12/24 21:35
『アリー/スター誕生』('18初鑑賞80・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 12月21日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン3にて 12:00の回を鑑賞。 2D:字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/12/26 14:40
ショートレビュー「アリー/ スター誕生・・・・・評価額1700円」
人生を永遠に変える、歌がある。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2018/12/28 23:19
アリー/ スター誕生
歌の才能を見いだされた主人公がスターダムを駆け上がっていく姿を描き、1937年の「スタア誕生」を皮切りに、これまでも何度か映画化されてきた物語を、新たにブラッドリー・クーパー監督&レディー・ガガ主演で描く。もともとはクリント・イーストウッドが映画化する予定で進められていた企画で、「アメリカン・スナイパー」でイーストウッドとタッグを組んだクーパーが初監督作としてメガホンをとり、ジャクソン役でガガとともに主演も果たした。あらすじ:音楽業界でスターになることを夢見ながらも、自分に自信がなく、周囲からは... ...続きを見る
映画に夢中
2018/12/29 21:53
映画「アリー/スター誕生」
映画「アリー/スター誕生」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2019/01/07 23:16
『アリー スター誕生』トーホーシネマズ新宿7
▲画像は後から。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
2019/01/09 21:39
「アリー/スター誕生」
レディー・ガガの歌はもちろん堪能できるが、彼女の演技とクーパーの歌も意外にイケた。 ...続きを見る
或る日の出来事
2019/01/30 23:38
「アリー スター誕生」☆栄光の影にあるもの
スタ誕ものに昔からそそられず、話題だったけど年末は音楽系映画は「ボヘミアン・ラプソディ」で満足しすぎたため普通にスルーしていた作品。 長患いから解放されて、おや?アカデミー賞候補作品は今まで必ず観ていたのに、これはまだ未見だったー!! ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2019/02/23 18:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まっつぁんこさん☆
絶賛の「アリー〜」を今更ながら観てきました!!
ガガ様さすがです。
ブラッドリー・クーパーの歌が意外にも巧かったのと、ベタでも飽きさせないお話は良かったデス。
どちらかというとジャックの苦悩と葛藤の物語でそこが好きでした。
ノルウェーまだ〜む
2019/02/23 18:19
ノルウェーまだ〜むさん
アカデミー賞は“Shallow”主題歌賞だけでしたね。
主演女優はオリヴィア・コールマンでしたが、それならガガでも良かったと思います。今年も変な選考でした(笑)
まっつぁんこ
2019/02/27 09:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アリー/スター誕生 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる