あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS

<<   作成日時 : 2018/10/29 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

銃@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
画像

Paul Morigi / gettyimages (C) 2018 Midwestern Films LLC 2018
英題:FAHRENHEIT 11/9
製作年:2018年
製作国:日本
日本公開:2018年11月17日公開
上映時間:1時間37分
配給・製作:KATSU-do
配給:太秦

監督・脚本☆武正晴
原作☆中村文則

キャスト
西川トオル☆村上虹郎
ヨシカワユウコ☆広瀬アリス
トースト女☆日南響子
隣の母☆新垣里沙
ケイスケ☆岡山天音
警官☆後藤淳平
ヤマネ☆中村有志
トオルの実父☆日向丈
トオルの実母☆片山萌美
萩原啓一郎☆寺十吾
駅前のウエイトレス☆サヘル・ローズ
テレビキャスター☆山中秀樹
刑事☆リリー・フランキー

【あらすじ】
大学生の西川トオル(村上虹郎)は、河原で偶然銃を手に入れる。ひそかに銃を持ち歩くと、緊張とスリルで心が満たされた。彼は同じ大学のヨシカワユウコ(広瀬アリス)に興味があったが、どんどん銃の魅力に取りつかれていく。ある日、刑事(リリー・フランキー)が突然訪ねてくる。

【感想】
今年の東京国際映画祭4本目。(自分で確保した分では2本目)
4本のうち3本目のモノクロ映画。
モノクロの意味づけが一番明確だった。

終映後に奥山プロデューサーと武監督によるQ&Aがあった。
最初に親子共演について聞かれて奥山さんが答えた。
O(奥山)ギリギリまで別の大俳優をキャスティングしていたがギャラがとんでもなく高かった。予算がないので半分あわてながらオヤジを洒落で候補にした。虹郎がOKするかわからなかったが聞いてみた。本人がオヤジOKならOKとあっさり決まった。
映画化に当っての経緯について。
O映画化を申し入れたら中村文則さん本人が出てきた。普通は出版社の人とか他の人が出てくる。聞くとどこかの会社が映画化権を持っていて綾野剛で映画化することになっていると言われた。その時は『火Hee』を桃井かおりとやっている時で、それならキャンセル待ちしますということになった。武さんも何本か案件がある状態。そのうち綾野剛では年が厳しくなって流れ、武さんの案件もボツになって出来ることになった。3年前の東京国際映画祭で「さよなら」を出品してレッドカーペット歩いていたら「奥山さんでは?」と声をかけてくる奴がいた。ためぐちきいてきた。それが村上虹郎。トオルはこいつしかいないと思った。というわけで東京国際映画祭のおかげで出来た映画です。

Q1♂喫茶店のシーンで前の人の声がはいっているねらいは?
T(武)ふつうはああいう音はいれない。でも実際には「埋めたとか沈めた」とか聞こえてくるはずで聞こえないのは現実的でない。隣の声を含め虹郎のまわりの音は入れようときめた。アルトマンもやっていた手法。

Q2♀リリーさんキャスティングの理由

T(武)あの刑事役としてリリーさん以上の人はいない。虹郎に「銃持ってんだろ」と言う。この二人が喫茶店で向き合うシーンを作りたいと思った。警察手帳を見せろと言われて出した手帳を紐で引っ張るのは最高の演出だが、あれはリリーさんが勝手にやった。ホープを置いたままライターだけ取っていくのも同じ。
三人目の質問者は男性。

Q♂煙草を吸うシーンが多いが使い方は?

台本には、“喫茶店煙草吸って消す”とト書きされているだけ。原作の影響が大きい。原作は人間の内面をとらえている。依存がテーマとなっていて、昔だからそれが煙草。今ならスマホ。煙草をうまく使っている。

司会から白黒からカラーに変ることについて質問。

T小説を読んだ時、銃を撃って世界が変わるのを、モノクロからカラーで表現しようと考えた。言葉がないので人物にフォーカスが当たる。主人公からカメラ離れない。血が出てくる時カラーに変る。

O内面に入る時モノクロフィットする。アリスの顔もきれいにみえた。顔立ちはっきりしていると白黒で映える。

四人目の質問者も男性。
Q♂隣人殺せず関係ない人を殺してしまう心理は?

T心理というより事故。鉄砲持っていたことで起きる偶発的事故。あのシーンの前に捨てに行ったシーンがあるのは妄想か?どっちが本当?色がついてこちらが現実と教えている。鉄砲持たない方がいいんじゃない?スマホの方がいい。

五人目の質問者は女性。
Q♀虹郎の衣装について

T観る人の目が衣装にむくといいなと考えた。女性は赤をねらった。白黒であることと現場の色を考えてコーディネート。虹郎が攻撃的な時は白、自信がなくなると黒のイメージ。

司会から虹郎がポスター早く撮ってくれと要求があった話を振られて

Oどっぷり役になりきるのには限界がある。時間が経つと顔が変っちゃう。虹郎は銃というタナトスと一体化してトオルになりきっていた。

Tトオルのアパートは、住んでいない建物に電気入れて虹郎はそこに住んだ。そのくらいいれこんで役作りをしたので顔も変わってしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「銃」:ATGのようなモノクロ世界   #銃  #リリー・フランキー
映画『銃』は、昨日の『斬、』に次ぐ漢字一文字シリーズ? 前編ほぼモノクロのスタイ ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/12/03 23:43
「銃」
2018年・日本/KATSU-do=チーム・オクヤマ配給:KATSU-do、太秦 監督:武 正晴原作:中村文則脚本:武 正晴、宍戸英紀 企画・製作:奥山和由エグゼクティブプロデューサー:片岡秀介 芥川 ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2018/12/09 15:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
銃 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる