あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS ボヘミアン・ラプソディ

<<   作成日時 : 2018/10/31 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 8

ボヘミアン・ラプソディ@ユナイテッドシネマ豊洲
画像

(C) 2018 Twentieth Century Fox
英題:BOHEMIAN RHAPSODY
製作年:2018年
製作国:イギリス/アメリカ
日本公開:2018年11月9日公開
上映時間:2時間15分
配給:20世紀フォックス映画

監督☆ブライアン・シンガー

キャスト
フレディ・マーキュリー☆ラミ・マレック
メアリー・オースティン☆ルーシー・ボーイントン
ブライアン・メイ☆グウィリム・リー
ロジャー・テイラー☆ベン・ハーディ
ジョン・ディーコン☆ジョセフ・マッゼロ
ジョン・リード☆エイダン・ギレン
ポール・プレンター☆アレン・リーチ
ジム・ビーチ☆トム・ホランダー
レイ・フォスター☆マイク・マイヤーズ
ジム・ハットン☆アーロン・マカスカー

【あらすじ】
1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコン(ジョセフ・マッゼロ)も加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ。

【感想】
結論から言って最高でした!
何で最高かは観てもらえばわかります(^^)/
これがダメっていう人はよほどのへそまがりか、そもそも音楽やクイーンに全く興味のない人であろう。
私がクイーンを知ったのは1974年。
日本でも “Killer Queen”がヒットしたころです。
あまり好きではありませんでした。
それは好みの問題で、当時は(今も)ブラック系の音が好きで、この手の類は敬遠していたから。
その後も日本では大人気でしたがさほど興味なかった。
でも、レコードは“Bohemian Rhapsody”も “We Are The Champions”もシングルで買いました。
レコードは買ったけど愛聴盤というほどじゃない。
アルバムも初めて買ったのは“The Game”。
ジョン・ディーコンが作った “Crazy Little Thing Called Love”が軽快なノリの曲で気に入った。
というわけで、クイーンはリアルタイムで聞いて過ごした最後の世代くらいです。
クイーンは1974年からの10年弱が最盛期。
この映画ではデビュー前のフレディーが加わってクイーンがスタートするところから1985年のバンドエイドまでの10年ちょっとが描かれている。
当然ストーリーの中心はフレディー・マーキュリー。
他のメンバーのご乱交とかの話はありません。
もちろん彼がエイズで死んだのは皆が知っている話。
最初からゲイではなく、メアリー・オースティンさんと結婚していたのを初めて知りました。
もともとその気があったのか、周囲にいたお仲間の影響で目覚めてしまう。
メアリーとの男女の仲は終わるけど終生友人だったようです。
そんなリレーションシップはともかく、クイーンの音楽が好きな人ならたまらないトリビア多数。
フレディーがレコーディングに遅刻し、いらついたブライアン・メイが床をズンズンチャ ズンズンチャと鳴らして出来た曲のエピソード。
6分と長くてオンエアしてもらえないとシングルカットを反対されたのを突破するエピソード。
本当に興味のつきない映画でした。
そして白眉は当然バンドエイド。
音源はクイーンが実際に演奏したものを使ってるけど、ラミ・マレックが歌いルーシー・ボーイントンたちが演奏しているように違和感なくみせる技術。
本当に彼らが演奏しているのかと思いました。
メンバーはそれぞれ本物によく似ているのは勿論、特徴をとらえた演技で秀逸。
特にブライアン・メイは本人かと思うくらい似ていたと思います。
クイーンのファン以外も含む広く音楽ファンに観て欲しい映画でした。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ボヘミアン・ラプソディ
1970年、イギリス・ロンドン。 昼は空港で働き、夜はライブ・ハウスに入り浸っていた青年フレディは、ギタリストのブライアンとドラマーのロジャーのバンドの新しいヴォーカリストとなり、ベーシストのジョンを加え、ロックバンド「クイーン」として活動を始める。 数々のヒット曲が生まれ、彼らは世界的大スターとなるが…。 音楽ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2018/11/01 11:41
ボヘミアン・ラプソディ
伝説のバンド“クイーン”の栄光と知られざる苦闘の物語を、リード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの短くも壮絶な人生を軸に描き出した感動の音楽伝記映画。バンド・メンバー、ブライアン・メイとロジャー・テイラーの全面協力の下、バンドの誕生から、今なお語り継がれる“ライヴ・エイド”での奇跡の復活までが、全編を彩るクイーンの名曲の数々をバックに、自らのコンプレックスと格闘し続けたフレディ・マーキュリーの愛と孤独とともにドラマチックに描かれていく。主演はTV「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」のラミ... ...続きを見る
映画に夢中
2018/11/13 21:32
「ボヘミアン・ラプソディ」
フレディ、そして、クイーン! ...続きを見る
或る日の出来事
2018/11/18 21:23
ボヘミアン・ラプソディ・・・・・評価額1750円
魂の歌を聴け! ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2018/11/19 22:44
「ボヘミアン・ラプソディー」☆応援上映!!
クイーンファンの★ちゃ★の長引いた風邪が治るのをずっと待っていた。 やっと実現した応援上映!彼女がサイリウムを準備してくれて準備万端☆ 18時50分からだけあって、クイーンと共に青春を過ごしてきた年代のサラリーマンもたくさんで、当然のように満席だったのだけど…おや?意外とおとなしいよ?応援上映なのに… ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2018/11/28 22:14
映画「ボヘミアン・ラプソディ」
映画「ボヘミアン・ラプソディ」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2018/11/29 22:57
劇場鑑賞「ボヘミアン・ラプソディ」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201811090001/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2018/11/30 14:37
「ボヘミアン・ラプソディ」:圧巻のラスト21分   #ボヘミアン・ラプソディ
映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、大ヒット中のクイーンの伝記映画であり、むしろ演 ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/11/30 19:46
ボヘミアン・ラプソディ
【概略】 1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリーは、ボーカルが脱退したというブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコンも加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメン... ...続きを見る
いやいやえん
2018/12/01 16:30
「ボヘミアン・ラプソディ」
映画館で本作が上映される中、幼い子供のように頬を伝う涙を手のひらと手の甲の両方使って拭っている人がいたら、それは私である。そんなに泣くほどのことはないだろう、と、もう一人の客観的な私がつぶやき、事実泣くほどのことはないストーリーなのかもしれない。だが、クイーンは青春のバイブル。あんなこともこんなこともあった私に伴走してくれた。ジェネシスと共に私には宝石のようなバンドであった。クイーンは私にとって青春のバイブル。そしてそんな私は何と幸せな世代を生きたのだろう!もっとずっと年上の方達は、ビートルズが... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/12/06 11:14
『ボヘミアン・ラプソディ』('18初鑑賞74・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 11月9日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 12:00の回を鑑賞。2D:字幕版。 11月16日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:00の回を鑑賞。2D:字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/12/08 15:14
『ボヘミアン・ラプソディ』: 音楽の厚みほど、映画は厚くないような @ロードショウ・シネコン
久しぶりに新作映画をロードショウで鑑賞です。 もしかして、10月は劇場で新作を観ていない?? 今月はこの作品を皮切りに、何本か食指の動く作品が登場するので、この先も楽しみです。 映画は『ボヘミアン・ラプソディ』。 英国のスーパーバンド、クイーンのリードボーカル、フレディ・マーキュリーの物語です。 ...続きを見る
キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビュー...
2018/12/13 16:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
まっつぁんこさん☆
最高!だったのですね!?それは楽しみ〜〜
友達がクイーンのファンで映画に行こうと誘われてるので…
ちなみにそれほどファンでもない私でも楽しめそうですか??
へそ曲がりではありませんyo
ノルウェーまだ〜む
2018/11/05 00:18
ノルウェーまだ〜むさん
わたしもそれほどファンではありません。
(アリー スター誕生と)ボヘミアン・ラプソディは今年観た中では最上位にランクインしました(^^)/
ぜひご覧ください!
まっつぁんこ
2018/11/05 10:53
まっつぁんこさん☆
観てきましたよ〜〜やっと!しかも応援上映で。
意外に皆大人しくてちょっと肩すかしでしたが、映画は最高でした!
お父さんに彼氏を紹介しに行くところから、ライブの最後まで泣いてしまいました〜〜
ノルウェーまだ〜む
2018/11/28 22:18
ノルウェーまだ〜むさん
やはり音楽は人の感情を高めますね。
うまく使えば(笑)
アリーもぜひご覧ください。泣けます。
まっつぁんこ
2018/11/29 08:18
こんにちは、コメントありがとうございました。
ストーリー的には号泣、感動の嵐…ってほどではなかったのですが
最後のライブ・エイドのシーンがほんとライブ感で
ぞわあああっとなりました。
それに、途中で飽きさせないのが音楽でしたね。
なにがよかったって、感想記事書いてネットにアップして、そのあと。
なんだか仕事中もずーーーっとクイーンの曲が頭から離れない!この効果、凄いですよね(笑)
結局サントラじゃないけどクイーンのアルバム買ってしまいました。
maki
URL
2018/12/01 16:34
makiさん
わたしはサントラ買いました。
アリーのサントラもおすすめです(^^)/
まっつぁんこ
2018/12/03 08:16
こんにちは。
良い作品でした。
クイーンと共に青春を過ごしてきた世代にはたまりませんが、それ以外の世代にもクイーンの魅力をアピールしたのではないかと思います。
荒削りと言える位の強引な構成も、このパワーで全部許せます!
ここなつ
URL
2018/12/06 11:12
ここなつさん
本当にラミ・マレックが歌っているのかと思いました。
史実と違うとかつまらないいちゃもんは問題にならないパワーがありました。
まっつぁんこ
2018/12/12 13:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ボヘミアン・ラプソディ  あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる