今年のベスト1・・・映画編

証文の出し遅れだが・・・

年末にあたり今年も映画鑑賞の総括を試みることにした。

今年観た映画の本数は173本。
昨年は185本だったから観た回数は若干減少。

173本のうちダブリ鑑賞は1本。
昨年以前の公開作品鑑賞が17本。
昨年のうちに観てしまった今年の作品が5本。
来年公開の作品が7本。
未公開作が9本。
よって今年の新作で観たものは144本である。

あいかわらずアクセス数は伸びないが今年のベスト10は下記の通り。

【アクセス数ベスト10】
① オーシャンズ8
② ボヘミアン・ラプソディ
③ スリー・ビルボード
④ 検察側の罪人
⑤ キングスマン:ゴールデン・サークル
⑥ シェイプ・オブ・ウォーター
⑦ 15時17分、パリ行き
⑧ ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
⑨ デッドプール2
⑩ ちはやふる 結び
 
一昨年gooや楽天でトラックバックが廃止。
アクセス減に歯止めかからず。
例年邦画記事へのアクセスが多いのだが今年は様変わり。
ベスト10の8割が洋画となってしまった。

映画ブログのはずなのに最もアクセスを集めた記事は
今年もユーミンのライブレポートだった。

松任谷由実 TIME MACHINE TOUR@盛岡タカヤアリーナ  

映画記事と一桁違うアクセスがあった。

その次も映画の記事ではなく

平成29年度看寿賞

ツイッターでタイムラインに色々な方のベストが流れてきていた。
今年はやめておこうかと思ったが松の内にまとめておこう。

今年も、洋画邦画合体のベスト10

① アリー/スター誕生

東京国際映画祭のオープニングで鑑賞。
日本ではボヘミアン・ラプソディ大ヒットの陰に隠れたが作品としてはこっちが上。
レディ・ガガがちゃんと歌っている。
ボヘミアン・ラプソディは、ラミ・マレックが本当に歌っているのかと思った。
が、リップシンクにかわりはない。
よってふつうこちらが上とみるものだろう。

② ボヘミアン・ラプソディ

ストーリーが実際と違うとか言うがこれはフィクション。
史実をみたければドキュメンタリーを観ればいい。
うまい後説記事読んでなるほどと思ったが忘れた(笑)

③ ブリムストーン

正月早々の新宿武蔵野館で鑑賞。
まあ、こういう映画が好みだということ。
ダコタ・ファニングとガイ・ピアースがとても良い。
リズの幼少期ジョアンナを演じたエミリア・ジョーンズがぴったりだったのに驚いた。

④ レディ・プレイヤー1

内容はすっかり忘れたけど面白かった。
なんどでも楽しめそうな娯楽作。

⑤ オーシャンズ8

女性たちが大活躍する楽しい作品。
クソな男をけちらして爽快なでき。

以下コメントなし、リストアップのみ。

⑥ グレイテストショーマン

⑦ パッドマン 5億人の女性を救った男

⑧ マンマ・ミア ヒア・ウィ・ゴー!

⑨ ラ・チャナ

⑩ フジコ・ヘミングの時間

見直してほとんどが音楽映画になってしまった(^_-)-☆
好みだからしかたがない。

結局邦画はひとつも入らなかった。
結構観た気がするがベスト10に入れるほどのものはなかった。

色々な人(評論家)が褒めている映画もあるがたいていは身びいき。
金のかかった洋画に勝つのは並大抵のことじゃない。
どうせ同じ金を払うなら洋画の方がはずれが少ないと思う。

今年みた邦画で印象に残ったのは「リバース・エッジ」くらい。
残念ながらあまり話題にならなかったような気がする。
東宝(ほか)のお手軽映画ばかり持ち上げてどうするんだという感じ。
あともう一作だけあげるなら 「菊と刀」。

違う意見もたくさんあると思うけど
感覚の違いということで悪しからずご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yukarin
2019年01月08日 14:49
昨年より少ないとはいえ173本はすごいです!
確かに本人が歌ってるのが一番ですが...
やはり個人的にはボヘミアンラプソディーが盛り上がってしまいました。実際とはどう違うのか調べてたらすっかりクイーンにハマってしまいましたが💦
「 レディ・プレイヤー1」は私も内容を忘れましたが面白かった記憶はあります 笑
「パッドマン」は気になるのですが地元では上映がなかったのでDVDになったら観てみます。
今年もよろしくお願いいたします★
ボー
2019年01月13日 12:55
「アリー/スター誕生」は年末公開もあって、まだ見ず、昨年度のマイ・ベスト候補に入りませんでしたー!
ノルウェーまだ~む
2019年01月16日 12:49
まっつぁんこさん☆
映画記事縮小なさるなんて残念です…
なにより新作観賞数が凄いですね!?私なんて季節労働が年2回あって昨年なんて44本しか観れませんでした。
プリムストーンは未見です。気になります~~
まっつぁんこ
2019年01月16日 16:39
yukarinさん
今年は東京ドームのそばで会いましょう
まっつぁんこ
2019年01月16日 16:40
ボーさん
アリーは必見です!よろしく。
まっつぁんこ
2019年01月16日 16:43
ノルウェーまだ~むさん
いちおう私はまだ通年労働です
4月以降どうするかまだ迷っています。
映画記事は書いてもアクセスがないので見たものの三分の一も書かなくなってしまいました。記事がなければさらにアクセスは減るという悪循環ですね(^_-)-☆
aq99
2019年02月11日 20:26
また2年ぶりです。そんで、2年分のブロガーベスト10を、やっと発表できました。反映させていただきましたので、よろしく~。https://blog.goo.ne.jp/aq99

この記事へのトラックバック

  • 2018年マイベスト44(おまけで第14回シネマ停留所映画賞)

    Excerpt: 「ベスト10」だけでは、ものたりない! 全部に順位をつけましょう! という、毎年毎年毎年恒例のお遊び。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2019-01-13 12:53
  • 18年 劇場公開映画 個人的ベスト10

    Excerpt: 今年も例年の如く18年に劇場で観た作品の中から強く印象に残った10本と、期待した Weblog: 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 racked: 2019-01-15 16:53
  • 「2019年 新年明けましてと平成最後の映画ベスト」

    Excerpt: 皆さま、明けましておめでとうございます。 この一年ブログに来てくださった方、コメントをくださったり交流してくださった方々、本当にありがとうございました。 Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2019-01-16 12:47
  • 2018年 映画 ベスト10

    Excerpt: 2018年の映画鑑賞本数は147本でした。 年々鑑賞本数は減少してます。  2011年185本、2012年214本、2013年218本、2014年196本、  2015年169本、2016年155本、.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2019-01-16 22:23
  • 2018 Unforgettable Movies

    Excerpt: 2018年の映画を一言で表すと、洋邦ともに「大怪作」だと思う。 SNSとネット配信の普及は、映画会社が企画を立てお金を集め作品を作り、配給会社が宣伝し劇場で公開し、それから円盤なり配信で二次利用する.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2019-01-22 20:28