あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS サムライマラソン

<<   作成日時 : 2019/02/14 12:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 4

サムライマラソン@よみうりホール
画像

(C) ”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners
製作年:2019年
製作国:日本
日本公開:2019年2月22日
上映時間:1時間43分
配給:ギャガ

監督・脚本☆バーナード・ローズ

キャスト
唐沢甚内☆佐藤健
雪姫☆小松菜奈
辻村平九郎☆森山未來
上杉広之進☆染谷将太
植木義邦☆青木崇高
栗田又衛門☆竹中直人
筒井真理子
結衣☆門脇麦
ペリー☆ダニー・ヒューストン
五百鬼祐虎☆豊川悦司
板倉勝明☆長谷川博己
木幡竜
小関裕太
深水元基
カトウシンスケ
岩永ジョーイ
若林瑠海
阿部純子
奈緒
中川大志

【あらすじ】
長きにわたり鎖国をしてきた日本に、アメリカから海軍総督ペリー(ダニー・ヒューストン)が黒船でやって来る。彼と面談した幕府大老の五百鬼祐虎(豊川悦司)は、開国を迫られる。一方、安中藩主の板倉勝明(長谷川博己)はペリーが口にする和親条約というのは名ばかりで、アメリカの本当の狙いは日本への侵略だと疑っていた。

【感想】
今週の試写会はこれだけ。
佐藤健と森山未來と染谷将太のマラソン対決(笑)
そこに脱走した御姫様とリストラ老人が加わって大騒ぎ。
日本におけるマラソン発祥の実話だそうである。

上のあらすじには、マラソンのことは書いてない。
が何を思ったか、藩主板倉勝明は鍛錬のため50歳以下の藩士に遠足(とおあし)を命じる。
そして遠足で一番になった者の願いをかなえると約束。

森山未來は雪姫ゲットのため。
染谷将太は足軽から武士にとりたててもらうため。
小松菜奈は関所突破のため。
それぞれの思惑目的が交錯する。

さらにそこに、幕府から安中藩転覆とための刺客が送り込まれて大混乱。

コメディーかと思いきや、おもいもよらぬ残酷シーン。
また、主役の一端を担うのかと思われた人物の横死など。

破調の連続。

なんでこんなことになるのかと思ったら・・・
監督が外人さんだった(^^)/

彼の作品をチェックしたが、観たモノは一本もなし。
どんな人なのかわからないが、なぜこんな映画の監督をしているのだろう?
それが一番のミステリー。

とはいえ、ふつうの邦画とは一線を画す出来。
豪華キャストがそれぞれ持ち味を発揮。
尺も短めでとても良いと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サムライマラソン
幕末の1855年。 安中(現在の群馬県)藩主・板倉勝明は、外国との戦に備え藩士を鍛えようと、十五里(約58km)の道を走る遠足(とおあし)を開催する。 優勝すれば何でも望みが叶えられると聞き、侍たちは夢を抱いて出発した。 そんな時、幕府の隠密を代々務める家に生まれた安中藩士・唐沢甚内は、勝明暗殺の刺客が放たれたことに気づく…。 時代劇。 ≪行きはマラソン 帰りは戦(いくさ)≫ ...続きを見る
象のロケット
2019/02/16 10:31
劇場鑑賞「サムライマラソン」
レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201902240000/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2019/02/24 14:01
サムライマラソン
「超高速!参勤交代」の原作・脚本で知られる土橋章宏が、日本のマラソンの発祥と言われる史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を題材に執筆した小説「幕末まらそん侍」を、主演の佐藤健をはじめ日本を代表する豪華キャストの共演で映画化。「ラストエンペラー」のジェレミー・トーマスと「おくりびと」の中沢敏明が企画・プロデュースを手がけ、監督を「キャンディマン」「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」のバーナード・ローズ、音楽を「めぐりあう時間たち」のフィリップ・グラス、衣装デザインを「乱」のワダエミが担当する... ...続きを見る
映画に夢中
2019/03/05 19:35
「サムライマラソン」
なーんだ、結構面白いじゃん。巷の評価がイマイチどころかイマニ・イマサン位だったので、正直ビクビクしていた。TOHOシネマズアプリの評価なんか星2つだもの。これは地雷なのだろうか…?と思いつつ、でもだって佐藤健が出てるからね〜。「ダメ男」ではないのに好きな数少ない男優だ。佐藤健が剣を操るのは「るろうに剣心」以来大好物である。眼福、それのみを求めて劇場に足を運んだのである。そうしたら意外とこれが面白かったのだ。皆さん何故にコレの評価が今ひとつなの?そりゃ雪姫(小松菜奈)の行動は終始理解に苦しむし、も... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2019/03/09 13:07
『きばいやんせ!私』『九月の恋と出会うまで』『劇場版シティーハンター』『サムライマラソン』『ドラえも...
摘まんで5本トーホーシネマズをまとめてレビュー。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
2019/03/24 12:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まっつぁんこさん☆
外人さんが監督なのですね!?それで視点が面白いのかもしれないですね。
しかしそれは邦画なのかな?洋画なのかな?
気になっていた作品です。
ノルウェーまだ〜む
2019/02/15 00:00
ノルウェーまだ〜むさん
邦画と判定しました(^^)/
外人監督の感覚は日本人とは少し違う感じ。
どこが?
具体的に語るとネタバレになるのでひかえます。
ぜひご覧になってください。
まっつぁんこ
2019/02/15 08:33
監督は日本と関係ないが、プロデューサーが「13人の刺客」を扱った外人さんなんだそうです。日本人のとタッチが違うけど、ビックリするようなとんでもサムライはいなくて中々ちゃんと出来てたと思います。
ふじき78
2019/03/24 12:02
ふじき78さん
そういえば「13人の刺客」と似てたかも。
日本と関係ない監督をなぜ?という謎は残りますね(笑)
まっつぁんこ
2019/03/24 15:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
サムライマラソン あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる