ザ・プレイス 運命の交差点

ザ・プレイス 運命の交差点@日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール
画像

(C) 2017 Medusa Film SpA .
製作年:2017年
製作国:イタリア
英題:THE PLACE
日本公開:2019年4月5日
上映時間:1時間 41分
配給:ミモザフィルムズ

監督・脚本・原案☆パオロ・ジェノヴェーゼ

キャスト
謎の男☆ヴァレリオ・マスタンドレア
エットレ☆マルコ・ジャリーニ
修道女キアラ☆アルバ・ロルヴァケル
アッズッラ☆ヴィットリア・プッチーニ
オドアクレ☆ロッコ・パパレオ
アレックス☆シルヴィオ・ムッチーノ
マルティーナ☆シルヴィア・ダミーコ
ルイージ☆ヴィニーチョ・マルキオーニ
フルヴィオ☆アレッサンドロ・ボルギ
アンジェラ☆サブリナ・フェリッリ
マルチェラ婦人☆ジュリア・ラッツァリーニ

【あらすじ】
ザ・プレイスというカフェの奥にあるテーブルに座っている男は、自分が告げた行為をやり遂げた者たちの望む願いをかなえるという力を持っていた。彼を頼り、ザ・プレイスには多くの人が訪ねてくる。男は、神の存在を感じたいというシスターには妊娠することを、ガンの息子を救いたいという男には他人の少女を殺すことを、アルツハイマー病の夫を助けたいという妻には爆弾を仕掛けることを命じる。

【感想】
“謎の男”の前に入れ代わり立ち代わり現れる依頼者と謎の男の会話が全ての映画。
他にはザ・プレイスを外から映した場面がいくつか。
こんなの映画にする意味があるのか?と思ったらその通り。
アメリカのドラマ「The Booth ~欲望を喰う男」のリメイクだそうだ。
あまり映画館で観る必要はない感じ。
テレビやDVDで十分だろう。

こんな内容だと、一番知りたくなるのは“謎の男”の正体。
邦画なら正体を暴いて終りにせざるをえまい(笑)
ところがすっとこどっこい、これはヨーロッパ映画だ。
なんかよくわからないまま観終わることになる。
ぴあの初日満足度調査は70点で最下位を予想する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ザ・プレイス 運命の交差点

    Excerpt: イタリア・ローマ。 カフェ「ザ・プレイス」の奥まったテーブルに、一日中座っている中年男がいた。 彼の元には、入れ替わり立ち替わり相談者がやって来る。 男は話を分厚いノートに記録し、相談者たちに途方もな.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-04-05 02:24
  • ザ・プレイス 運命の交差点

    Excerpt: 「おとなの事情」のパオロ・ジェノベーゼ監督が、アメリカの大ヒットドラマ「The Booth 欲望を喰う男」をカフェに集う人々のワンシチュエーションドラマとしてリメイクしたイタリア映画。謎の男役を演じる.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2019-05-08 15:48